おめでとう、美しいひとよ

 こんばんは。

 このブログ、時間表示設定のオンオフがあったんだなってたった今気づいたみおです。

 こうなったら意地でもつかわない。あえて自分で時間帯を説明するという中途半端なアナログ路線でこれからも邁進します。※いらない宣言

 というわけで、現在10月22日の終わりを迎えつつあるところです。

 あと二分ほどで今日も 今日 がおわってしまう。今日は地元の大きな公園で開催されている陶器市に母と行ってきました。ふたりでお皿を選んだり、母のこさえてくれたおべんと食べたりしました。秋らしい曇り空の下。たまごやきとソーセージと、チーズのはさまったカンパーニュ。わたしと母のふたりだけの思い出になる日。そういう日が増えるたびに、愛しいようなさびしいような気持ちになるのはいつものことで、どうしたらこういう淋しさを抱えすぎずにいられるのかなと、日に何度も考えてしまう。やっかいなものです。

 あ、ちなみに私も母も元気です。笑

 健康すぎるほど健康。言い切れるからこそ思う。しあわせだ。

 

 今日もうっかり要らない前置きから入ってしまった。ブログ書くのいつも少し緊張するんですよ…だからたぶん無闇に冗長になってしまう。いつの間にやら日付も変わってた。すみません。

 さきほど、恋人期のお話をひとつ掲載しました。「ABCのうた」という、タイトルから何一つ察せない系のお話です。笑

 今月上旬より本オープンされました「茨城県産純情培養乙女誕生祭」という企画様に、ご縁あって参加させていただきました。このお話はそちらへの寄稿作品で、そして、当方のいわゆるSSというやつで初めてまさかの一万字超えちまったよ作品でもあります。笑

 ながい。いやでもこれ最初はもっともっと長かったんです。戦闘シーンとか後日談とか含めて二万はあったと思う。削って削って一万五千字まで落としました。いやさすがににまんは、読んでくださるかたも疲れちゃうかなって。気が向いたときに、さらっと楽しんでいただきたいので、短編のにじそーさくは基本的に「できるだけ短く」のスタンスで取り組んでいます。短すぎるのも物足りなさの観点からしてどうかなと思いはするけど。

 活字平気だよってお方は、まあ平気だと思うのですが、字に慣れていらっしゃらないかたに二万は結構重いかなって。というわけで、字数的にはそれほど優しくないお話です。申し訳ない。

 「茨城おとめまつり」との略称をお持ちのこの企画様は、郁さんのお誕生日をお祝いする作品、というテーマを掲げておられます。作品末部にてこちらのサイトのリンクを貼ってくださっているので、もしかしてもしかすると、あちらからいらっしゃったお方もこれを読んでくださっているのではと、今更はたと気づきました。こんな辺鄙なところまでお越しいただきましてありがとうございますと、いるかもわからないどなたかにとりあえずお声かけしておく。

 いつものお話の三倍近く長くなってしまった作品ですが、その分愛情は込められるだけ込めたつもりでおります。お時間のあるときに、のんびり覗いていただけたらありがたいです。よろしくお願いします。

 

 

 

2016.10.04

☺︎おめでとう ありがとう おめでとう☺︎

 

 

 

あぶらかよ

 こんばんは。現在十九時前の涼風の中におります、みおです。

 家の向かいに草むらがあって、鈴虫の声がりんりん楽しい夜です。朝晩は特に、すっかり秋めいてきましたね。みなさま体調等崩されませんようご自愛ください。わたしはすこぶる元気です。

 

 更新のご案内です。R18作品です。未成年のかた、ごめんなさい。近々また別のお話を載せる機会があると思うので、許していただければと思います。

 本日更新した「リセット」というタイトルのお話、なんか私どうしても「リセッタ」に見えてしまって油かよ! ってさっきから自分でツっこんでいます。わあどうでもいいはなし。

 一旦リセットして当時の感覚で、というなんとも伝わりにくいお話です。笑 久しぶりに年齢制限のお話を書いた割にはそこまでがっつりした内容でもないです。ただ教官が普段以上に変態です。ごめん堂上。

 個人的になんとなく、そうしようとしているのかいないのか自覚もないんですが、雄々しい文章のときには改行を少なくしようとする傾向があります(読みづらいですよね、すみません)。で、今回は特に教官がわりと甘え気味なので、女々しさ全開で改行多めにしております。こだわりというほどでもなくて、ただなんとなくそうなってしまうだけなんですがね。しっかりしろ堂上。

 というわけで、教官がなんかお前キモいよ堂上、という雰囲気のお話です。笑っていただけたらもっけの幸い。よろしくお願いします。

 

 今月はぎっくり腰になったり(よくある)、とても簡単に作れるクッキー作りに瞬間風速的にハマったり(基本料理はそれほど好きじゃありません。笑)、あとは二泊三日で長野に行ったりしました! 長野、初めてお邪魔しましたがたのしかったです。これを読んでくださっているかたの中にも、いるのかなぁ。長野のかた。あるいは信州のかた。おじゃましました。笑

 遠いところにいても、好きな作品を介して、顔も知らないどなたかとお話しできるというのは、とてもありがたいことですね。最近切にそう感じます。

 私はプロフィールにもあるように、東北の端っこに暮らしております。ここでは頑張って標準語を書こうとしておりますが、実際のところは浜訛り全開です。とうほぐにー、あそびきてくんちぇー。いやここまでではないか。でもまあ訛ってます。笑

 そんな流れでなぜか思い出したのですが、もうすぐスパークですね! 私は今年も参加できなくて今とてもさびしい気持ちでいっぱいなのですが、行かれるかたはぜひぜひ道中お気をつけて! たのしい思い出がたくさんできますよう、お祈りしておりますね。

 

 

 

思っているだけ

 くがつですね。みなさま夏をいかがお過ごしでしょうか。みおです。

 九月は大好きな月のひとつです。きらいな月がそもそもないんですけど、その中でも好き、という感覚です。たぶん季節の境目が好きなんだと思う。三月も六月も好き。移り変わる四季をいつも、憧れのような気持ちをもって感じています。最近、朝晩はとても涼やかになって、空気がさらりと乾いて、息がしやすいです。夏も秋も好きです。冬も春も。ひかりのいろがそれぞれにちがうから。

 

 最近はなんにも二次創作をしていなくて、人様のめぐんでくださるあれやこれを、文字通り拝みながら拝見しております。しあわせです。二次は基本ロム専なので、やはり見ているほうが好きなんだと思います。神様たくさんいる。ちじょうにおりたったかみがみ。

 そんな暮らしぶりだったのでこちらもすっかり放置してしまっていたのですが、先日お得意の青い鳥SNSにて、「ふぁぼきた数だけまったく作る予定のない同人誌のタイトルとあらすじを書く」というタグで遊ばせていただきました。ちょうど去年の今頃にも同じものをやらせていただいたのですが(ブログ参照)、予想以上に楽しかったのでまたいくつか書かせていただきました。

 で、今回は「私がやってみたかった」ってだけの理由で、ちょいちょい本文抜粋、みたいな遊びを付けたので、別頁作ってリンク貼る仕様にしました。笑 どんだけたのしんでるんだってツっこまれそうですね。基本的にいつでも自分が楽しみたくてやっています。すみません。笑

 というわけなので、内部リンクを貼らせていただきます。

 こちらから!

 どうぞ。1ページ目の終わりから次頁に飛べます。

 実際には全く書く予定のないものばかりです。パロディだのn番煎じだの盛りだくさんです。あえて明言しておりませんがバッドエンドもあります。ご注意ください。

 

 という感じで、私はだらだらのんきに夏を過ごしておりました。笑 あとはお祭り行ったり花火したり、おおなんか青春! みたいなこともしましたよ(年甲斐もない)。それと、セブンイレブンの温州みかんのかき氷にハマっていました。あれすごくおいしいです。まだ売ってるのかな。

 ポケゴもやっていましたが、容量重くなってきたのでそろそろあがりにしようかなと思っております。でもぴかちゅうにはあいたい。そして容量重たがってるわりにはあんスタ入れてしまったり。みんな顔がかわいい。fineが好きです。会長とお近づきになりたいです。笑

 としょせんは今月から、また少しずつ書きはじめようかなと思っております。更新の際にはまた、こちらからアナウンスさせていただければと思います。よろしくおねがいいたします。

 

 

 

冬から夏へとめぐる二人

 みなさん、こんにちは。みおです。

 現在、時刻は十四時を回ったところです。昼間にブログを書くのはずいぶん久しぶりだな、と思いつつ、編集ページを開いております。ブログだけでも、正確な時刻の表示される外部サイトさまにお世話になればいいのかもしれませんが、私はこの、自分で説明しないと時間もわからない不便さが、なぜだか逆に好きです。なんでもかんでもプログラミングに任せちゃうのがもったいないのかもしれません。日記を書いているときの時刻も空の色も、自分でいちいち説明する、この中途半端に不便な感覚が楽しいなと、とりあえず今は思っています。

 

 いつもいつも、前置きが妙に長くなってしまうのですが、今日はさくっと更新のお知らせに入ります。一大ニュースだからです。私にとってもみなさんにとっても、です。

 みなさま、大変です。

 トップの更新情報をご覧いただければ一目瞭然なのですが。現在ピクシブにてご活躍中のこなさんが。あの大人気書き手さまのお一人であるこなさんが。なんと私などのために。お話を。お話を。書いてくださったのです。

 ちょっと、あの、こちらをご覧いただいておりますみなさまの多くのかたも、ご存知かと思います。こなさんです。あのこなさんです。最初に「みおさんへお話を」とのDMをいただいたときには驚いてしばらく呼吸が止まりました。これは本当に本当の話で、ちょうど勤め先でお昼の休憩に入ったときだったのですが、うっかりおべんとばこ落としかけました。ついでにスープボトルも滑り落としかけました。目も当てられないほど動揺しました。それほどに突然のお話で、嬉しさよりも驚愕のほうが上回ったのでした。笑 今回掲載の許可をいただくことができましたので、こちらに置かせていただく運びとなりました。

 こなさんのお話はそれこそ、ピクシブに登録した頃から拝読しているのですが、もう。もう。たまらないですよね。こなさんのお書きになる教官と郁さん、二人とも、かっこいいんです。かっこいいのに可愛いんです。二人とも。大好きなお話がたくさんあって、これがオススメ!と簡単に言えないほどなのですが、なんていうんだろう、生きているんです。本当に二人や他のキャラクターが、そこにいて、生きていて、彼らの戸惑いや悩みを抱えながらも、日々をたのしんで、ちゃんと息をしている気がするのです。

 ああ!足りない!語彙が足りない!よんでくださいってしか言えない!ピクシブに登録されていないかたでも大丈夫ですよ、全年齢のお話であればログインせずとも拝読できますからね!!※謎のピクシブステマ

 そんな、お話に鼓動をもたらすまさに神のような書き手さまであるこなさんが、このちっぽけなヤギに贈ってくださったお話です。いつもそうなんですけど、こなさんのお話に出てくるごはんとかお菓子とか、いつも美味しそうで毎回おなかがへります。今回いただいたお話もね、正直、夜中にお読みになるのはおすすめできませんよ。就寝二時間前の拝読をおすすめしますよ。ほんとにドーナツ屋さんに駆け込みたくなりますからね!笑

 それで、僭越至極とはまさにこのことなのですが、そのすてきなすてきなこなさんのお話に、後日談のような形でお話を贈らせていただきました。私のほうは相変わらずのモヤっと花曇り感がぬぐいきれていなくてお恥ずかしい限りなのですが、せいいっぱいかきました。(真顔)よろしければ、ついでに眺めてやっていただければと思います。

 こなさん、ご覧になっているかどうかはわかりませんが、貼らせていただきましたー!DMでは言い忘れてたんですけど、ヤギはオールドファッションがいちばんすきですーー!ありがとうございますーーーー!!※関西目掛けて声高に

 

 今日は土曜日で、私はオフなんですが、お休みの日って本当にあっという間にすぎますね…大好きな漫画を読み返していたらすっかり午後になってしまっていました。笑

 夜から予定が入っているので、これからあわあわと用を片付けてきます。それでは、本日はこれにて!

 

 

 

夜の真ん中

 こんばんは。

 ただ今、時刻は間もなく夜中の一時を回ろうかという頃です。とても静かな夜です。今音楽を聴きながらこちらを打っているのですが、そういえば車の運転中以外に音楽を聴くのは久しぶりです。運転をしていると、左から入って右に流れ出ていくんです、音楽。やっぱり、お茶を飲みながらゆっくり向き合う音楽はいいなぁ。満たされ方が全然違う。

 それと、夜中にキーボードに触るのもだいぶ久しぶりです。冬の間、特に年始の頃は、この時間くらいから数時間文章を打っていたのですが、いかんせん体力がないものですぐに熱を出して寝込みました。笑 だけど本来、私は真夜中のほうが言葉を繰れる人間なので、この時間のほうがいいんだよなぁとも思います。基本夜型なんです。昼間は空が明るくて好きだけど、自分の中の彼らの心の移り変わりや心象風景と向き合うには眩しすぎるのです。真夜中、二時が、一日の中で一番好きです。言葉と向き合いやすい時間帯。いつさやの「依存症」はちょうど二時頃に書いたお話です。

 

 いつものことながら前置きが長い。更新報告に移ります。笑

 先月末に、「花と嵐」というお話を更新しました。各所にてご感想をくださったかた、どうもありがとうございます。

 青い鳥SNSで仲良くしていただいております、梅ユカリさまからのリクエストというかお題というか、とりあえず「苦手意識」というテーマをいただきまして書いたお話でした。花に嵐、という言葉は、そもそもは「花に風」という諺を元に、小説家・井伏鱒二氏が遺した言葉です。「花に嵐のたとえもあるさ さよならだけが人生だ」というフレーズを、耳にしたことのあるかたも少なくないのではないかと思います。意味は辞書を引いていただければすぐに出てきますが、平たく言うならば「いい場面で入りこむ邪魔のこと」、というニュアンスの言葉です。ちなみに「苦手意識」というこのお題に対して、堂上さん目線のお話を書くことも考えたのですが、時期がちょうど花の綺麗な季節だったので、郁さん目線のこちらのお話を贈らせていただきました。梅さん、リクエストどうもありがとうございました!

 それから、本日更新しました家庭教師パロディ「感傷と数式」の番外編のご報告です。「空の名前」というお話です。0.5、と番号付けされているのは、単に1より前のお話だから。高校生郁さんが、まだ堂上さんとそわそわしないでお話しできていた頃の一幕です。笑 こちらは本来、件の青い鳥SNSで時折やらせていただいている、千字くらいの小話の一つとして載せていたものです。せっかくなのでウェブにも貼っておこうかなと思って、加筆修正したものを更新しました。かてきょパロは基本的に、私の中のJK郁さん18歳と院生堂上22歳(途中から23歳)に対する萌えをただひたすら集めて煮詰めて昇華させたシリーズなので、読んでもらえるだけいいかな、という印象がどうしても拭えません。笑 少しでも楽しんで、そして同意していただけたら嬉しいです。その折には是非DMください。お待ちしております。笑

 いずれも、とても短いお話です。本来短いお話を書くのはそれほど得意ではないのですが、アイフォンで長文はやっぱりきつくて、なんとなく二千字前後で止まってしまいます。少しずつでも長いお話を書けたらいいなぁ。年内に群青終わらせることをひそかな目標としているので、地道に頑張りたいなと思います。笑

 

 ああ、夜中だ。こんな時間に起きていられるのは久しぶりで、嬉しくて眠りたくないのですが、日中は予定があるのでそろそろお布団に入ります。

 命の数だけ、などと大仰なことは言えませんが、こちらを読んでくださっているあなた様の、これから続く日々の夜が、その一夜一夜がどうか優しくありますように。

 では、おやすみなさい。

 

 

 

冬の京

こんばんは。みおです。
先日は簡単なご報告のみの日記になってしまいましたが、そんなわけでささやかながら日頃のご愛顧感謝企画でした。ご感想を寄せてくださったかたもいらっしゃって、とても嬉しいです。どうもありがとうございます。
先日わたわたしながらの日記になってしまったのは、翌日からちょっとした旅を控えていて、その準備が間に合っていなかったからでした。笑  というわけで、京都に行ってきました。学生の頃、部活の演奏会で舞鶴には行ったことがあったのですが、南部の観光は今回が初めてでした。京都、やっぱり素敵なところだなぁ。とてもたのしかったです。京都は、言葉がやわらかいですね。私の住んでいる場所は割と口調が強い土地なので、京都の方々がお話しているのを聞くのはなんというか、とても癒されました。笑  何より、ずっと行ってみたいと思っていた土地だったので、鴨川の流れを見た途端思わず「おおお京都ー!!」と叫んでいました。笑  ずっと以前に仲良くしていただいていたクラスタさんの数名が、京都の方々だったので、あああの神様たちはこの素敵な街に暮らしていたのだなぁと感慨を覚えました…
旅行、ものすごく好き、というわけではないのであまり行かないのですが、今年はもう何箇所か行けたらいいなぁと思っております。

さて、ここからはただの宣伝なのですが、最近某所にて、一次創作の掲載を始めました。ここにURLを貼るのは控えさせていただきますが、関心を持ってくださるかたがもしいらっしゃいましたら、DM等でお声かけいただければと思います。
不特定多数のかたにオリジナルを読んでいただく機会を初めて持ちました。のんびりたのしくやれたらいいなぁと思います。



きすのかくげん

 すっかり日差しは春めいてまいりましたね。みなさん、こんにちは。

 さきほど、企画としてのお話を更新しました。textsの「event」というところにあります。かの有名な格言をお借りしての企画です。たくさんの文章ではないのですが、少しでも楽しんでいただけたらうれしいなと思います。

 できればここで、今まさに沈みゆかんとする日の光を窓の外に眺めつつ、ゆっくり日記を書きたいのですが、ちょっと色々ありまして時間に余裕がなくなってきてしまったので(笑)、惜しいのですが後日また来ます。みなさまどうぞ、素敵な土曜の夜をお過ごしください!

 

 

 

御礼

みなさん、こんばんは。みおです。
間も無く二十時を迎えようかという頃です。おもては雪が降っています。雪などめったに降らない土地なので、時折窓辺から外をのぞいてはそわそわしております。雪は好きだけど、運転が怖いなぁ。ですが昔、雪国に住んでいたことがあって、その頃の雪に比べればはるかに優しい降りかただな、とも思います。はらはら光を帯びながら注ぐ結晶の美しさが、少し嬉しい夜です。

今日は更新のお知らせではなくて、みなさまへのお礼を申し上げたくてブログを書いております。
ひっそりと設置しておりましたR18エリアへのパス申請のご連絡が、なんと、百名様を超えておりました。びっくりです。もっと名の知れたお方の大手サイト様であれば百なんてちっぽけな数なのだと思います。ですが、こんな、日陰にわずかにさした陽だまりみたいに小さなサイトに、こんなにたくさんのお方がいらしてくださって、かつ鍵のかかったお話を読んでみたいと思っていただけたことを、とても嬉しく、ありがたく思います。
申請のメールをくださったかたも、全年齢を大切に読んでくださったかたも、丁寧なご感想をお聞かせくださるかたも。何よりまずこのサイトに訪れてくださったあなた様へ。改めてお礼を申し上げたく思います。いつもお付き合いくださいまして、本当にありがとうございます。こんなに息の長い場所になるとは、正直思っておりませんでした。
そう遠くならないうちに、ひっそりとお礼のお話を更新できたらなと思っております。全年齢になるかRになるかはまだ未定ですが、ここでだけ公開するお話にしたいなと考えています。リクエストとか、受け付けたほうがいいんでしょうけどね。でもなんだかそこまでするのもはずかしいので、私が思いついたいつものダラっとしたお話をダラっと掲載しますね。笑

地域によっては、明日にかけてまだまだ激しい寒さが続くようです。みなさまの心身がともにあたたかくあれますようにと祈りつつ、本日はこれにて失礼いたします。どうぞ、素敵な冬の一幕をお過ごしください。



大丈夫、あなたなら

 こんばんは。

 夏は涼しく冬はあたたかいという、比較的過ごしやすい気候の地域に住んでおりますが、今日は冷え込みが激しい一日となりました。めったに降らない牡丹雪までちらついたので、車通勤の身としてはかなりハラハラしたのですが、小一時間ほどで積もらずに止んでいきました。わあ…冬だ…笑

 そんな本日はもう何度目かのカミツレデート記念日ですね!拙宅におきましても、先ほどひっそりとお話をひとつ更新させていただきました。

 先日、「two become one」のまめこさんへとお贈りしたお話です。「遠くの街で」というタイトルなのですが、これはもうほぼ完全にまめこさん個人へとお贈りしたお話なので、今作はピクシブへの掲載は控えさせていただきますね。そう、今回はサイトでしか読めないお話!です!ふっふう!

 まめこさんとは、おもにピクシブやツイッターで仲良くしていただいております。仲良くさせていただけること自体が奇跡と思っております。まごうことなき本音です。こちらを読んでくださっている皆様の多くのかたも、ご存知でしょう。まめこさんのとしょせん!まめこさんの!どういく!!

 な ん で あ ん な に 萌 え る ん だ よ ! ! ! !

 堂郁書きの神々のお一人として慕っております。もうもうもう!かっこいい!かっこいいんです!教官!篤さん!!どうしてあんなにかっこよく書けるのでしょう。うちの堂上にまめこさん堂上の爪の垢煎じてのませてさしあげたいわ。そして教官の隣に並び立つ郁さんがこれまた少女でありながら女神なのです。キャラクターの個性がほぼほぼ原作そのままに出ていながら、さらに発展した二人と周辺の姿を見せてくださいます。優しくもストイックな文章から滲む躍動感と高揚感。私に無いもの盛りだくさん!もう一度申します。神として慕っております。

 まめこさんがあんなにご丁寧なお言葉でもって拙宅のお話について語ってくださったというのに、ヤギときたらこの体たらくですよ…あの、とにかく、素敵です。というか私が懇切丁寧に説明せずとも、皆様もうご存知のはず。まだまめこさんの堂郁に出会っていないかたがいらっしゃいましたら、上記のリンクからも、なんならこちらのサイトの「Link」ページからも、これからはアクセスすることができますので!※ステマ上等

 まめこさんのブログにも本日、私が不相応にも贈らせていただきました同じお話とリンクを貼っていただいてしまいました。どうしましょう。この上ない恐縮です。恐縮というか不安です。あの素敵な作品の群れの中に不純物として紛れ込んでしまった感半端ないです。とりあえず、気持ちだけはしっかり込めて書きました。まめこさんに伝わっていればもういっかなっていうお話ですが、もしよろしければ、さらりと眺めてやってください。

 まめこさん、このたびは掲載ならびにリンクをどうもありがとうございました!

 

 

 

新春のごあいさつ

 新しい一年がはじまりましたね。こんにちは。またはこんばんは。みおです。

 お正月、というか、新しい一年が来ることを表す日本語がたくさんあって楽しいな、と、最近つくづく思っております。新春と言ってみたり、迎春と言ってみたり。年賀状の書き出しなんか見ていると顕著ですよね。先日届いた親戚からの年賀状には、「敬頌新禧」とありました。はじめてみる日本語だったのでテンション上がりました(などと書くとまるで私が外国の人みたいですね。笑 日本人です)。それと、年賀状の書き出しに句読点を使ってはならないとのお話を初めて聞いて、慄いております。ほんとだ!テンプレートを見ると、改行で読みやすくはしてあっても「、」とか「。」とかつかってない…!理由は聞きそびれてしまったので、これからググってみようと思います。

 日本の、静かでありつつもきちんと新しい年に感謝を表する元旦の過ごしかたがとても好きです。とはいえ、外国の「ハッピーニューイヤー!Hooo!!」も明るくて賑やかで好きですけどね。笑 堂上夫妻はどんなお正月を過ごすのかなぁ。それぞれの実家に帰省して過ごすのでしょうが、おそらく大いに飲まされるのは笠原家の方だろうな…兄貴が三人もいるんですもんね。いいなぁ、笠原家のお正月たのしそう…

 

 昨年は私事にて色々とありまして、明るく楽しい一年だった!とはとても言えない年でしたが、今年はもう少し精力的に毎日を楽しく過ごせたらいいなと思うようになりました。自分から、外へ出れる人間になりたいです。私おうち大好き人間なので、放っておくといつまでも外に出ようとしないのですよ…及び腰になりがちな旅行とか(好きなんですが事前の準備で疲れきってしまうのです笑)、日帰りでもちょっとした遠出とか、今年はもう少し楽しめたらいいなと思っております。どんだけインドアだよヤギ…

 お話を書くという観点においては、もう少しコミカルなお話を書けるようになりたいです。暗いし硬いですよね。わかってんだよなぁ。なんで毎度花曇りの展開になってしまうのか…笑

 私、このサイトに管理画面も含めてカウンターをつけていないので、日々どのくらいのかたがここにお越しいただいているのか本当に知らないんですけど(笑)、今年もこの小さいひだまりみたいな場所で、ぼちぼちだらだら書いていられたらいいなと思っております。

 それでは、お付き合いいただけるみなさま、本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

何もかもが思い通りになんかならないけれど

こんばんは。
すっかり日付が変わってしまって、現在零時を回ったところです。ねむたいです。ねむたいのですが、とりあえず飲んでおります。ふわふわするしねむいです。※寝ろ
昨日になってしまいましたが、新しいお話を掲載しました。「西高東低」というお話です。言葉の響きが綺麗なので、一度お話のタイトルとして使ってみたいなと思っていた言葉です。なんかきれいじゃないですか?せいこうとうてい。
タイトルの由来はさておき、今回は久しぶりに堂上夫妻のお話です。つらくて逃げ出すほどではない、本当に些細な、それでもなんとなく思うようにいかない日々。そんな時間でさえ全力で楽しみに行く郁さんと、郁さんを眩しく見つめながら隣で笑う篤さんが書きたかったのでした。本当はクリスマスのお話を二十五日までに書けたらと思っていたのですが、なんとなく気がのらなくて、いざ聖夜が明けてみたら、急に二十六日の二人を書きたくなったのでした。なんというか、不思議ですね。やはり二次創作、というかお話を書くという行為は、自分の日常が確固たるものであるほどに現実味を帯びてくれるのかな、と思いました。
脱線してしまいましたが、そういうわけで、休日を家の中でダラダラ過ごす堂上夫妻のお話です。ダラダラ書いたので、よろしければのんびりダラダラ読んでみてやってください。少しでも皆さまの息抜きのお手伝いができたら、これ以上嬉しいことはないです。



ぼんやりしている間に、今年も残すところあと数日になってしまいましたね。
個人的には、二次創作はもうやめにしようと思ったり思わなかったり、なんだか人様をたくさん巻き込んでしまったな、と反省したり、他にも色々、総括すれば良い年だったとは言えない一年になってしまいました。来年はもっと、人を大切にしたいです。それと、群青もいい加減進めたいです。笑  頭の中ではもう完結してるのになぁ…笑
でも今年はね、レバー食べれるようになったんですよ!ずっと苦手だったんですが、最近ちょっと好きなくらいです。レバーの焼き鳥おいしいですね…今も頂いております。あと、カフェオレも飲めるようになりました!コーヒーが苦手で、カフェオレもずっとのめなかったのです。飲めるものが増えると、世界の見え方ががらりと変わりますね。笑  お砂糖入れなきゃつらいけど!カフェオレおいしい!でもコーヒーは克服できる気がしないな!!
気づけば私事ばかりで申し訳ありませんが、皆様がどうか良き年末と新年をお過ごしになれますようにと、ヤギはひっそりお祈りしておりますね。年末の、高みへと向かう空気が大好きです。どうか風邪など召されぬよう、そしてその空気の中で皆様の2015年が昇華されますようにと願いつつ、本年の幕とさせていただきます。
それでは皆様、良いお年を!よろしければ、来年もよろしくお願いいたします。




ひとりの心

こんばんは。もうすぐ日付変更線を跨ぐという時刻です。続いた雨のせいか、今日はあったかかったなぁ。
すでに一日前の話になってしまったのですが、新しいお話を掲載しました。「Nowhere gray」という、手塚夫妻のお話です。タイトルは一応ダブルミーニングで、「どこにもいない灰猫」という言葉をどう捉えていただけるかで変わってくるかなと思います。「どこにも(居ることのできない)灰猫」か、「どこにも(もう)いない灰猫」か。テーマにしたわけではないのですが、ウーバーワールドさんの「NOWHERE boy」という曲を聴きながら書きました。寂しげなのに美しいメロディが大好きなナンバーです。
思い出せる限りでは、恐らく初めて手柴のピンを書きました。てしばいくはたまに書いていたのですが、手塚と麻子ちゃんの心情描写って私にとってはとても難易度が高くて、今まで真面目に書いたことがありませんでした。でも最近とても手柴熱が高くてままならなくなって、普段以上に稚拙な文章になってしまうことは百も承知で、それでも愛だけはこめて書きました。笑
手柴!いいです!いいですね!今までも普通に好きだったんですが、実写以降急速に惹かれております。実写のお二人本当に素敵だったもんなぁ…不慣れではありますが、手柴はどうしても書いてみたいお話がもうひとつだけあるので、そのときまたリベンジをはかりたいなと思っております。まだまだ表しきれない部分が多すぎる。うーん、頑張ります。

それはそうと、最近全然堂郁を書いていません…。先日更新した「箱の中」も、前述どおり、以前から書いていたものですし…笑
私事になってしまうのですが、今月の末に学生時代の友人が結婚式をするので、そのための準備やら何やらであわあわしています。私、式の余興って初めてやるんです!笑  べつに踊ったりはしないんですが、とてもたのしみだなぁ。
あと、結婚式のたのしみなところは、日常ではなかなか着ない綺麗なお洋服を着れることですよね^^  お洋服は本当に不思議です。着ているものがちょっと違うだけで、胸がどきどきしてしまいます。
そんなわけで、普段は女不肖している私が、めずらしくファッションだのメイクだのヘアセットだのを研究しております。こうやって、きれいなものを見ている時間は楽しくて大好きです。女子でよかったなって思います。へへへー^^



誰にも言えない

 こんばんは。現在、夕方の六時を回ったところです。お休みの日は過ぎていくのが本当にあっという間で、少しさびしいです。

 本日未明に、R18部屋に新しいお話を掲載しました。「箱の中」というタイトルです。どんなお話かは、敢えて触れずにおきますね。色々アレなお話なんですが、楽しんでいただけたら嬉しいです。少なくとも書いている私は楽しかったです。特にラストが。笑

 最近、ハイペースでお話を書けていて、自分でも少し驚いています。こんなにペース早いの、としょせんの同人始めた数年前以来じゃないかな…

 最近ここに掲載したお話は、どれも愛機のMacではなく、アイフォンで書いたものです。今までは携帯でお話を書くことってそんなになかったんですが、最近はお話を書くのに便利なアプリを入れたり(文字入力アプリです。すごく使いやすくて助かっています。字数カウントもしてくれますしね)、苦手だったフリック入力を練習したりして(友人にラインでがんがん話しかけてもらっています。笑)、環境の向上に努めた結果が出たかなと!笑 なかなかパソコンの前に一人でゆっくり座る時間が取れないので、空いた時間に少しずつ書く練習もしてきました(元々一気に勢いで書くのが好きなので、一旦間が空くと何も書けなくなってしまうことがあったんです)。練習、というか、お話を書くのは私の数少ない、それでいて最大の趣味なので、楽しいことを楽しむためにしてきた特訓なのかもしれませんね。

 R18のお話は、正直書いていると途中で飽きてしまうことが多くて(笑)、これも半年以上前に半分くらい書いたのをずっと寝かせていて、最近ようやく終わらせたものです。私のR18は本数が少ない上、半分がパロディなので、これからは気が向いたときに、夫婦になってからのものや、小毬や手柴も書いてみたいなと思ってはいます。そのときにはまた、さらさらっと眺めてやっていただけたら嬉しいです。




どういくのひ2015

過ぎちゃいましたね!笑
それもどういくのひだったのに、真っ先に小毬更新してるのなんて多分私くらいのもんですな!笑
というわけで、新しいお話を掲載しました。「明日、世界がどしゃぶりの雨でも」というタイトルです。積極的に明るいお話ではないと思います。実はこれを書いているとき風邪で少しだけ寝込んでおりまして、がんがんする頭でぼんやり色んなことを考えながら書いたお話だったのでした。
終わってしまったものが拓く何かもあるといいな、と、たまに考えます。拓かれた何かを、見逃さずに見つけられる人間でありたいな、とも。
というわけで、またしても万人受けからは遥か遠いテンションのお話です。笑  でも、少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです。

そんなわけで、すっかり風邪をひいておりました。皆さんも体調管理にはくれぐれもお気をつけください!まあロボットじゃないのだから、いつでも健康でいられるほうが珍しいと思います。そんなときには少しだけのんびりする時間が、皆さんの手元に訪れますように。
で、そんな中ではありましたが、見てきました。ラストミッション。見てきましたよ。
見てきましたよ…!!!!
これに関しては、また別の機会に感想をきちんとまとめてから、ワンクッションを置いて掲載させていただきますね。私は地元の映画館で、一人で観覧してきました。のどが良くなかったのでマスクをしていったのですが、マスクとても役に立った!!おひとりさま観戦を予定されている方は是非!マスクあったほうがいいです!!色んな意味で使えます!!笑
絶対DVD買っちゃうと思います…ブクメモといっしょに…まさかここまでハマってしまうとは実写!公開している間にもう一回は見に行きたいなぁ!来月忙しいからまだわからないけど!
これから来館を予定されているかたは、是非是非楽しんできてください!もう見たよというかたは、これからもがっつりフォローしていきましょうね!GOGOGOGOGOGOGO‼︎‼︎





こころのかけらをうけとる日々に

本日、「読書感想文」というお話を更新しました。アイフォンからの更新はいつでも緊張します…アプリ落ちるのではないかといつもヒヤヒヤしてしまいます。笑
先日テレビ放映されました、「図書館戦争  ブックオブメモリー」を受けてのお話です。私、原作の頃から恋の障害のお話が大好きなんですけど、まさか実写で小毬を拝める日が来るだなんて…!それも予想をはるかに上回る出来映えだったなんて!あの日の自分に教えてあげたい!もしもタイムマシンがあったら!!
地上波放映された実写一作目も特別ドラマも、録画しておいて後日ゆっくり拝見したのですが、私、正直なところそれほど実写好きじゃなかったはずなのに(きらいなのではありませんよ。いまいち馴染まなかっただけなのです)、久しぶりに実写見たらなんだあれ!なんだあれ!!普通にとしょせんだ!!と悲鳴をあげながら視聴しました。笑    ドラマに至っては号泣しながら見ました。田中教官のかっこよさに悶え泣きしましたし、何よりつちやたおさん演じる毬江ちゃんの健気さと強さにボロ泣き食らいました。本当にお見事。スタートから終わりまで、完全に中澤毬江さんだったと、個人的には思っております。
まだラストミッションは見ていないのですが、体調に問題がなければ、週末におひとりさま映画でソワソワしながら観覧してこようかなと計画しております。映画館なんてずいぶん久しぶりだ!おひとりさま映画なんてさらに久しぶりだ!どきどきします!
俳優さんたちと、製作に携わるスタッフの皆さんの熱意が、これでもかというほど漲る素晴らしいドラマだったと思います。映画を観に行かれた方々の声も聞きましたが、多分ラストミッションも予想以上に凄いのだろうなと、なんとなく思っております。楽しみだなー!はやくこいこい土曜日!
で、そんなバカ高いテンションのまま書いたものですので、伝わりにくい部分もあるかもしれません。静かに絆を育てていく小牧さんと毬江ちゃんの、言葉通りの「読書感想文」です。文調や互いの勧める本の内容、修正や誤字の位置なんかにも、一応意味を込めて書きました。少しでも届いてくれたら、嬉しいです。





「群青」の二話目を更新しました

 こんばんは。

 すっかり秋めいてきましたね。七月から夜眠るときのお布団には夏掛けを使っていたのですが、昨日はさすがに寒さで厚手の掛け布団を出しました…それでもここ数日、私の住んでいるところは気持ちの良いくらいの秋晴れが続いていたので、昨日今日だけで洗濯機八回は回しました。四季はどれも好きですが、秋の好きなところは気候がよくて過ごしやすいところです。空気が澄んで、明るくて、眼に映る多くのものがきらきらして見える季節。花の色も枯葉の色もそれぞれにきれいで、金木犀や落ち葉のこおばしい香りがたくさん漂って、五感のすべてで体感できる季節ですよね。あったかいお茶も一層おいしくなってきました。今もそろそろ二十二時を回ろうかという頃ですが、ガラスポットに緑茶をいれて飲んでいます。お茶おいしいなぁ。だいすきです。

 私事ばかりで数行を消費してしまいましたね。言葉が捗るのもまた秋の効能ということにして。

 本日、「群青」の二話目を更新しました。オリキャラが多いお話なので、読む方を選ぶ中編だなぁと自分では思っております。いわゆるちょいキャラならまだしも、お話の流れに大きく関わってくるオリキャラが多いのですが、実は以前からそんなお話も一度書いてみたいなぁと思っていたのでした。自分の世界観を小出しにしつつ、でも二次創作だよ、くらいのスタンスを目指したいなと考えています。そのバランスが難しいのですがね…もう少し原作の力強さを反映できたらな、というのも今後の課題です。年末までに完結できたら奇跡、くらいのペースでですが、少しずつ進めていけたらなと展望しております。

 

 それと、こちらのメールとピクシブDMのお返事を少しずつ進めさせていただいております。毎度反応が遅くて申し訳ありません。どのお言葉も、有難く拝読しております。少しでも楽しんでいただけたら嬉しいなと、ひっそり思いながらゆっくり進めていきます。

 それと、よく把握していなかったんですが、もうすぐスパークなんですね。去年は急用が入って行けなかったっけな、とぼんやり思い出しております。今年も参加の予定はありませんが、御本を販売されるかたも、お目当ての新刊があるかたも、めいっぱい楽しんできてくださいね^^

 

 

 

組んでいく

せっかく中編を書き始めたので、プロットを使ってお話を書く練習をしています。
普段から、どれだけ長いお話を書いてもプロットは使わない(作っても結局その通りにおさまらない)のですが、今回の中編は登場人物がやや多いことと、彼らの心情をひとつひとつ追っていきたいなとの思いから、プロットを作ってみることにしたのでした。どうしても勢い任せになってしまう傾向があるので、一歩引いたところから出来事を俯瞰するところから始められたらいいなぁと思います。
いざ書き始めてみると、お話の流れを書くだけでも結構大変です。笑  とはいえ手書きをすること自体は好きなので(字は下手くそですがね)、思ったより楽しんで作業をしています。普段から何を書くのにも、音楽を聴きながら進めるのが好きなんですが、最近は今更ハマってしまった米津玄師さんの歌ばかり聴いています…かっこいい…ループとまらない…米津さんまだにじゅうよんさいとか…うそでしょ…ブルブル
とりあえず郁さん目線での流れはまとまりつつあるので、他のキャラの心境も合わせながら、緊張感と勢いのある、それでいて繊細なお話にしてあげたいなと思っております。教官をひたすらソワソワさせたいです。がんばります。笑



そういえば最近、私生活で消しゴムはんこの製作を強いられる場面があったんですが、消しゴムはんこめちゃめちゃお手軽ですね!でも私は、彫刻といえば石だの木だのをひたすら掘り続けたいタイプなので、正直消しゴムじゃものたりなかったです。笑
今度柔らかい石を拾ってきて、何でもいいからガンガン掘りたくなりました。田舎だから木片もそのへんによく転がってるし、浜に降りれば流木もあるかな。
ちなみに彫刻刀は小学生のときのを使っています。持ち手がラバーになっている、ほりおくん、という名前のついた愛刀です。笑



群青

 こんにちは。

 先日のブログにメールをくださった方々へまずはお礼を。お言葉をどうもありがとうございます。正直もうここ誰も覗いてねぇだろ…と割と本気で思っておりましたので、素直に驚きました。その分とてもうれしいです。ありがとうございます。後ほど改めてお返事をさせていただきますね。

 それと本日、中編の一話目として、新しいお話をひとつ更新しました。群青、というタイトルです。東京事変さんの「群青日和」から拝借しています、というのはここだけの話。

 残暑に真冬のお話というのもオツすぎるんですけど、時系列を辿っていくと、この設定を放り込めるのがこの、稲嶺さん勇退後からカミツレデートまでのわずかひと月ほどの間だけだったっていう…私もほんとは夏ないしは秋っぽいお話にしたいなぁとか思ってたんですけど無理でした。笑 アレでしたら年末まで寝かせてからお読みいただければと!笑 いやそれまでに書き終われてるのかっていうそこなんですけど…

 郁さんの、「初恋」のお話です。それまでの郁さんの片思いを軽んじる意味合いはまったくないのですが、それでも個人的に、きっと郁さんの本当の意味での「初恋」の相手って、教官だったんじゃないかなって思うのです。(そうであってほしいからそう思ってしまうのかもしれませんがね。でもなんとなく、そんな気がするのでした。少なくとも我が家の郁さんに限っては)

 それと、今回は極力、文章中の言葉遣いを原作に寄せて書けたらいいなと思って努力だけはしております。有川先生のパワー漲る言葉の力を少しでも勉強したくて、とりあえず文庫の危機を買ってきました。笑 原作は今まで、「明日の街」を書くときどうしても必要だった革命の文庫しか持っていなくて、(昔はハードカバーで揃えていたんですが紛失してしまったのでした)久しぶりに原作の文章に触れたのですがやっぱり公式が最王手ですね…!元々読むのは内乱と危機がツートップで好きだったんですが、改めて痛感しました。もう!だいすき!としょせんだいすき!!最近角川文庫さんのカバーも、ハードカバーの装丁を核にリデザインされたものが出てとても嬉しいので(ハードカバーの表紙大好きなんです)、この機会に残りの四冊もゆっくり集められたらなぁと思います。いい大人なんだから一気に買えよって話なんですが、本をまとめて買うのあまり得意じゃなくて。そのときどうしても読みたいと思ったものをゆっくりお迎えする、くらいのスタンスが一番気分的には落ち着くようです。

 すっかり脱線しましたが、そんなわけで原作は相も変わらず神でした。神でした。※二度

 実写映画は観に行くか少し迷っております。実写二作目自体は楽しみなんですが、耳が少し弱いので映画館の音響が苦手なんですよね。一緒に行けそうな友人に声をかけてみようかな。




ご無沙汰しております

ご無沙汰してております以外の第一声が思いつきませんでした…!ごぶさた!しております!!生きております!!

色々ありまして!

元気だったんですけど!

正直なところ無気力症候群に打ち勝てないまま九ヶ月過ごしました。どれくらい無気力だったかって、今年海行ってないんですよ!この私が!海大好きっ子の私が!徒歩三分で行ける海に!!※知るかよ

パス申請のご連絡もせずに、まずは本当に申し訳ありませんでした。時間をかけて、本当にやっとなんですけど、ここに戻る気力が湧いてきました。笑

昨年末からほとんど文章をパソコンで書くことがなくなっていたので、今これ打つのもミスタイプ多すぎて泣きそうです。そんなてのひらでですが、そろそろ何か書きはじめようかなと最近思い始めました。得意の書く書く詐欺フラグが立ちそうですけどね。もう立ちましたかね。折りに行けたらと思ってはおります。

とりあえずの第一歩として、サイトのPCレイアウトも秋らしくしてみました。ロゴも無料メーカーさんで作ってみましたよ。ヤギかわいいですよね////※自画自賛

で、今更新できるお話が手元に何一つないので、せめてものアレで申し訳ないのですが、先日某snsにて上げておりました「作る予定のない同人誌あらすじ」をここに貼っておきます。大体堂郁です。140字の壁に阻まれて詳しく書けなかった部分を少しですが加筆しておきます。少し長いので、お時間のあるときにでもさらっと流していただければ嬉しいです。




【フォロワーさんにもらったタイトルで同人誌のあらすじ書く】

(1)「やさしい好奇心はうしろむき〜真夜中は修羅場〜」堂郁(上下官期)

創立100年の歴史を持つ高校図書館が良化隊の標的とされた。戦闘開始は一般人のいない夜間となり、図書特殊部隊は深夜の高校に陣営を構える。堂上班は図書館内で二手に分かれて待機、その際郁は堂上が学生時代に愛した本と、彼の思い出話を聞く。


(2)「残響」堂郁(恋人期)

当麻蔵人事件後、笠原郁には異変が起きていた。射撃訓練の際、耳に必ず雨音の幻聴が発生する。恋人となった堂上にも打ち明けられぬまま時が経ったある日、抗争時の火器使用を禁ずる旨の条例案が持ち上がる。銃声にトラウマを抱えてしまった郁の内面の動きを描く。


(3)「夏酔い」堂郁(恋人期)

例年以上の暑さに見舞われたその年の夏、郁は堂上と縁日へと出かける。熱気と浴衣と人ごみに目眩を覚えた郁は、堂上に介抱されて金魚掬いの屋台の裏のベンチで休む。飲み物を買いに行ってくれた堂上をぼんやりと待っていた郁の元に、幼い頃の堂上篤が、金魚の入った袋を携えやってくる。


(4)「猛暑日の堂上班」堂上班と柴崎(堂郁恋人期)

誠信じがたい話ではあるが、特殊部隊事務所の空調は規定により十七時丁度に切られる。それより先の残業は扇風機のみで乗り切らねばならない堂上班に、定時上がりの柴崎がパピコの差し入れを持ってくるのだが…誰と半分こするかで苦悩する堂上笠原手塚の動揺を追う。



【ふぁぼきた数だけまったく作る予定のない同人誌のタイトルとあらすじを書く】

(1)「I.D」堂郁(夫婦期)

春の夜半、些細なことで喧嘩をした堂上夫妻。堂上は家で自棄気味に飲み続け、そろそろ頃合かと十時過ぎに、郁が駆け込んでいるであろう先の柴崎に電話をするが、来ていないとの返答。その頃郁は満天の星空の下、度数4%の缶チューハイを片手にふらついていた。郁のルーツと二人の絆を描く。


(2)「スクエア」堂上班(堂郁上下官期)

雪積もる夜の抗争中、銃弾を避けるため堂上と郁は良化隊の10tトラックのコンテナに飛び込む。そのままトラックは走り出してしまい、二人は荷物に隠れて、無線で小牧たちに現在地の手がかりを報せる。図書隊は二人を回収できるのか、そして冬の寒さに凍える二人の運命やいかに。


(3)「夏が還る、きみは笑う」堂郁(夫婦期)

火器使用に関する法令改正が実現したその年の夏、様々な雑務に追われて気づけば八月も終盤に差し掛かっていた。夏らしいことがしたいと主張する郁を、堂上は向日葵畑に連れていく。出先で贈った麦藁帽子と白いワンピース。堂上の目に瑞々しく映る夏の日の郁の姿を書く。


(4)「追憶」郁と稲嶺

当麻蔵人事件後の休日、稲嶺家へ挨拶にやってきた郁を稲嶺はにこやかに迎え入れる。手入れの行き届いた庭を眺めながら、郁は稲嶺が語り始めた、この家で重ねた在りし日の奥方との思い出に耳を傾ける。出会いの春。小さなけんかと、最後の夜。稲嶺夫妻の壮絶かつ穏やかな過去に迫る。


(5)「鈍の花」堂郁(恋人期/R18)

抗争の片付けが済んだ雨の夜、右太腿に擦り傷を負った郁は女子更衣室で着替えをしていた。そこへ、郁の怪我に気づいていた堂上が顔を出す。浅い傷はしかし、郁に、かつて堂上が同じ箇所に負った傷の記憶を彷彿とさせた。更衣室で互いの存在を確かめ合う二人の営みを描く。


(6)「群青」郁→堂(上下官期)

男の子に生まれたかった。もっと可愛い女の子になりたかった。恋心の最中、笠原郁は苦悩していた。逞しさを求める自己と、乙女で居たがる純情。自身の心の在り方の狭間で揺れる郁に、特殊任務が入る。関西図書隊男子寮で「男」として、ある人物を監視する役目だった。


(7)「マドラス」堂郁(夫婦期/R18)

夏らしいベッドカバーが欲しいと言って、二人で選んだマドラスチェックのカバー。極彩色の交わりの上、横たわる郁の肌は息をのむほど白かった。宵街に見つけた金魚の風鈴。汗をかいたフロートグラス。手に触れる命の確かさと、不確かさ。十四時の夫婦の睦み合いを描く。


(8)「ライトヒア」堂上班と柴崎(堂郁恋人期)

今年で我らが堂上小牧一正が図書隊に配属されて丁度十年になるらしい。郁と手塚と柴崎は、二人に内緒でとあるサプライズを用意する。しかし決行予定日の午後、突如良化隊が図書館に攻め入ってくる。今回標的とされたのは、堂上と小牧にとっても思い入れの深い一冊だった。


(9)「円か」郁→堂(上下官期)

笠原郁はその年の冬、早朝ランニングを日課とすることにした。児童公園や河川敷、誰もいない住宅街。その姿を目にした隊員の話から堂上は郁の日課を知り、ひょんなことから共に走ることに。普段は犬猿の仲の二人が、ジョグの最中の会話と沈黙を繰り返しながら近づいていく様子を追う。


(10)「結び」堂→郁(上下官期)

我が班の山猿部下が、早朝のランニングを日課にしているらしい。郁の日課に同行することになった堂上は、郁の後ろを走り続ける。喧嘩、時々笑い声。そんなとある朝、どうしてランニングを日課にしているのか尋ねた堂上に、郁はこう答えた。「あたし、もっと強くなりたいんです」


(11)「ラストセレナーデ」堂郁(恋人期)

良化法過激派組織に笠原郁が拉致された。犯行声明と共に拘束された郁の姿が添付されたメールは特殊部隊を激震させる。部下であり恋人でもある郁を連れ去られた堂上だが、添付画像の中に郁が残したヒントを見出す。一方郁は朦朧とする意識の中、内側からの脱出を企てていた。




上記のうち少なくとも二つを形にしたいと思っております。無事に書きあがった折には、眺めてやっていただけると嬉しいです。

いつになるかはまだ未定ですが、のんびりお付き合いいただけるとありがたです。それでは本日はこれにて。




おくりつけ申し訳

giftにお話を二本追加しました。普段からお世話になっているお二方への贈り物というか送りつけやがってすみません物というかまあそんなアレですアレアレ
ACOさんへおくりつけさせていただいたものは、もう半年以上前にピクシブにて既出です…いちおうあこさんのお描きになる美しい美しいこの上ないほど美しい堂上さんと郁さんをイメージして書かせていただいた…んですが…やっぱり今読み返しても至らない…あこさんの絵の美しさに…貴様の文章はどう読んでもやはり及ばないよヤギ…!!!
あこさんごめんな!!!!そのうちまた飲もうな!!血涙
もうひとつ、こちらは昨年末にむつはるさんへおくりつけさせていただきました。やはり今改めて読み返してみたんですけど、いつも以上にもやっとした文調だな…もう少し違う作風をめざしていたはずなんですが…早朝のデ◯ーズに居座って三時間ほどかけてどうにか書き上げたのでありました…たのしかったけどやはり作風がry
むっちゃんおたおめ!いつでも!お荷物!待ってますね!!※いい笑顔




すみません…!

  皆さんこんにちはあるいはこんばんは。2015年もいつの間にかはじまっていましたね。今年もよろしくお願いします。
  で、新年早々のブログがお詫びからとか幸先悪いことこの上ないのですが、それでもお詫びから入らなきゃならんのです…
  R18部屋のパスワードの件です…わたわた色んなことに追われていてメールフォーム確認するのすっかり忘れておりました…催促のご連絡を頂いていたお方もいらっしゃって、まずは本当に、申し訳ありませんでした。本日までに頂いたご連絡には先程すべての皆様にお返事をさせていただきました。あれ私来てないぞこらヤギ!というお方がいらっしゃいましたら、再度のご連絡をいただけると有り難いです。

  ここ数ヶ月、PCの前に座る時間がほとんどとれなかったものでして、この記事も出先でこさえたものですから誤字脱字ないか正直かなり不安なんだぜ…!ああでもこれは言い訳ですね。男らしくないのでこれ以上はだまります。※貴様は雌だろうがヤギ
  これから頂くご請求へのお返事も、少し、いやだいぶ、遅くなってしまう可能性があります。そのときには改めて申請ページでお知らせさせていただきますが、場合によってはパス申請を一時的に打ち止めさせていただくかもしれません。身勝手なばかりで申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。






よいどれ

 冷蔵庫を開けた途端郁が泣き出した。何事かと慌ててベッドを飛び降り、備えつけの小さな冷蔵庫にしがみついて泣く丸っこい後頭部へと堂上は手を伸ばす。

「何した郁」

 問いかけるのとほぼ同時に振り向いたショートヘアがキッと堂上を睨みつけた。怯む間も無く酔いどれのアルトがわめく。

「きょうかんのっ、ばかあああああ」

「は?何でだ俺なんかしたか」

「プリン!たべたぁ!あたしの!」

 プリン?堂上は眉を顰める。

「お前の分入ってるだろ、ほら、そこ」

「違うッ!これプレーン!あたしのカボチャだった!期間限定!」

 威嚇の声量が増し始めた恋人に堂上はクワバラクワバラと内心手を合わせる。チェックインする前に人気のケーキ屋で調達してきた二人分のカスタードプリンは確かに先ほど、郁の入浴中に先に頂戴したが、それぞれ種類が別のものであったことさえ堂上は気付いていなかった。

「あー悪かったよ、また買ってやるから」

「無理ですよおおおちょう人気なんだからあああああ今日は運がよかっただけなのそれなのにいいいいいい!」

「普通のじゃダメなのか」

「ちがうううううかぼちゃああああああうわああああああ」

 ああクソめんどくせぇ可愛い。堂上は郁のとなりに屈み込む。度数三パーセントの缶チューハイおよそ半分で出来上がる酔っ払い。なんとも経済的である。

「郁」

 まだ呼ばれ慣れない呼称にひくっと跳ねた肩に堂上は苦笑する。ああ畜舎ほんと可愛い。ずるい。可愛い。お前が悪い。大の男をこんなに酔わせて。次の一瞬には何を思うより先にその細い肩を引いて口付けていた。押し付けるような強引さが我ながら浅ましい。それでも止めたくなくてさらに踏み込む。乾いた唇で郁のなめらかな肉を肌を産毛をなぞる。やがてゆっくりと離れてもなお、逃げられぬよう顎を指先で持ちあげた。まだほんのりと温い湯上がりの肌。その先でほのかに開かれた唇。紅く火照っているのは今、まさに今、吸われたばかりだから。甘くてやわらかくて可愛くて愛しくて堪える間も無く二つめをしっとりと刻む。郁。合間にささやいた声に、ひうっ、と無声音の吐息が混ざる。

「俺が悪かった。何でも一つ言うこと聞く」

 今更入れた詫びはしかしやや放心状態の恋人の耳にも納得の形で届いたらしい。今度から困ったときにはこの言葉使おう。ひっそり心に誓う。

「もっかい」

 何でも一つ。ほとんど考えている間は無かった。我に返った堂上の目前、赤い頰の恋人は、ぽつり呟く。

「キス、もういっかい」

 ああもう。束の間天を仰いだ堂上はやがて正面の凶悪な天使に対峙する。

「一回でいいのか」

「うそ。いっぱい」

 心得た。肯定の代わりに堂上は改めて口付けを贈る。ぱたんと閉ざされた冷蔵庫から離れて、二人は唇から解け合う。揺れるように漂うように、ひとつきりの夜は流れる。



fin.




 *




こんにちは。またしてもご無沙汰しておりました、みおです。

上記のお話は去る11月19日・いいいくの日にアイフォンで三十分くらいでさささっと書いた小話でした。某所で公開したのですが何かと雑な文章だったためすぐに消そうと思っていたらコメントまで頂いてしまって、なんだか普通に愛着が湧いてしまったのでとりあえずこちらにも載せておこうでも短すぎるしブログなら許容範囲かなぁとかもにゃもにゃ。しばらく書けないだろうと思っていたとしょせんですが、こんな小さなお話でも書いてりゃ楽しいものですよね。最近、泣いている相手をキスで泣き止ませる的なシチュエーションが俺の中で話題になっていたのでそんな感じで書きました。これぞまさに俺得。どやぁ


先月の更新の後に、数名のお方から「サイトやめるのか」と尋ねられまして、ううんどうしたらいいのかなぁとぼんやり考えて、とりあえず残せる間は形を変えてでも残しておこうかなと思うようになりました。お声掛けくださった皆様、どうも有り難うございます。

まだ色々と未定ですが、他作品の二次創作とか、お目汚しにならない程度に一次創作とか、置ける部屋を増設できたら、残す価値も(自分の中で)多少は上がるかなって、勝手に考えております。まあ他作品二次書く予定まだ全然無いんですけどね。いや書きたいのはたくさんあるんだ…るろけんとかRDGとか…RDGなんて正に今がうってつけの季節になりつつあるので普通に書きたいですよねみゆみこみゆみこみゆみこ※思うだけならタダ

もう少し時間を大切につかえる人間になりたいなぁ。来年あたりから頑張ろうかないやしかし。

適当な管理人で申し訳ないばかりではありますが、細々と続けていけたらいいなぁと思っております。よろしくお願いしますうへへへへ。




どういくのひ

一週間の連載が本日で終了しました。ますはお読みくださった全ての皆様へ、心から感謝の意を申し上げます。どうも有り難うございました。

書いていて楽しかった、と素直に言えないお話になってしまったのは、書いている数ヶ月の間に私事で色んなことが重なってしまったからでした。でも逆に言えば、そういうつらいことや悲しいことがたくさんあったから「七つの愛」はこういうお話になったし、こういう終わり方になったのかなぁとぼんやり思っております。そういった心情を二次創作に反映させることが良いことなのかどうかはわからないけれど、少なくとも今は、このお話を書くことができたことに素直に満足しております。というか一週間続けて更新することができて、そのことに何よりほっとしております…どうしてもね、今日、完結話を更新したかったのです。だって今日堂郁の日ですよ!?みなさん!!(知っとるがな)

最近ほんとね、笑っちゃうくらい、忙しくてねwwそれこそ座る間もないくらいだったので、毎日更新とか絶対無理って思っていたのにちゃんと続けられたんだからなぁ…無理かもしれないと思ってしまうようなことでも意思次第でどうにかなるものなのかなぁ。すべての事象がそういうものであればいいのに。

えっと、色々脱線しましたが。

ピクシブの更新をお読みいただいたかたはご存知かもしれませんが、そんなわけで色々ありまして、楽しんで二次創作を書くことが出来なくなってしまいました。外から何かされたり言われたりしたというわけではありません。ただただ私のベクトルが今現在、どうしても図書戦へは向かないのです。勿論としょせんは大好きだし、もう何年も追いかけ続けてきた作品だから、思い入れももう他のどんな作品のそれにも及びませんが、それは楽しめる生活がある、という条件が第一前提としてあってのことであり、その前提が崩れてしまうと、残念なくらい、自分の二次創作が薄っぺらいものに思えてしまう。不思議なものです。

ので、しばらく二次創作をお休みすることにしました。今はささやかな隙間時間を利用して、某所でほとんど自分のためだけの一次創作をしております。このサイトもどうしようかな、と今は悩んでいるところです。せめて一年は続けたかったけれど、こうなってしまうともう存続すること自体意味がないのかも。ピクシブアカウント削除してこちらを残すこともできるけれど、どうしようかなぁ…あ、すみません今アルコール入ってましてwwちょっと饒舌が過ぎましたねwww

何はともあれ、本日は堂郁出会いの年の、堂郁の日、です!!たくさんの素敵な素敵な素敵な作品がそこここで更新される日ですね!あと数時間ですが、私もこれからネサフという名の大航海に出ます!笑

みなさまも、どうか素敵な堂郁の日を!最後までお過ごしください!

 

 

 

七つの愛

唐突に連載はじめやがってしかも早三日目ですすみませんこんばんは\(^q^)/
七つの愛  というお話です。どんなお話かをここで話すのは野暮ですので、気が向かれてた折にはさらっと眺めてやっていただけたら嬉しいです。
しかし今諸事情あって、たぶん今までの人生の中である意味一番過酷な時期を生きております…もうめちゃくちゃ必死です。なのでお話をどうにか更新するので手一杯で、結果ブログにお知らせを載せられぬまま三日目に至ってしまいました(^q^)しかも昨日更新分の二話目のリンク貼り忘れてたしね…あはっ…あはははははっ((^q^))
何はともあれ、今年も差し迫ってきた1019の日に合わせて進めていけたらと思っております。叶うことならこのお話で本を作りたかった、くらいの思い入れはある作品です。皆様の忙しない日々の、ちょっとした一息のお時間の力添えができたらいいなと思っております。よろしくお願いします。



きんきょう

元気です生きてますのんきに暮らしてます!

ひとつ前の日記におめでとうメール等をくださった皆様ありがとうございました!まさかそんなお便りをいただけるとは本当に、夢にも思っておりませんでしたので、とても嬉しかったです。お返事はえっと、手元の色んなものが落ち着いたらさせてくださいすみません…!!

というのも、来る十月に、こことピクシブで(もしかしたらピクシブだけになってしまうかもしれませんが)、ひっそりと長めのお話を更新させていただく予定でいるのです…そんでそのために用意をしていたりしていなかったりいなかったりします。笑

つまるところ間に合う気がちっともしません…!これだから本とか出せる気がしないんだよ…せっぱつまらないと何事もやる気にならない一夜漬けタイプのヤギです…!!どーん

それもね、この間、書いてたデータぶちこんでたUSBが唐突にご臨終あそばされましてね…そういうときに限ってバックアップ取り忘れてるっていう、ね…(大遅刻フラグ)

というわけで十月に間に合うかかなり微妙というか半分諦めておりますが、少しでもたのしんでもらえるお話を書きたいなーと思いながら、今も艦これのMAD漁ってますごめんなさいごめんなさいごめんなさい

 

 

 

青々と

ご無沙汰しております!

関東までは梅雨明けをしたみたいですね。こちらも大変夏らしい気温になってまいりましたよ。街中の勤め先はとてもむしむしするのですが、海辺の我が家は基本的にとても涼しいです。だけどさすがに今日は28度くらいまで上がってますね…クーラーは取り付けていないので、おもてからの海風や、せんぷう機のやわらかい風にあたってのんびりする時間が好きです。そしてアイスを食らう。今日はスーパーカップのチョコクッキーのやつ。明日はガリガリ君。備えは万全ですキリィ。

 

ここしばらく新しいお話も書かずにわたわたと過ごしておりました。

私事で恐縮ですが、今月のはじめに挙式をしたのです。つっても結婚したのもう二年近く前な。ようやっと色々環境が整ったので夏の花嫁やらせていただきました。自分が主役という場には慣れていなくてとても恐縮ではありましたがたのしかったなぁ。

まあほかにも、良いことも良くはないこともいろいろありまして、そんな中でも時間は均一に速くて、多少参ったり参らなかったりしました。なんかね、いつでもすっげえマイペースな性格なんですけど、最近どうしてもわたわたしてしまうのです。恐れ多くも現代人だから仕方がないのかなぁ。しかし、歩くのも食べるのも本を読むのも笑われるくらい遅い私が自分のペースを乱しているなどなかなかないことだよ?笑

そんな中での海開きでした。件の震災のあとからは開放される浜も減ってしまったし、来場者もがくんと少なくなってしまいましたが、なんせ私は海がすきなのでとても嬉しいです。かなづちなんで泳いだりはできないんですけど(笑)海にたくさん人がいるってだけでとても幸せなのです。

それに、海にいるとね、やっぱりぼんやりできるんですよ。時間を忘れて、スカートの裾を濡らして、砂の粒子が足元をいったりきたりするのを感じる、それだけのことに一時間以上費やすんです。笑  真正面、どこを見つめても青いだけの視界は本当に、なんというか、ああいつか生き抜いた暁にはここへ還っていきたいと思わされずにいられない。水辺が、海が、とても好きなのです。

ともあれ長くて短い夏のはじまりですね。四季はどれも好きという単純ヤギなので、季節のはじまりにはいつもどきどきうはうはします。みなさまも、お体にはくれぐれも気をつけて、夏をたのしんでくださいね。

 

はっ、久々にブログ書いたら長くなってしまった!

あとどうでもよいお話ですが改名しました。特に意味は無いです。こだわりはありませんので、みおでもりらでもヤギでもお前さんでも、好きなように呼ばわってくださいね♡

 

 

 

\(豚ω饅)人(ヤωギ)/

 

スパコミ翌日のお話。

ツイッターだのピクシブだのでもう一年近く(気が早いか?ええと九ヶ月くらい?ww)仲良く貶め合っております、豚饅ことはらさんに誘われて、おデェトをしてきました♡

はらんちはね、冷えとり女子で、靴下を何枚も重ね履きしていて、イソップ物語に出てきそうなお洋服を着てメガネをかけていたよ♡書けるし描けるしお料理上手という、知る人ぞ知るハイスペックガールなのです。図書戦クラスタさんはみなさまべっぴんさんばかりで、正直初日は自分のアレさ加減に滅びたくなりましたお(^q^)

で、道に迷いながら(笑)、辿り着いたトランザールことマルデナポリさん。初見参だったよ!

とってもきれいなお店で、テラス席にはわんこさまも入れるんですね。ちっちゃいお犬さまがいらっしゃってな、はふはふしておってな、動物好きのおれとしてはもうな////たまらないな//////

はらんちがピザのセットを頼んでくれたので、私はパスタのセットをたのんで、二人ではんぶんこしたよ♡

なんか色々話したんですけど、なんというか、(まあ前日のスパコミで初めて顔を合わせたんですが)今回初めてはらんちに会ったというのに、なんだか前にも会ったことがあるような錯覚に陥ってだな。変な緊張感も高揚感もなく、じもてぃーと駄弁ってるような感覚でだらだらおしゃべりをしましたww

はらんちは声がコナンくんのようにひくいときいていたのに、ぜんぜんひくくなんかなくて、なんていうか、だまされたなっておもいました、まる。私は喉が弱いので、声が小さい上に響かない上に高くないっていう(よくセールスの電話とると「息子さんですか?」ってきかれる系女子)、とんだ残念野郎なので、いろいろうらやましいなって、おもいました、まる。

あ、隣の写真はデザートさまです。一階のケーキ売り場からアットランダムに選んだケーキを出してもらえるコースだったようで、おれはかぼちゃのケーキだったの♡ちょうおいしかったですです♡

ほんでここな、肝心のこのお席な//////

予約等はしないで行ったので座ることはできなかったんですけど、うわああああほんものだああああ//////ってなりましたwwwここに榮倉郁さんと栗山柴崎がいたのかとおもうと感無量でありました。椅子のクッションと背もたれにほっぺたすりすりはあはあしたい衝動を必死で堪えておりました。

綺麗なお店だったなぁ。ごはんもとてもおいしかったです。またいきたいなー。

 

マルデナポリさんを出たあとは、吉祥寺にできたキラリナ?でいいんだっけ?wwwはい、たしかキラリナという名の駅接続型商業施設へと行きましたwww私事でなんなんだよって話なんですが、私の実父の誕生日が二日後に迫っておりまして、せっかくなら東京で何か見繕えたらなあと思っておったのです。キーケースを贈りたいとはらんちに言ったら色々、ほんっとに色々連れていってくれて、はああ都会はキーケースひとつ探すにもこれだけの選択肢があるのかと…いやおれほんとガチの田舎に暮らしてるので、キーケース売ってるお店見つけるだけでも悪戦苦闘するレベルなのですわwwすげえな東京。ひろいな東京。

おかげさまでリーズナブルな革に出会えて、無料でかっわいいラッピングまでしていただけて、これほんとにおとんにやるの勿体ないなって少しいやかなりry

そのあとはぶらぶらと店内を徘徊して、気づいたらあっという間に暇の時間であったと。感慨もクソもなく、「そんじゃまたー!」でバイバイしましたwwなんなの俺らまじうけるんだけどwwwラフな者同士気があっていたのかもしれませんな。

実はこのとき、おれの旦那さんであるアウさんもいっしょに東京に来ていて、二日間宿泊先以外は全く別行動という、お互い非常に楽しい時間をそれぞれ過ごしたんですが(笑)、合流する約束をしていた上野に向かう電車の中ですっかり寝落ちましてあやうく乗り過ごすとこだったっていうwwあっぶねwww

そのあとはアウさんと再会して(向こうもとても楽しんでいたみたいです^^)、おべんと買って帰りました、という二日間でありました。

一日目、東京に着くまでの間にかなりライフを削られた感があって、なんとなく(^q^)こんな顔で過ごしてしまったかもしれんのですが、とてもとてもたのしい二日間でした。初日にアフターの幹事をしてくださった某unkさんとはらんちに大変感謝しております。あと上野に迎えにきてくれたACOさんwwほんとうにすまんかった…!!いっしょに遊んでくれた鳥居さんにも飼い主皆川さんにもすみよし姐さんにもまる先生にも、勿論会場で声をかけてくださった皆様にも本当に感謝感謝です。どうもありがとうございました^^

十月も行けたらいいなぁ。まったくの未定なのでなんともアレですが、とりあえず来る十月に合わせて、私も何かお話を用意できたらなと思います。オンかオフかも定かではありませんが、しばし潜ってさぎょってくるお…!!

 

 

 

「そうか、俺とこいつは友達だったのか」

昨日支部に載せた郁さんと手塚のお話をこちらにも載せときました。

タイトルは、ずっとこういう言葉をタイトルにしてみたいなって思っていて、でもなかなか機会が持てずにいたラフな言葉をつかってみたよ。全体的にラフなお話だよ。ラフって言えば聞こえはいいけど早い話がアホいお話だよ。こういう感じのもっと書いてみたいですです。

某所でも少しだけ主張してきたんですが、郁さんと手塚の関係ってほんとにほんとに可愛いしかっこいいよなあと思うのであります。勿論堂郁も堂上班もプラス柴崎も大好きですけど、なんつうかこの、同じ釜の飯を食らう同期の間に流れる無言の信頼感というか、こういうのがもう。まして最初はいがみ合ってた郁さんと手塚が歳をとって、同じ景色を目にしながら成長していく中で互いにこう、認め合っていくというよりは、単純に認識していく感じというか。なんかな!大好きなんですよ同期組まじで!ちょっと誰か一緒にてしばいく語りません!?ww

というわけで同期二人のお話です。非常に楽しんで書きました。たのしいのがいちばんだよな。うん。

 

あ、サイトのデザインなんとなく変えました。

すずやかにしたかったのよ。すこしは初夏らしくなったかな?

 

 

 

スパコミいってきたお

5月3日にスパコミ参戦しました!

なんというか、会場に、というよりは東京にたどり着くまでが一番きつかったww人身事故で予定時刻より一時間半遅れてしまうという…ほんとなんの罰ゲームですか…

一般参加だったんですが、ほとんどお客さんの退けた時間帯に到着しました。今回はACOさんとごいっしょさせていただいた、というかあこさんに連れてってもらったんですが(笑)、なんというか私は本当に電車一人で乗るの危ういな!と自分でも呆れたよ…自分が駅のどこにいるのかまず説明できないっていう…人ごみ歩けばすぐはぐれそうになるし、立ち乗りすればすぐ転びそうになるし…あこさんほんとすんません…(^q^)

今回は図書戦と艦これ見れたらなぁなんて軽い気持ちで行って、とりあえず普段からオンラインで仲良くしていただいているクラスタさんのブースに行って、わあああほんものだああああと一通りどぎまぎしておりましたwwすみよしさんとまるさんに再会できたのもうれしかった!みなさん、ほんとうに素敵なお姉様ばかりで、田舎者のおれはほんとうにここにいていいんだろうかとだいぶしんぱいになったりなったりなったり…

図書戦と艦これを軽く巡って、偶然オフ友が来ていたことを知ったのでちょっとおしゃべりをしに行ったり(友達は三次元が熱いらしい)、差し入れにたべっ子どうぶつminiを配ったり(いちばんすきなおかしです)、おなかへったからパン食べてたらいろんなクラスタさんがいらっしゃってあわててご挨拶をしたり(りんごジュースものんでた)、だいぶマイペースに過ごさせていただきました。ほんとすんませんwww

 

一応一日目終了まで居座って、そのあと数名のクラスタさんのアフターに混ぜていただきました。名前挙げてもいいかな?ACOさんとてけさんと鳥居さんと皆川さんとはらさんとすみよしさんとまるさん!ずーっとみんな一緒ではなかったけどかなりの大所帯!!そして神様しか居ねえ!!!ただでさえ都会の空気に圧されてぽかーんとしていたヤギは、メンバーの豪華さでさらに始終放心気味でありましたwwだって夢みたいだったんだもの…にしてもほんと電車(というか駅)慣れしてなくてごめんね…特にあこさんと鳥居さん…副班長してくれてありがとう…

新宿紀伊國屋も通過して(向かいにビックロがあって色々腑に落ちたよ)、カラオケと飲みで二十時すぎまで遊んでもた♡ほんとにほんとにたのしかったです。しんじらんないくらい。同じくらい緊張してしまってなかなかうまく話せなかったwwwくっそー今度こそはたくさんおしゃべりしたいなー!!

 

一日目はほんとうにたくさんのかたにお会いできて、中には贈り物をくださったかたもいらっしゃって、おれなんも出してないのにほんとうにすみませんごめんなさい状態で受け取りましたwwおしゃべりしてくださったみなさま、本当にありがとうございました!また今度どこかでご挨拶ができればと思います^^

二日目は武蔵境と吉祥寺でデートをしたので、そちらのお話も次回はさせていただけたらなと思います((ヤωギ))

 

 

 

完成された青をめざして

数日前の夕暮れ時の雨があまりに綺麗だったので、「fLavor.」というタイトルの雨のお話を書きました。つか最近雨の日のお話ばっか書いてんな。「君の名を呼ぶ」も「ワールズエンドガーデン」も雨降ってるやんww
田舎住まいの私は車で通勤をしているのですが、帰り道を包む降りしきる雨と、光を孕んだ青い夕時が本当に美しかったのでした。次の日、晴れ渡った春の朝の、足元に揺れるみずたまりの波紋がまたきれいで、風が真上をとおりすぎるたびにみなもがゆれて、ふりるのように浅瀬へと広がってゆくのが、息をのむくらい美しかった。みなさんも今度ぜひ、雨の日のほのくらい藍色や、みずたまりの何気ない小波を、ちょっとだけ眺めてみてくだされ。ほんとうにきれいです。春は目にうつるすべてが瑞々しくてぴかぴかで、息をしているだけで満たされてしまう。驚くべき季節です。春まじリスペクト。

私の暮らす東北の片隅でもいよいよ桜が咲きはじめました。日当たりのよいところから少しずつ満開になっていく!のに週末になると雨が降るのはなんなのかね!!
次の土日のどちらかには、だんなどのと小さくお花見をする約束なのです。あまからいおいなりさんと、だんなどのいちおしのスパムおにぎり(おれスパムって食ったことない)をこさえて、緑色のシートをしいておはなみを!するのです!てるてるぼうずをつくらねば!!
桜をみると、宇多田ヒカルさんの「SAKURAドロップス」をききたくなります。春の音楽は淡い。この季節にききたい曲が、たくさんたくさんあります。



ブルガリア

ヨーグルトはやっぱりブルガリアだよね。

本日13:30までにパスワードのご申請をいただいたみなさまにお返事をさせていただきました。お返事が遅くてほんとすみません…!!
先日、サーバーの調子が良くなかったのか、頂いたメールを受信できなかったという事例がありました。今のところ弾かせていただいたご申請はありませんので、未だに返事こねえな…というかたがいらっしゃいましたらpixivのメッセージでも大丈夫ですのでご連絡をください。うーん、なんで受け取れなかったんだろう…他にも同じような状態のかたがいらっしゃって不愉快な思いをされていたらと思うとつらい…だったらパスなんか付けんなよっつう話なんですが最低限の努力はしたいのです。私が十八歳になるまえ、同じような対処を、たくさんの憧れのサイトマスターさんたちがしてくださっていたので。

最近、私の大好きな大好きなほんとうに大好きなかき手さんが、ご本人にとって非常に不本意な理由でブログを閉ざされてしまいました。私はそのブログに立ち寄ることをいつもとてもたのしみにしておりましたので、さびしくて無念でなりません。とはいえご本人が清々されたのなら良し。あとでメールするね!(私信)
私がこのサイトのほとんどどこにもコメント欄を設けなかったのは、やっぱりクリエイターさんに対して心があるんだか無いんだかわからん言葉を遣うそういう誰かがいることを知っているからなのです。言うのも言われるのも億劫なんですわ。口喧嘩なら負けない自信がありますが、私はそんなやり合いのために美しいと信じている日本語という言語をつかいたくないのです。つっても日本語以外の言語なんざしゃべれんがなww
ご指摘はもちろん膝を正してうかがいます。でもそういうさー、ひぼーとかちゅーしょーとかはやめようぜーお互い時間の無駄だよ。今のところ私とコンタクトをとる方法はここのDMと支部くらいのもんですが、そんなようなの来たらどっちも全削除しますね。そんな輩かまっていられるほどおれひまじゃないからさ。お話あげる場所なんざぶっちゃけどこでもいいと思っているのでここにも支部にも拘りません。でもね。明らかすぎる案値はむしろ迎え撃つからね。おれそんなのは怖くないからね。
怖いのは書けなくなることだけです。二年間ほど何も書けなかった時期がありました。知っているからそれだけが今も怖いです。
あとのことはどうでもいいんだほんと。たぶん読んでもらえなくても構わないのです。自分が書いてて楽しきゃそれでいいんです。おはなしかくのはほんとにたのしい。

おや、明るくないお話でブログ埋まってしまう…ゆかいにすごしたいよね!春だもの!
にしてもお掃除しなきゃならないなぁならないなぁと思いながらそろそろ二時間経とうとしてるよね。すっげえだらだらしてるからもう立ちたくない…はるのごごはねむたいの…あさもねむたいのぅ…



ご連絡

引き続き、年齢指定部屋へのご申請ありがとうございます。本日までにいただきましたご申請のすべてにご連絡をさせていただいたのですが、お一方だけどう頑張ってもエラーメールで戻ってきてしまうお方がいらっしゃいました。

3月19日 19時24分頃にご請求くださいました伊東さま、ご記入いただいたメールアドレスにパスワードをお送りすることができません。よろしければ再度アドレスをご確認の上メールの送付をいただければと思います。なお、ご本人様に上記が伝わり次第この記事は削除させていただきます。申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

ご感想のメールもありがたく拝読しております。一件一件にお返事をしたいのですがなかなか時間がとれなくておりますので、こちらから皆様へのお礼をさせていただきます。楽しんでいただけて嬉しいです!ご感想ありがとうございます!送ってくださったお言葉は感謝を込めて読ませていただいておりますので、よろしければ今後も時折お聞かせいただけるとありがたい、というか単純にヤギのボルテージが上がりますww

とりあえず先日ピクシブに投稿した年齢指定のあれも載せておきます。やってるだけ!ごめんな!!

 

 

 

0 コメント

はなさくーおかまでーくちぶえーふいーてこー

先日、通院のために勤めを早退させてもらったとき、

久々に少しゆっくりとおもてを歩いたので、川べりで会う約束をするだけの教官と郁さんのお話を書きました。笑

そもそも私は趣味という趣味がほとんどない人間で、

しいて挙げられる趣味が言葉遊びと散歩くらいという、なんとも刺激的じゃないやつなのですね。

それもお散歩だって、膝が悪いから、そんなに長い距離は歩けないし、

歩幅も狭い(たぶん成人女性の平均的な歩幅の半分くらいしか一歩で進んでない)ので、そんなに遠くにも行けないんですね。笑

 

それでもなんでか歩くのは好きで、わずかにぽっかりと空いた時間にこうして、歩きながら写真を撮るのです。(撮るっつってもアイフォンでですけど)

散歩は街中よりも、水辺を歩くときのほうがうきうきします。

さいしょの写真の遊歩道とか(職場の真ん前ですけど)、

かめのいる池の周りとか(夏には睡蓮が咲きます)、

海のそばに住んでいるので海岸線なんかを(夏には足だけ浸かります)、

ひとひと、なかなか前に進めない足で進むのが好きです。笑

あ、これはね、さくらの樹です。桜並木がある遊歩道なのです。

つぼみが膨らんで、来月の頭にはいよいよ咲く気配をにじませています。

桜は大好きです。咲いてくれると泣きそうに嬉しいです。

日本人って本当に、どうしてこんなに桜が好きなのかね。不思議ですね。

散歩をするときは、ヘッドフォンをあてて、すきな音楽をたらたらききながら歩きます。

あるいは、うめぼしのおにぎりだの小さなお菓子だのを持っていって、そのへんの草むらやらベンチやらに座ってもふもふたべるのがすきです。

もちろんただただ歩いてるだけでもじゅうぶんしあわせです。私はお手軽な人間なので、紙と鉛筆とお散歩があればとりあえず元気でいられるのです。笑

ぼんやり歩いて過ごせるほど健全かつ贅沢な時間はありませんよね。

時間は買わねば得られない世の中ですけれども。

流れが早すぎて見失いそうになる多くを、なるたけ見過ごさないように暮らすのが、

「何事も適当」が座右の銘であるところの私のもつ、わりとひとつきりの目標でもあります。

その多くの中にもたくさんの言葉が詰まっていると信じているからです。

ことばはおいしいのです。むしゃむしゃ。むふふ。

 

 

 

 

 

はるのひかり

先ほど、「深邂」の三話目を更新しました。ひ、ひと月以上経っていた…すまんイクさん…

それと、年齢指定部屋へのパスワード申請のメッセージをお送りくださった皆様、ありがとうございます。

現時点(ええと、3月9日の午前10時20分です。じんどーさんブログは時間までは出ないのでいちおう)までに申請をくださったすべての方にお返事をさせていただきました。「あれっ返事来てないっすよ!?」というお方はいらっしゃいましたら、大変申し訳ないのですが今一度ご通知ください。今のところはじかせていただいた方はいらっしゃらないので、メールが届いていないか、単に私の不手際か、どちらかです。自信ないからもうあやまっておこう。ほんとうにごめんなさい。

それと、ご感想もありがとうございます。例によってここでは書きませんが、楽しんでいただけて嬉しいです。

 

三月になるとハチクロいっき読みがしたくなります!

が、今手元にないんだよなぁ…最終巻だけでも買ってこよっかなぁ…

ハチクロ読むと河川敷でおにぎりたべたくなります。たくあんがはいってるやつ。

 

 

 

あある

じゅうはちの部屋を設置しました。詳しくはtextsのページからリンクで飛んでください。giftの下にあります。

十八歳以上対象のお部屋ですが、適切なパス請求をくださったかたにはパスをお教えします。こんなこと言ったらあれですけど、おれがどんなに工夫したってネットの世界じゃ年齢だって性別だって自由自在なわけですから、年齢制限に関しては最低限の努力しかしてません。わたしまだじゅうごさいだけど、みたいなかたがいらっしゃっても私にはその判別がきっとできませんので、まあそのへんは自己責任でよろしくお願いします。ただし不快に思われても責任はとれませんですよ。今載せている年齢指定のお話はなんつうか、やってるやってないよりもこのテーマは絶対に万人受けしないというか、嫌な思いをされるかたのほうが下手をすると多いだろうなという自覚もあるので尚更です。成人済みのかたも条件は同じです。アレなテーマでごめんなさいね。

年齢制限部屋はとりあえず試験的に設置してみます。ただ私は性行為のお話を書くのも、そういうお話を置く部屋を管理するのも初めてなので、もしかしたらあまりよろしくない出来事が起こってしまうかもしれません。そういったことが起こってしまったら削除します。年齢制限部屋だけでなくこのサイト自体を消します。あんまり騒動事は得意でないのでそれがいちばんてっとり早い解決策だと思うからです。

一応上記と同じ文面をパス請求のページに貼っておきます。長くてごめんなさいね。たのしんでもらえたらなぁとは一応思っておりますので、なにとぞよろしくね。

 

私生活があわただしすぎて、そろそろ一人でパソコンの前に座っていることができなくなってきました。

ピクシブアカはほんとうに消すしかなくなるかもしれない…ロム専に移行するときには今と全然ちがう名前にしようと思ってます。なににしようかなぁ、@とかつかいたいよね。「ヤギ@肩こりが治らない」的なアレwwやってみたいwww

最近はツイッターのリプライ機能をつかって、職場の休憩時間にぼちぼちやってることが多いです。一人でおもてに出ていって、勤め先の向かいにある広い公園のベンチに座ってパン食べながらお茶を飲みながら書いています。風がなくて日差しがあればわりとあったかくすごせるよ。安っちいピクニックがだいすきです。笑

 

 

 

最高に

ねむい!!ちょうねむい!!!

オリンピック観戦症候群で寝不足ってことではなくて単純に眠くないときがないのです。でも今日は!!殊更に!!ねむい!!!

 

毎年二月から三月にかけてのこの時期って、個人的な波乱の場面に遭遇する率が高くて、そんで今年もついに来てしまいました…去年は比較的平穏無事に過ごせたというのに…なんなのにがつはやぎのこときらいなの…?少しばかりくじけそうですが今日、幼い頃の自分のアルバム(母が作っていた。七歳くらいのまでで、でっかいアルバム四冊分もある)眺めていたらなんというか、もっと幸せに生きなきゃバチがあたるなって思い知らされたので元気に過ごしていこうかとおもってはおります。愛されていたんだなぁ。ちゃんと解っていなかった。

にしても私は父にも母にもそんなに似ていなくて、なんというか母の弟である叔父に似ているんですけど(笑)、自分が大人になってからよくよく見てみると私は若い頃の母にそっくりでしたね。今まで自分が母に似ているだなんて一度も思ったことなかったというのに。笑った顔なんてそっくりだ。驚きました。

いくつになってもどれだけ心が塞いでも、とにかく両親への感謝の心だけは忘れないように生きていたいです。

 

オリンピック開催してる間にリアタイで何一つ見ないってのはさすがにさびしい気がするので今日はちょっと頑張ってジャンプ見ようかなと思ってるんですけどでも明日もご用あるんだよなー。午前二時…!

前に確か植物図鑑の「依存症」というお話で触れたんですが、私はたぶん元々夜型の人間で(夜間のほうが断然筆が進みます)、特に午前二時というあの時間が妙に好きです。開放感と閉塞感の入り交じってる感覚。最近は起きていられないけど、時折その時間帯に目が覚めることがあると無性に嬉しくて眠りたくなくなってでもすぐ寝てしまいますなww惜しいなぁwww

 

 

 

非常にいきおいのある

雪!吹雪!

湯たんぽ抱えてこんばんは。ツイッターとニコ生の呪縛からようやっと抜け出して、先ほどお話を更新しました。れいなさんへのお誕生日プレゼントとしてお贈りしたジレジレ期堂郁ですが、私は本当に!本当に!!じれじれとからっぶらぶとか書くの苦手だね!!痛感した!!何度も言うけど両片思いは大好きですよ大好物ですよなのになんなんだこの体たらくは…!!

 

普段はとしょせんに(それと最近はるろけんにも)うつつをぬかしておりますが、好きなジャンルはそこそこあって、ボカロも普通に好きで、その延長で歌ってみたも詳しくはないものの好きで、

中でもKKさんという歌い手さんが大好きで大好きでほんとうに大好きで、

そのけけさんをメンバーの一員とするクロウキャットというグループが現在!東北でのツアーを!行っていらしてだな!?

おれが住んでる県にも、おれが住んでるとこから小一時間の県外にもお立ち寄りになるというのにだな!?

どっちの日にもおれはどうしても外せない用があってだなあああああっ!?

この無念を!どう晴らしたらいいのか!どう晴らしたらいいのか!!こんな機会もしかしたらもうしばらくやってこないかもしれないじゃんね!?泣いていいか!?ないていいですか!?

とりあえずみなさま、ボカロ文化に耐性があってもなくても、機会がありましたらぜひけけさんのお歌をきいてみてください…!ほんと惚れるから!最高に素敵ですから…!

ちなみにボカロはどの子もかわいくてだいすきですが、カップリングだったらだんとつでカイメイが好きです。ガチです。カイメイ二次はもう市場にがっつり溢れてるんで自分で書いたことはないですがほんとカイメイ愛しいです。とにかくメイコがひたすらかわいいです。あの子ほんとかわいいですしにそうです。へらっとしれっと男前なカイト兄貴もまあ好きです。でもメイコすきーの兄貴でないとあんまり興味ないですwwカイメイ前提の兄貴がすきです。早い話がカイメイ大好きです。堂郁に劣らない勢いで好きですというかもしかしたら堂郁多少上回ってるかもしれない勢いで好きです大好きですすんませんそろそろ自重しますwww

つかこのブログ、いっそ堂郁語らなすぎて最早わろえないww堂郁への愛はしかしもう言葉では表せない域なのです。そうでもなきゃお話なんて書いたりしてないわ。それにしたって他ジャンルばっかですんませんwww

 

 

 

あわただしい

サイト支部ともにそれぞれお話を更新しました。

「来る未」はこの題名の他にもタイトル候補がたくさんあって、どれにするかしばらく迷いました。「街角」とか「六番線」とか「ターミナル」とか、たしかあとふたつくらいあった気がする。結局いつもどおり、きいてた曲のタイトルをお借りしました。やっぱり私は夫婦期書くの好きだね!夫婦期は一番自分らしく書ける気がします。気のせいかもですが。

あと支部に、ここにはすでに掲載していたとりーさんへの贈り物を載せときました。この、恋人期のきゅんきゅんとか上下官期のじれじれとか書くのはわりと苦手ですww好きなのになぁなんでなのかねwww

 

最近更新頻度が非常に高いですね!なんでかといいますとね!私事でたいへん恐縮なのですが先日転職先が見つかったのですね!でも今までより拘束時間が果てしなく長くなるから、そこではたらくようになったらたぶんほとんどサイトも支部も更新できなくなる気がするんですねえへえへ!!

というわけで現在がピークでこれより後は、早くも完全に倉庫じみてくるのではないかと…一人でいられる時間自体が減るのでたぶん今までみたいに書き進める時間もとれなくなるだろうからなぁ。こまったなぁ…書きたいのは色々あるのに時間と体力が追いついてこないんだお☆誰かこの脳内を完全具現化するボランティアしませんか…?いやなんでもない…

しかしながら今年は一生に一度の堂郁出会いイヤーなのだから、シケた面してないでたのしんでいきたいですね!やぎは!がんばるお!!(ヤωギ)

 

 

 

変わりゆくこと

が苦手なんだなってつくづく思った。

良いものであれ悪いものであれ変化は苦手です。

ぼんやり流れるように生きていたいしその際目に映るぜんぶを、力を抜いて受諾していきたくはあるし実際普段はそうできている気がしないでもないんだが、

時折こうして、唐突に思い知ります。変化は苦手だ。怖いし息がしづらい。

 

先日支部に、本日こちらにも、かてきょパロディの続きを掲載しました。忘れてないですよ!ただ手がのらなかっただけなんだ!

前にツイッターかどっかでも弁明というか言い訳というかをしたんですが、私自身は受験勉強というものを碌々したことがないので正直受験生ってこういう感じで合ってるんだろうか…といつも首を傾げながら書いてます。一生のうちに死ぬ気で勉強する時間があってもいいだろ、みたいなお話を各時代の担任の先生から同じようなテンションでされたけれども、とりあえず私は、死ぬ気で勉強するくらいなら死ぬ気でお話書いていたかったのでした。このまま右手が死んでも悔いはないと思えるくらい毎日書いていたかったのでした(当時はペンで書いてたからね)。授業もろくに受けていませんでした。だからできる教科と赤点どころかほぼ零点の教科にきれーいに分かれるんですよねwwそんな学生時代を、少し後悔しています。勉強、というか学習というものの意義をわかっていなかった。でもこれは社会に出てみないと何を言われても実感できることはなかったんだろうなとも思う。

心を占める少しの後悔を除くその他の感情としましては、私は間違っていなかったというその一点に尽きます。笑 他の人がそうなのかはわからんが、少なくとも私は多分これで良かったんだなと。文筆業で食っていこうだなんて一度も思ったことないのにね。それでも、誰に怒られても、「それでも今しか!十代の今この瞬間にしか書けねぇ言葉があんだよ!!」と強く信じていました。ここに未成年のかたが来てくださっているか私に知る術はありませし、偉そうに無責任な言葉を投げるつもりも勿論ありませんが、なんというか、自分が極力後悔しない選択肢を摘んでくことも処世術のひとつだと思うのです(全部を選ぶことって案外難しいものですからね)。絶対これっぽっちも後悔しない!ってのはなかなかハードだと思うので。ただ、そのとき何が一番大事かを選ぶこともひとつだと思うのです。将来 だったり そのための学習 だったり 音楽だったり 絵だったり スポーツだったり 言葉だったり まあ様々だけれど、何を選んでもきっと納得するし、後悔もする。だからせめて後悔が少なくあれる選択を。難しいけれども。

ちなみに心を占める少しの後悔並びに大きめの肯定、を除くその他の感情としましては、他の教科はともかくとしても歴史はもっと真面目に受けておくべきであった…というのが数パーセントありますよね…オリジナルで歴史のお話を書いているのですが大人になってから改めて本を手にとってもいやはや分からないよ!笑 でもまあそれもまた選択の副作用なんでしょうな。とりあえずTJ文庫買ったよね!読んでもさっぱりだけどね!www

なんだかよくわからない話をしてしまいましたね。とはいえ私もまだまだ発展途上の身ですので、さらっと流していただけると有り難いというかこんなブログなるものまで目をとおしてくださってるかたってどのくらいいらっしゃるのでしょう…長くてごめんなさい…

 

そういえば、拍手やっぱり外しました。ごめんなさい。別のサービス教えていただいたので色々試してみます。上げたり下げたりしばらく落ち着かないと思いますので、アレでしたらスルーしてやってください。

それと、ずっと放置していたスマートフォンの表示設定もなんとなくいじってみたよ…ほんと、見れればよくね?思考ですんません。

 

追記・支部にURL公開して、しまっ、た…

き、来て下さったかたいらっしゃいましたらよろしくお願いしますふふふー

 

 

 

くらっぷ

web拍手をそれぞれのお話に設置してみました。しかしFC2さんの拍手は初めて使うので、状況によってはいきなり外すかもしれません。ご了承ください。いや、ちゃんと作動してくれればずっと置いときます…ちゃんと作動してくれれば…はらはら

トップにカウンター置くかどうか迷ったんですけど、そこまでしなくてもいいかなぁとか思ったのでキリ番とかはやらない方向で。すっげえ過疎地だって自覚があるんでそうそう簡単にカウンター回らない気がするしね…

それと、以前ツイッターで連投させていただいたアナログ小話を再掲載しました。ライブ小説に見せかけただけの、実際まったくライブじゃなかった準備万端アナログ小話でしたwwいやいやライブとかもう少し度胸つかないと無理ですから!しかし画像少しぼやけますね、見づらいようであればこちらも一旦外すようにします。不都合ありましたらお知らせいただけるとありがたいです。

ここ数日、諸事情あってひたすらアナログを書いてます。昨日は五時間くらいペンを握ってました。久しぶりに手書きでけっこうな量を書いたんですが、元々手書きは好きなのでたのしかったです。まあ自分の字があまり好きじゃないので微妙な気分にもなるんですがね…パソコンで書くのも手書きするのもどっちも好きです。楽したくて大抵パソコン頼みになってしまいますがね。でも中学生の頃とか、ひたっすら大学ノートをボールペンで埋めてましたね…万年半端ないペンだこでした。それも当時は本当にお話を書きはじめたばかりなもんだから、ノートの空白さえ惜しくて基本改行がありませんでした。ページのほぼ全スペースに字がびっしりっていうwwこええわwww

あっ、もう午後も二時を回ったのか…いかん今日まだ何もしてないんだ…離脱します。笑

 

 

 

これくらーいのかーんじでー

昨日ピクシブに、間が空きまして先ほどこちらにも「マカロニ」というお話を更新しました。とある企画様への参加作品とさせていただいていたものです。きょうかんと郁さんがデートしてるだけのお話です。うちの郁さんほんとにピュアじゃなくてわろえない。

お話のもとになった「マカロニ」という曲はぱふーむちゃんの楽曲の中ではたぶん一番好きな曲なんですけど、これはただの食材としてのマカロニなのか、はたまた何か別の意味が込められているのか、そんな検証をしているサイトさんがありましてそういった推測の記事も楽しく眺めながら書かせていただいたお話でした。こういう、なんつうことない平凡すぎる、でも決して当たり前ではない日常をぼやっと書くのが好きです。いや、今更言わずとも知れたことか…こんなのばっかでしたね…

それと、数日前になりますがまたしても新しいパロディを書きはじめてしまいましたん…私の家の近くに「研究水族館」って呼ばれてる、カタいんだかゆるいんだかどっちなんだよとツっこみたくなる部類の水族館がりまして(どんなだ)、しかし研究水族館って言葉はなんか含みがあってかっけえななどと考えはじめたらこんなことに…wwwとりあえず勢いだけで一話目書いたので、正直最後まで書ききる予定がないのですが、思いがけずわりと好評だったのでできたら続けてみたいなぁと思っております。その前にかてきょだよね。とりあえず今月中にここで二話目は載せたいと思ってはいる…思ってはいるんだ…

 

ついったで散々別ジャンルを叫んでてまじすんませんwwという状態だったんですが、にしても現在私の中で久々にるろけんが熱い!熱いです!!元々好きな作品で、二年に一回くらい萌えの波が到来するという作品なんですが(笑)、今回はかつてないタイダルウェーブが来てましてついにお話をひとつ書いてしまいました…ww剣薫長いこと好きなわりに今までお話書いたことはなかったんですが…(だってござる口調とか難しいんやもん…あと単純にネタが浮かばなかったし私が書かなくても二次やってる神様のような方はたくさんいらっしゃったので…)もしも二本目が書けたらどちらもピクシブでのみ掲載、しようか…うーん…ちょっと迷ってます。別垢にしよっかなぁとも思ったんですがそれはめんどっちいなぁなどとwwある日ぽつんと二話くらい更新されてても笑わないでやってくださいね…

みんなるろけん読むべきだよ!歴史苦手なわりには幕末から明治あたりのお話好きで困ってしまいます。新撰組とかまじむねあつだよね…いや歴史興味なくてもがっつり楽しめる作品ですので!機会がありましたらぜひ!!(布教活動中)

 

 

 

ぷれぷれ

というわけでおととい無事?にプレオープンしましたーん。みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

支部にお話あげるのやめてこっちで一本化しちゃおうかなとも考えているんですが、支部のお話削除するの億劫に思って結局中途半端に同時進行、みたいな形になるんだろうな…支部あればサイトとか要らないと思ってたんですけど、ピクシブってなんやかんや言ってもやっぱりSNSじゃないですか。おれ…こうみえてけっこう臆病者なんだ…説得力の欠片もないのは自覚してるけどでもやっぱりおっかないと思うときもあるんだ…SNS…すでに懇意のみなさまとお話してるときはとてもたのしいけれど、やっぱり全く知らない人との交流ってたのしいのと同じ分リスキーですよね。もちろんそこからはじまっていった交流があったからこそ今こうやってサイトまで作るに至ったわけではあるんですがああもう何言ってるかわかんなくなってきた。

ともあれ、息の長い場所になったらいいなぁと思ってはいるのでww平に平によろしくお願いしますー。

あと、サイト見てて見づらい部分やリンク先がおかしい部分あったら是非教えてくださいwwコメント機能はあえて外してあるんですが、メアド以外に通信できる手段があったほうが嬉しいとのお声をいただきましたので少し考えてみようかなと思います。拍手小説やるほどの気力はないし、ブログコメントつけてもあんまり意味ないしねぇ…Gmailのアドレス下げてメールフォームくらいはつけてみようかなぁ。非公開のほうが書き込みしやすいですよねきっと。ちょっとかんがえてみまふん。

あとあと!リンク繋いでくださったかたがたありがとうございます!!うれしい!!

とりあえずご連絡いただいたお二人はこちらでも繋がせていただきますねーふんふん♡

 (ついき:メルフォ置いてみましたん。よろしくですです)

 

 

 

にせんじゅうよねん

ことしもよろしくおねがいいたします。

新年早々じんどーさん調子が悪くて萎えるんだぜ…!しかしもうすっかりタグ打ちとか使い方忘れちゃったんだよなぁ。なんだかんだでここがいちばんらくなんだよなぁ。うーん。

昨年はがっつり人間をさぼったので、今年はもう少しまじめに生活してみたいです。あと引っ越ししたいです。しかしながらこのあたりは三年前の大きな自然災害の影響で人口が増えたために、賃貸住宅がめちゃくちゃ不足しています。県内の人口は減る一方だってのにねぇ。いいんだかわるいんだか、とりあえず元からここで暮らしていた人間が隅っこに追いやられるってこの状況はちょっとおかしいとおもうんだがまあ言っててもしょうがないよねー。幸いにして今住んでいるこの部屋はかなり安価なので(かぁなり狭いですがね)、まだましなほうなのかなぁとも思います。

新年早々食ってばっかいます。あとよく寝てます。三月までにはもう少し痩せたい、というか痩せなきゃなんだがなぁ。どうしよどうしよどこまで食っても眠っても満たされん…

あきらめてエンジェルビート見ます。おすすめされたんだが今んとこ面白さがよくわからないでいる。とりあえずヒロイン格の女の子はえすおーえす団の団長に似過ぎててわろた。

 

 

 

暮れですね

暮れですね。
ここ数日は本を読んだりまんがを読んだりなかなかやる気の湧きおこらない大掃除をだらだら数日かけてやったりしておりましたヤギです。掃除は先が見えなくていつも不安になるから苦手です。でも他のことも大抵そう。料理をするのも映画を見るのもお風呂に入るのも、先が見えないのが不安で苦手です。なんでなのかねぇ。
先が見えなくても不安にならないのはお話を書いてるときとおもてを散歩してるときだけです。他のことはみんな不安が先に立つから苦手です。しかし人生はそこそこ楽しんでいます。結局私は書いていられればそれでいいんだよねきっと。
最近はオリジナルばかり書いています。二次は必要なもの数本を書きましたが、やっぱりしばらく間が空くと余計に書けなくなりますね。オリジナルと二次の書き方は結構違うので久しぶりに二次を書くと戸惑います。なんというか、消えたくなります。あまりにあれで消えたくなります。
年末年始もアウさんはお仕事の日の方が多いので、久しぶりにひとりでちょっとだけ大規模なお散歩などして遊んでみようかなぁ。でもだるくて引きこもるかもしれません。さむいしね。
年始よりも年末の空気のほうが好きです。暮れていく空。枯れ野原を揺らす風。終わりの色をはらんだ目に映るもののすべて。毎年思わずにいられないのですが、田舎町の年末はとても美しいです。十六時からの空は本当に、ながめているだけで意味もなく泣いてしまいそうなくらい美しいです。みなさんにも見せてあげたいくらい。
そういえば明日か明後日、久しぶりに支部を更新する予定なのですが、忘れてしまいそうではらはらしています。年末に上げないとほぼ意味のないお話なので。忘れたら一年寝かさなきゃならないなぁ。覚えていられますように。
ここの年内の更新はこれが最後になるかな。まだどなたにもお伝えしていない場所ですがいちおう。皆様よいお年をお迎えください。

 

 

 

くりすますます

イエス様おめでとう。

にしてもじんdーさんのブログちょっとつかいづらすぎやしねぇか?移設とかめんどいのでもうこのままにしちゃいますが。

おなかへりました。アウが帰ってきません。仕事が忙しいみたいです。きのうのうちにクリスマスの会(主に食いまくる)を決行しておいてほんとうによかった。肉がうまかったです。あとキッシュ。私はさっき実家で白菜の漬け物を一丼くらい頂戴してきたというのにすでにおなかへりました。なんなんでしょうね。肥える一方ですね来年のクリスマスにはヤギの丸焼きが食卓に並んじゃういきおいですね。こまったな。

全然関係ない話ですが、ツイッターで昨日と今日に分けて小さいお話を投下しました。ライン と クオリア というお話です。拾えたらよろしくお願いします。思い出したらあとでここにも載せます。思い出したら。

昔オリジナルでクリスマスのお話を書いたことを思い出します。戦争のある世界の黒づくめのサンタさんのお話でした。せかいにさちあれ。

 

 

 

さむいですね

だーれもいない場所で、だーれにも知られずにこういう場所を作るのが好きです。

皆様こんにちは、またはこんばんは。lyreでリラでりらです。はじめましてのおかたは来てくださってありがとうございます。

しばらくぴくしぶで二次創作のお話を載せてきたのですが、色々思うところがありまして奥に引っ込むことにしました。特に深い事情があるわけではないです。単純に、私は人ごみが苦手だったなぁということを唐突に思い出しただけなのです。笑

いつまでつづくかわからない場所ですが、過去作を含めましてぼんやり更新していく予定です。ぱったりいなくなったりとかしょっちゅうですがあまり気にしないでやってください。閉鎖するときは一応事前に申告しますってまだはじめたばっかだってのにこの体たらくだよwww

とはいえまだ今は空っぽなので(とか言いながらテストがてらブログ書いてる人)、もう少ししたらお世話になっている場所にはURL貼らせていただこうかなと思ってます。来年頭くらいまでかけてのんびり準備する予定です。とはいえ私は機械がめっぽう苦手なので基本的には文章ぶっこむだけです。綺麗さとか華やかさとか皆無ですのであらかじめご了承ください。

それでは今日ももう少し工事してきます。

 

 

 

おめでとう、美しいひとよ

 こんばんは。

 このブログ、時間表示設定のオンオフがあったんだなってたった今気づいたみおです。

 こうなったら意地でもつかわない。あえて自分で時間帯を説明するという中途半端なアナログ路線でこれからも邁進します。※いらない宣言

 というわけで、現在10月22日の終わりを迎えつつあるところです。

 あと二分ほどで今日も 今日 がおわってしまう。今日は地元の大きな公園で開催されている陶器市に母と行ってきました。ふたりでお皿を選んだり、母のこさえてくれたおべんと食べたりしました。秋らしい曇り空の下。たまごやきとソーセージと、チーズのはさまったカンパーニュ。わたしと母のふたりだけの思い出になる日。そういう日が増えるたびに、愛しいようなさびしいような気持ちになるのはいつものことで、どうしたらこういう淋しさを抱えすぎずにいられるのかなと、日に何度も考えてしまう。やっかいなものです。

 あ、ちなみに私も母も元気です。笑

 健康すぎるほど健康。言い切れるからこそ思う。しあわせだ。

 

 今日もうっかり要らない前置きから入ってしまった。ブログ書くのいつも少し緊張するんですよ…だからたぶん無闇に冗長になってしまう。いつの間にやら日付も変わってた。すみません。

 さきほど、恋人期のお話をひとつ掲載しました。「ABCのうた」という、タイトルから何一つ察せない系のお話です。笑

 今月上旬より本オープンされました「茨城県産純情培養乙女誕生祭」という企画様に、ご縁あって参加させていただきました。このお話はそちらへの寄稿作品で、そして、当方のいわゆるSSというやつで初めてまさかの一万字超えちまったよ作品でもあります。笑

 ながい。いやでもこれ最初はもっともっと長かったんです。戦闘シーンとか後日談とか含めて二万はあったと思う。削って削って一万五千字まで落としました。いやさすがににまんは、読んでくださるかたも疲れちゃうかなって。気が向いたときに、さらっと楽しんでいただきたいので、短編のにじそーさくは基本的に「できるだけ短く」のスタンスで取り組んでいます。短すぎるのも物足りなさの観点からしてどうかなと思いはするけど。

 活字平気だよってお方は、まあ平気だと思うのですが、字に慣れていらっしゃらないかたに二万は結構重いかなって。というわけで、字数的にはそれほど優しくないお話です。申し訳ない。

 「茨城おとめまつり」との略称をお持ちのこの企画様は、郁さんのお誕生日をお祝いする作品、というテーマを掲げておられます。作品末部にてこちらのサイトのリンクを貼ってくださっているので、もしかしてもしかすると、あちらからいらっしゃったお方もこれを読んでくださっているのではと、今更はたと気づきました。こんな辺鄙なところまでお越しいただきましてありがとうございますと、いるかもわからないどなたかにとりあえずお声かけしておく。

 いつものお話の三倍近く長くなってしまった作品ですが、その分愛情は込められるだけ込めたつもりでおります。お時間のあるときに、のんびり覗いていただけたらありがたいです。よろしくお願いします。

 

 

 

2016.10.04

続きを読む

あぶらかよ

 こんばんは。現在十九時前の涼風の中におります、みおです。

 家の向かいに草むらがあって、鈴虫の声がりんりん楽しい夜です。朝晩は特に、すっかり秋めいてきましたね。みなさま体調等崩されませんようご自愛ください。わたしはすこぶる元気です。

 

 更新のご案内です。R18作品です。未成年のかた、ごめんなさい。近々また別のお話を載せる機会があると思うので、許していただければと思います。

 本日更新した「リセット」というタイトルのお話、なんか私どうしても「リセッタ」に見えてしまって油かよ! ってさっきから自分でツっこんでいます。わあどうでもいいはなし。

 一旦リセットして当時の感覚で、というなんとも伝わりにくいお話です。笑 久しぶりに年齢制限のお話を書いた割にはそこまでがっつりした内容でもないです。ただ教官が普段以上に変態です。ごめん堂上。

 個人的になんとなく、そうしようとしているのかいないのか自覚もないんですが、雄々しい文章のときには改行を少なくしようとする傾向があります(読みづらいですよね、すみません)。で、今回は特に教官がわりと甘え気味なので、女々しさ全開で改行多めにしております。こだわりというほどでもなくて、ただなんとなくそうなってしまうだけなんですがね。しっかりしろ堂上。

 というわけで、教官がなんかお前キモいよ堂上、という雰囲気のお話です。笑っていただけたらもっけの幸い。よろしくお願いします。

 

 今月はぎっくり腰になったり(よくある)、とても簡単に作れるクッキー作りに瞬間風速的にハマったり(基本料理はそれほど好きじゃありません。笑)、あとは二泊三日で長野に行ったりしました! 長野、初めてお邪魔しましたがたのしかったです。これを読んでくださっているかたの中にも、いるのかなぁ。長野のかた。あるいは信州のかた。おじゃましました。笑

 遠いところにいても、好きな作品を介して、顔も知らないどなたかとお話しできるというのは、とてもありがたいことですね。最近切にそう感じます。

 私はプロフィールにもあるように、東北の端っこに暮らしております。ここでは頑張って標準語を書こうとしておりますが、実際のところは浜訛り全開です。とうほぐにー、あそびきてくんちぇー。いやここまでではないか。でもまあ訛ってます。笑

 そんな流れでなぜか思い出したのですが、もうすぐスパークですね! 私は今年も参加できなくて今とてもさびしい気持ちでいっぱいなのですが、行かれるかたはぜひぜひ道中お気をつけて! たのしい思い出がたくさんできますよう、お祈りしておりますね。

 

 

 

思っているだけ

 くがつですね。みなさま夏をいかがお過ごしでしょうか。みおです。

 九月は大好きな月のひとつです。きらいな月がそもそもないんですけど、その中でも好き、という感覚です。たぶん季節の境目が好きなんだと思う。三月も六月も好き。移り変わる四季をいつも、憧れのような気持ちをもって感じています。最近、朝晩はとても涼やかになって、空気がさらりと乾いて、息がしやすいです。夏も秋も好きです。冬も春も。ひかりのいろがそれぞれにちがうから。

 

 最近はなんにも二次創作をしていなくて、人様のめぐんでくださるあれやこれを、文字通り拝みながら拝見しております。しあわせです。二次は基本ロム専なので、やはり見ているほうが好きなんだと思います。神様たくさんいる。ちじょうにおりたったかみがみ。

 そんな暮らしぶりだったのでこちらもすっかり放置してしまっていたのですが、先日お得意の青い鳥SNSにて、「ふぁぼきた数だけまったく作る予定のない同人誌のタイトルとあらすじを書く」というタグで遊ばせていただきました。ちょうど去年の今頃にも同じものをやらせていただいたのですが(ブログ参照)、予想以上に楽しかったのでまたいくつか書かせていただきました。

 で、今回は「私がやってみたかった」ってだけの理由で、ちょいちょい本文抜粋、みたいな遊びを付けたので、別頁作ってリンク貼る仕様にしました。笑 どんだけたのしんでるんだってツっこまれそうですね。基本的にいつでも自分が楽しみたくてやっています。すみません。笑

 というわけなので、内部リンクを貼らせていただきます。

 こちらから!

 どうぞ。1ページ目の終わりから次頁に飛べます。

 実際には全く書く予定のないものばかりです。パロディだのn番煎じだの盛りだくさんです。あえて明言しておりませんがバッドエンドもあります。ご注意ください。

 

 という感じで、私はだらだらのんきに夏を過ごしておりました。笑 あとはお祭り行ったり花火したり、おおなんか青春! みたいなこともしましたよ(年甲斐もない)。それと、セブンイレブンの温州みかんのかき氷にハマっていました。あれすごくおいしいです。まだ売ってるのかな。

 ポケゴもやっていましたが、容量重くなってきたのでそろそろあがりにしようかなと思っております。でもぴかちゅうにはあいたい。そして容量重たがってるわりにはあんスタ入れてしまったり。みんな顔がかわいい。fineが好きです。会長とお近づきになりたいです。笑

 としょせんは今月から、また少しずつ書きはじめようかなと思っております。更新の際にはまた、こちらからアナウンスさせていただければと思います。よろしくおねがいいたします。

 

 

 

冬から夏へとめぐる二人

 みなさん、こんにちは。みおです。

 現在、時刻は十四時を回ったところです。昼間にブログを書くのはずいぶん久しぶりだな、と思いつつ、編集ページを開いております。ブログだけでも、正確な時刻の表示される外部サイトさまにお世話になればいいのかもしれませんが、私はこの、自分で説明しないと時間もわからない不便さが、なぜだか逆に好きです。なんでもかんでもプログラミングに任せちゃうのがもったいないのかもしれません。日記を書いているときの時刻も空の色も、自分でいちいち説明する、この中途半端に不便な感覚が楽しいなと、とりあえず今は思っています。

 

 いつもいつも、前置きが妙に長くなってしまうのですが、今日はさくっと更新のお知らせに入ります。一大ニュースだからです。私にとってもみなさんにとっても、です。

 みなさま、大変です。

 トップの更新情報をご覧いただければ一目瞭然なのですが。現在ピクシブにてご活躍中のこなさんが。あの大人気書き手さまのお一人であるこなさんが。なんと私などのために。お話を。お話を。書いてくださったのです。

 ちょっと、あの、こちらをご覧いただいておりますみなさまの多くのかたも、ご存知かと思います。こなさんです。あのこなさんです。最初に「みおさんへお話を」とのDMをいただいたときには驚いてしばらく呼吸が止まりました。これは本当に本当の話で、ちょうど勤め先でお昼の休憩に入ったときだったのですが、うっかりおべんとばこ落としかけました。ついでにスープボトルも滑り落としかけました。目も当てられないほど動揺しました。それほどに突然のお話で、嬉しさよりも驚愕のほうが上回ったのでした。笑 今回掲載の許可をいただくことができましたので、こちらに置かせていただく運びとなりました。

 こなさんのお話はそれこそ、ピクシブに登録した頃から拝読しているのですが、もう。もう。たまらないですよね。こなさんのお書きになる教官と郁さん、二人とも、かっこいいんです。かっこいいのに可愛いんです。二人とも。大好きなお話がたくさんあって、これがオススメ!と簡単に言えないほどなのですが、なんていうんだろう、生きているんです。本当に二人や他のキャラクターが、そこにいて、生きていて、彼らの戸惑いや悩みを抱えながらも、日々をたのしんで、ちゃんと息をしている気がするのです。

 ああ!足りない!語彙が足りない!よんでくださいってしか言えない!ピクシブに登録されていないかたでも大丈夫ですよ、全年齢のお話であればログインせずとも拝読できますからね!!※謎のピクシブステマ

 そんな、お話に鼓動をもたらすまさに神のような書き手さまであるこなさんが、このちっぽけなヤギに贈ってくださったお話です。いつもそうなんですけど、こなさんのお話に出てくるごはんとかお菓子とか、いつも美味しそうで毎回おなかがへります。今回いただいたお話もね、正直、夜中にお読みになるのはおすすめできませんよ。就寝二時間前の拝読をおすすめしますよ。ほんとにドーナツ屋さんに駆け込みたくなりますからね!笑

 それで、僭越至極とはまさにこのことなのですが、そのすてきなすてきなこなさんのお話に、後日談のような形でお話を贈らせていただきました。私のほうは相変わらずのモヤっと花曇り感がぬぐいきれていなくてお恥ずかしい限りなのですが、せいいっぱいかきました。(真顔)よろしければ、ついでに眺めてやっていただければと思います。

 こなさん、ご覧になっているかどうかはわかりませんが、貼らせていただきましたー!DMでは言い忘れてたんですけど、ヤギはオールドファッションがいちばんすきですーー!ありがとうございますーーーー!!※関西目掛けて声高に

 

 今日は土曜日で、私はオフなんですが、お休みの日って本当にあっという間にすぎますね…大好きな漫画を読み返していたらすっかり午後になってしまっていました。笑

 夜から予定が入っているので、これからあわあわと用を片付けてきます。それでは、本日はこれにて!

 

 

 

夜の真ん中

 こんばんは。

 ただ今、時刻は間もなく夜中の一時を回ろうかという頃です。とても静かな夜です。今音楽を聴きながらこちらを打っているのですが、そういえば車の運転中以外に音楽を聴くのは久しぶりです。運転をしていると、左から入って右に流れ出ていくんです、音楽。やっぱり、お茶を飲みながらゆっくり向き合う音楽はいいなぁ。満たされ方が全然違う。

 それと、夜中にキーボードに触るのもだいぶ久しぶりです。冬の間、特に年始の頃は、この時間くらいから数時間文章を打っていたのですが、いかんせん体力がないものですぐに熱を出して寝込みました。笑 だけど本来、私は真夜中のほうが言葉を繰れる人間なので、この時間のほうがいいんだよなぁとも思います。基本夜型なんです。昼間は空が明るくて好きだけど、自分の中の彼らの心の移り変わりや心象風景と向き合うには眩しすぎるのです。真夜中、二時が、一日の中で一番好きです。言葉と向き合いやすい時間帯。いつさやの「依存症」はちょうど二時頃に書いたお話です。

 

 いつものことながら前置きが長い。更新報告に移ります。笑

 先月末に、「花と嵐」というお話を更新しました。各所にてご感想をくださったかた、どうもありがとうございます。

 青い鳥SNSで仲良くしていただいております、梅ユカリさまからのリクエストというかお題というか、とりあえず「苦手意識」というテーマをいただきまして書いたお話でした。花に嵐、という言葉は、そもそもは「花に風」という諺を元に、小説家・井伏鱒二氏が遺した言葉です。「花に嵐のたとえもあるさ さよならだけが人生だ」というフレーズを、耳にしたことのあるかたも少なくないのではないかと思います。意味は辞書を引いていただければすぐに出てきますが、平たく言うならば「いい場面で入りこむ邪魔のこと」、というニュアンスの言葉です。ちなみに「苦手意識」というこのお題に対して、堂上さん目線のお話を書くことも考えたのですが、時期がちょうど花の綺麗な季節だったので、郁さん目線のこちらのお話を贈らせていただきました。梅さん、リクエストどうもありがとうございました!

 それから、本日更新しました家庭教師パロディ「感傷と数式」の番外編のご報告です。「空の名前」というお話です。0.5、と番号付けされているのは、単に1より前のお話だから。高校生郁さんが、まだ堂上さんとそわそわしないでお話しできていた頃の一幕です。笑 こちらは本来、件の青い鳥SNSで時折やらせていただいている、千字くらいの小話の一つとして載せていたものです。せっかくなのでウェブにも貼っておこうかなと思って、加筆修正したものを更新しました。かてきょパロは基本的に、私の中のJK郁さん18歳と院生堂上22歳(途中から23歳)に対する萌えをただひたすら集めて煮詰めて昇華させたシリーズなので、読んでもらえるだけいいかな、という印象がどうしても拭えません。笑 少しでも楽しんで、そして同意していただけたら嬉しいです。その折には是非DMください。お待ちしております。笑

 いずれも、とても短いお話です。本来短いお話を書くのはそれほど得意ではないのですが、アイフォンで長文はやっぱりきつくて、なんとなく二千字前後で止まってしまいます。少しずつでも長いお話を書けたらいいなぁ。年内に群青終わらせることをひそかな目標としているので、地道に頑張りたいなと思います。笑

 

 ああ、夜中だ。こんな時間に起きていられるのは久しぶりで、嬉しくて眠りたくないのですが、日中は予定があるのでそろそろお布団に入ります。

 命の数だけ、などと大仰なことは言えませんが、こちらを読んでくださっているあなた様の、これから続く日々の夜が、その一夜一夜がどうか優しくありますように。

 では、おやすみなさい。

 

 

 

冬の京

こんばんは。みおです。
先日は簡単なご報告のみの日記になってしまいましたが、そんなわけでささやかながら日頃のご愛顧感謝企画でした。ご感想を寄せてくださったかたもいらっしゃって、とても嬉しいです。どうもありがとうございます。
先日わたわたしながらの日記になってしまったのは、翌日からちょっとした旅を控えていて、その準備が間に合っていなかったからでした。笑  というわけで、京都に行ってきました。学生の頃、部活の演奏会で舞鶴には行ったことがあったのですが、南部の観光は今回が初めてでした。京都、やっぱり素敵なところだなぁ。とてもたのしかったです。京都は、言葉がやわらかいですね。私の住んでいる場所は割と口調が強い土地なので、京都の方々がお話しているのを聞くのはなんというか、とても癒されました。笑  何より、ずっと行ってみたいと思っていた土地だったので、鴨川の流れを見た途端思わず「おおお京都ー!!」と叫んでいました。笑  ずっと以前に仲良くしていただいていたクラスタさんの数名が、京都の方々だったので、あああの神様たちはこの素敵な街に暮らしていたのだなぁと感慨を覚えました…
旅行、ものすごく好き、というわけではないのであまり行かないのですが、今年はもう何箇所か行けたらいいなぁと思っております。

さて、ここからはただの宣伝なのですが、最近某所にて、一次創作の掲載を始めました。ここにURLを貼るのは控えさせていただきますが、関心を持ってくださるかたがもしいらっしゃいましたら、DM等でお声かけいただければと思います。
不特定多数のかたにオリジナルを読んでいただく機会を初めて持ちました。のんびりたのしくやれたらいいなぁと思います。



きすのかくげん

 すっかり日差しは春めいてまいりましたね。みなさん、こんにちは。

 さきほど、企画としてのお話を更新しました。textsの「event」というところにあります。かの有名な格言をお借りしての企画です。たくさんの文章ではないのですが、少しでも楽しんでいただけたらうれしいなと思います。

 できればここで、今まさに沈みゆかんとする日の光を窓の外に眺めつつ、ゆっくり日記を書きたいのですが、ちょっと色々ありまして時間に余裕がなくなってきてしまったので(笑)、惜しいのですが後日また来ます。みなさまどうぞ、素敵な土曜の夜をお過ごしください!

 

 

 

御礼

みなさん、こんばんは。みおです。
間も無く二十時を迎えようかという頃です。おもては雪が降っています。雪などめったに降らない土地なので、時折窓辺から外をのぞいてはそわそわしております。雪は好きだけど、運転が怖いなぁ。ですが昔、雪国に住んでいたことがあって、その頃の雪に比べればはるかに優しい降りかただな、とも思います。はらはら光を帯びながら注ぐ結晶の美しさが、少し嬉しい夜です。

今日は更新のお知らせではなくて、みなさまへのお礼を申し上げたくてブログを書いております。
ひっそりと設置しておりましたR18エリアへのパス申請のご連絡が、なんと、百名様を超えておりました。びっくりです。もっと名の知れたお方の大手サイト様であれば百なんてちっぽけな数なのだと思います。ですが、こんな、日陰にわずかにさした陽だまりみたいに小さなサイトに、こんなにたくさんのお方がいらしてくださって、かつ鍵のかかったお話を読んでみたいと思っていただけたことを、とても嬉しく、ありがたく思います。
申請のメールをくださったかたも、全年齢を大切に読んでくださったかたも、丁寧なご感想をお聞かせくださるかたも。何よりまずこのサイトに訪れてくださったあなた様へ。改めてお礼を申し上げたく思います。いつもお付き合いくださいまして、本当にありがとうございます。こんなに息の長い場所になるとは、正直思っておりませんでした。
そう遠くならないうちに、ひっそりとお礼のお話を更新できたらなと思っております。全年齢になるかRになるかはまだ未定ですが、ここでだけ公開するお話にしたいなと考えています。リクエストとか、受け付けたほうがいいんでしょうけどね。でもなんだかそこまでするのもはずかしいので、私が思いついたいつものダラっとしたお話をダラっと掲載しますね。笑

地域によっては、明日にかけてまだまだ激しい寒さが続くようです。みなさまの心身がともにあたたかくあれますようにと祈りつつ、本日はこれにて失礼いたします。どうぞ、素敵な冬の一幕をお過ごしください。



大丈夫、あなたなら

 こんばんは。

 夏は涼しく冬はあたたかいという、比較的過ごしやすい気候の地域に住んでおりますが、今日は冷え込みが激しい一日となりました。めったに降らない牡丹雪までちらついたので、車通勤の身としてはかなりハラハラしたのですが、小一時間ほどで積もらずに止んでいきました。わあ…冬だ…笑

 そんな本日はもう何度目かのカミツレデート記念日ですね!拙宅におきましても、先ほどひっそりとお話をひとつ更新させていただきました。

 先日、「two become one」のまめこさんへとお贈りしたお話です。「遠くの街で」というタイトルなのですが、これはもうほぼ完全にまめこさん個人へとお贈りしたお話なので、今作はピクシブへの掲載は控えさせていただきますね。そう、今回はサイトでしか読めないお話!です!ふっふう!

 まめこさんとは、おもにピクシブやツイッターで仲良くしていただいております。仲良くさせていただけること自体が奇跡と思っております。まごうことなき本音です。こちらを読んでくださっている皆様の多くのかたも、ご存知でしょう。まめこさんのとしょせん!まめこさんの!どういく!!

 な ん で あ ん な に 萌 え る ん だ よ ! ! ! !

 堂郁書きの神々のお一人として慕っております。もうもうもう!かっこいい!かっこいいんです!教官!篤さん!!どうしてあんなにかっこよく書けるのでしょう。うちの堂上にまめこさん堂上の爪の垢煎じてのませてさしあげたいわ。そして教官の隣に並び立つ郁さんがこれまた少女でありながら女神なのです。キャラクターの個性がほぼほぼ原作そのままに出ていながら、さらに発展した二人と周辺の姿を見せてくださいます。優しくもストイックな文章から滲む躍動感と高揚感。私に無いもの盛りだくさん!もう一度申します。神として慕っております。

 まめこさんがあんなにご丁寧なお言葉でもって拙宅のお話について語ってくださったというのに、ヤギときたらこの体たらくですよ…あの、とにかく、素敵です。というか私が懇切丁寧に説明せずとも、皆様もうご存知のはず。まだまめこさんの堂郁に出会っていないかたがいらっしゃいましたら、上記のリンクからも、なんならこちらのサイトの「Link」ページからも、これからはアクセスすることができますので!※ステマ上等

 まめこさんのブログにも本日、私が不相応にも贈らせていただきました同じお話とリンクを貼っていただいてしまいました。どうしましょう。この上ない恐縮です。恐縮というか不安です。あの素敵な作品の群れの中に不純物として紛れ込んでしまった感半端ないです。とりあえず、気持ちだけはしっかり込めて書きました。まめこさんに伝わっていればもういっかなっていうお話ですが、もしよろしければ、さらりと眺めてやってください。

 まめこさん、このたびは掲載ならびにリンクをどうもありがとうございました!

 

 

 

新春のごあいさつ

 新しい一年がはじまりましたね。こんにちは。またはこんばんは。みおです。

 お正月、というか、新しい一年が来ることを表す日本語がたくさんあって楽しいな、と、最近つくづく思っております。新春と言ってみたり、迎春と言ってみたり。年賀状の書き出しなんか見ていると顕著ですよね。先日届いた親戚からの年賀状には、「敬頌新禧」とありました。はじめてみる日本語だったのでテンション上がりました(などと書くとまるで私が外国の人みたいですね。笑 日本人です)。それと、年賀状の書き出しに句読点を使ってはならないとのお話を初めて聞いて、慄いております。ほんとだ!テンプレートを見ると、改行で読みやすくはしてあっても「、」とか「。」とかつかってない…!理由は聞きそびれてしまったので、これからググってみようと思います。

 日本の、静かでありつつもきちんと新しい年に感謝を表する元旦の過ごしかたがとても好きです。とはいえ、外国の「ハッピーニューイヤー!Hooo!!」も明るくて賑やかで好きですけどね。笑 堂上夫妻はどんなお正月を過ごすのかなぁ。それぞれの実家に帰省して過ごすのでしょうが、おそらく大いに飲まされるのは笠原家の方だろうな…兄貴が三人もいるんですもんね。いいなぁ、笠原家のお正月たのしそう…

 

 昨年は私事にて色々とありまして、明るく楽しい一年だった!とはとても言えない年でしたが、今年はもう少し精力的に毎日を楽しく過ごせたらいいなと思うようになりました。自分から、外へ出れる人間になりたいです。私おうち大好き人間なので、放っておくといつまでも外に出ようとしないのですよ…及び腰になりがちな旅行とか(好きなんですが事前の準備で疲れきってしまうのです笑)、日帰りでもちょっとした遠出とか、今年はもう少し楽しめたらいいなと思っております。どんだけインドアだよヤギ…

 お話を書くという観点においては、もう少しコミカルなお話を書けるようになりたいです。暗いし硬いですよね。わかってんだよなぁ。なんで毎度花曇りの展開になってしまうのか…笑

 私、このサイトに管理画面も含めてカウンターをつけていないので、日々どのくらいのかたがここにお越しいただいているのか本当に知らないんですけど(笑)、今年もこの小さいひだまりみたいな場所で、ぼちぼちだらだら書いていられたらいいなと思っております。

 それでは、お付き合いいただけるみなさま、本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

何もかもが思い通りになんかならないけれど

こんばんは。
すっかり日付が変わってしまって、現在零時を回ったところです。ねむたいです。ねむたいのですが、とりあえず飲んでおります。ふわふわするしねむいです。※寝ろ
昨日になってしまいましたが、新しいお話を掲載しました。「西高東低」というお話です。言葉の響きが綺麗なので、一度お話のタイトルとして使ってみたいなと思っていた言葉です。なんかきれいじゃないですか?せいこうとうてい。
タイトルの由来はさておき、今回は久しぶりに堂上夫妻のお話です。つらくて逃げ出すほどではない、本当に些細な、それでもなんとなく思うようにいかない日々。そんな時間でさえ全力で楽しみに行く郁さんと、郁さんを眩しく見つめながら隣で笑う篤さんが書きたかったのでした。本当はクリスマスのお話を二十五日までに書けたらと思っていたのですが、なんとなく気がのらなくて、いざ聖夜が明けてみたら、急に二十六日の二人を書きたくなったのでした。なんというか、不思議ですね。やはり二次創作、というかお話を書くという行為は、自分の日常が確固たるものであるほどに現実味を帯びてくれるのかな、と思いました。
脱線してしまいましたが、そういうわけで、休日を家の中でダラダラ過ごす堂上夫妻のお話です。ダラダラ書いたので、よろしければのんびりダラダラ読んでみてやってください。少しでも皆さまの息抜きのお手伝いができたら、これ以上嬉しいことはないです。



ぼんやりしている間に、今年も残すところあと数日になってしまいましたね。
個人的には、二次創作はもうやめにしようと思ったり思わなかったり、なんだか人様をたくさん巻き込んでしまったな、と反省したり、他にも色々、総括すれば良い年だったとは言えない一年になってしまいました。来年はもっと、人を大切にしたいです。それと、群青もいい加減進めたいです。笑  頭の中ではもう完結してるのになぁ…笑
でも今年はね、レバー食べれるようになったんですよ!ずっと苦手だったんですが、最近ちょっと好きなくらいです。レバーの焼き鳥おいしいですね…今も頂いております。あと、カフェオレも飲めるようになりました!コーヒーが苦手で、カフェオレもずっとのめなかったのです。飲めるものが増えると、世界の見え方ががらりと変わりますね。笑  お砂糖入れなきゃつらいけど!カフェオレおいしい!でもコーヒーは克服できる気がしないな!!
気づけば私事ばかりで申し訳ありませんが、皆様がどうか良き年末と新年をお過ごしになれますようにと、ヤギはひっそりお祈りしておりますね。年末の、高みへと向かう空気が大好きです。どうか風邪など召されぬよう、そしてその空気の中で皆様の2015年が昇華されますようにと願いつつ、本年の幕とさせていただきます。
それでは皆様、良いお年を!よろしければ、来年もよろしくお願いいたします。




ひとりの心

こんばんは。もうすぐ日付変更線を跨ぐという時刻です。続いた雨のせいか、今日はあったかかったなぁ。
すでに一日前の話になってしまったのですが、新しいお話を掲載しました。「Nowhere gray」という、手塚夫妻のお話です。タイトルは一応ダブルミーニングで、「どこにもいない灰猫」という言葉をどう捉えていただけるかで変わってくるかなと思います。「どこにも(居ることのできない)灰猫」か、「どこにも(もう)いない灰猫」か。テーマにしたわけではないのですが、ウーバーワールドさんの「NOWHERE boy」という曲を聴きながら書きました。寂しげなのに美しいメロディが大好きなナンバーです。
思い出せる限りでは、恐らく初めて手柴のピンを書きました。てしばいくはたまに書いていたのですが、手塚と麻子ちゃんの心情描写って私にとってはとても難易度が高くて、今まで真面目に書いたことがありませんでした。でも最近とても手柴熱が高くてままならなくなって、普段以上に稚拙な文章になってしまうことは百も承知で、それでも愛だけはこめて書きました。笑
手柴!いいです!いいですね!今までも普通に好きだったんですが、実写以降急速に惹かれております。実写のお二人本当に素敵だったもんなぁ…不慣れではありますが、手柴はどうしても書いてみたいお話がもうひとつだけあるので、そのときまたリベンジをはかりたいなと思っております。まだまだ表しきれない部分が多すぎる。うーん、頑張ります。

それはそうと、最近全然堂郁を書いていません…。先日更新した「箱の中」も、前述どおり、以前から書いていたものですし…笑
私事になってしまうのですが、今月の末に学生時代の友人が結婚式をするので、そのための準備やら何やらであわあわしています。私、式の余興って初めてやるんです!笑  べつに踊ったりはしないんですが、とてもたのしみだなぁ。
あと、結婚式のたのしみなところは、日常ではなかなか着ない綺麗なお洋服を着れることですよね^^  お洋服は本当に不思議です。着ているものがちょっと違うだけで、胸がどきどきしてしまいます。
そんなわけで、普段は女不肖している私が、めずらしくファッションだのメイクだのヘアセットだのを研究しております。こうやって、きれいなものを見ている時間は楽しくて大好きです。女子でよかったなって思います。へへへー^^



誰にも言えない

 こんばんは。現在、夕方の六時を回ったところです。お休みの日は過ぎていくのが本当にあっという間で、少しさびしいです。

 本日未明に、R18部屋に新しいお話を掲載しました。「箱の中」というタイトルです。どんなお話かは、敢えて触れずにおきますね。色々アレなお話なんですが、楽しんでいただけたら嬉しいです。少なくとも書いている私は楽しかったです。特にラストが。笑

 最近、ハイペースでお話を書けていて、自分でも少し驚いています。こんなにペース早いの、としょせんの同人始めた数年前以来じゃないかな…

 最近ここに掲載したお話は、どれも愛機のMacではなく、アイフォンで書いたものです。今までは携帯でお話を書くことってそんなになかったんですが、最近はお話を書くのに便利なアプリを入れたり(文字入力アプリです。すごく使いやすくて助かっています。字数カウントもしてくれますしね)、苦手だったフリック入力を練習したりして(友人にラインでがんがん話しかけてもらっています。笑)、環境の向上に努めた結果が出たかなと!笑 なかなかパソコンの前に一人でゆっくり座る時間が取れないので、空いた時間に少しずつ書く練習もしてきました(元々一気に勢いで書くのが好きなので、一旦間が空くと何も書けなくなってしまうことがあったんです)。練習、というか、お話を書くのは私の数少ない、それでいて最大の趣味なので、楽しいことを楽しむためにしてきた特訓なのかもしれませんね。

 R18のお話は、正直書いていると途中で飽きてしまうことが多くて(笑)、これも半年以上前に半分くらい書いたのをずっと寝かせていて、最近ようやく終わらせたものです。私のR18は本数が少ない上、半分がパロディなので、これからは気が向いたときに、夫婦になってからのものや、小毬や手柴も書いてみたいなと思ってはいます。そのときにはまた、さらさらっと眺めてやっていただけたら嬉しいです。




どういくのひ2015

過ぎちゃいましたね!笑
それもどういくのひだったのに、真っ先に小毬更新してるのなんて多分私くらいのもんですな!笑
というわけで、新しいお話を掲載しました。「明日、世界がどしゃぶりの雨でも」というタイトルです。積極的に明るいお話ではないと思います。実はこれを書いているとき風邪で少しだけ寝込んでおりまして、がんがんする頭でぼんやり色んなことを考えながら書いたお話だったのでした。
終わってしまったものが拓く何かもあるといいな、と、たまに考えます。拓かれた何かを、見逃さずに見つけられる人間でありたいな、とも。
というわけで、またしても万人受けからは遥か遠いテンションのお話です。笑  でも、少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです。

そんなわけで、すっかり風邪をひいておりました。皆さんも体調管理にはくれぐれもお気をつけください!まあロボットじゃないのだから、いつでも健康でいられるほうが珍しいと思います。そんなときには少しだけのんびりする時間が、皆さんの手元に訪れますように。
で、そんな中ではありましたが、見てきました。ラストミッション。見てきましたよ。
見てきましたよ…!!!!
これに関しては、また別の機会に感想をきちんとまとめてから、ワンクッションを置いて掲載させていただきますね。私は地元の映画館で、一人で観覧してきました。のどが良くなかったのでマスクをしていったのですが、マスクとても役に立った!!おひとりさま観戦を予定されている方は是非!マスクあったほうがいいです!!色んな意味で使えます!!笑
絶対DVD買っちゃうと思います…ブクメモといっしょに…まさかここまでハマってしまうとは実写!公開している間にもう一回は見に行きたいなぁ!来月忙しいからまだわからないけど!
これから来館を予定されているかたは、是非是非楽しんできてください!もう見たよというかたは、これからもがっつりフォローしていきましょうね!GOGOGOGOGOGOGO‼︎‼︎





こころのかけらをうけとる日々に

本日、「読書感想文」というお話を更新しました。アイフォンからの更新はいつでも緊張します…アプリ落ちるのではないかといつもヒヤヒヤしてしまいます。笑
先日テレビ放映されました、「図書館戦争  ブックオブメモリー」を受けてのお話です。私、原作の頃から恋の障害のお話が大好きなんですけど、まさか実写で小毬を拝める日が来るだなんて…!それも予想をはるかに上回る出来映えだったなんて!あの日の自分に教えてあげたい!もしもタイムマシンがあったら!!
地上波放映された実写一作目も特別ドラマも、録画しておいて後日ゆっくり拝見したのですが、私、正直なところそれほど実写好きじゃなかったはずなのに(きらいなのではありませんよ。いまいち馴染まなかっただけなのです)、久しぶりに実写見たらなんだあれ!なんだあれ!!普通にとしょせんだ!!と悲鳴をあげながら視聴しました。笑    ドラマに至っては号泣しながら見ました。田中教官のかっこよさに悶え泣きしましたし、何よりつちやたおさん演じる毬江ちゃんの健気さと強さにボロ泣き食らいました。本当にお見事。スタートから終わりまで、完全に中澤毬江さんだったと、個人的には思っております。
まだラストミッションは見ていないのですが、体調に問題がなければ、週末におひとりさま映画でソワソワしながら観覧してこようかなと計画しております。映画館なんてずいぶん久しぶりだ!おひとりさま映画なんてさらに久しぶりだ!どきどきします!
俳優さんたちと、製作に携わるスタッフの皆さんの熱意が、これでもかというほど漲る素晴らしいドラマだったと思います。映画を観に行かれた方々の声も聞きましたが、多分ラストミッションも予想以上に凄いのだろうなと、なんとなく思っております。楽しみだなー!はやくこいこい土曜日!
で、そんなバカ高いテンションのまま書いたものですので、伝わりにくい部分もあるかもしれません。静かに絆を育てていく小牧さんと毬江ちゃんの、言葉通りの「読書感想文」です。文調や互いの勧める本の内容、修正や誤字の位置なんかにも、一応意味を込めて書きました。少しでも届いてくれたら、嬉しいです。





「群青」の二話目を更新しました

 こんばんは。

 すっかり秋めいてきましたね。七月から夜眠るときのお布団には夏掛けを使っていたのですが、昨日はさすがに寒さで厚手の掛け布団を出しました…それでもここ数日、私の住んでいるところは気持ちの良いくらいの秋晴れが続いていたので、昨日今日だけで洗濯機八回は回しました。四季はどれも好きですが、秋の好きなところは気候がよくて過ごしやすいところです。空気が澄んで、明るくて、眼に映る多くのものがきらきらして見える季節。花の色も枯葉の色もそれぞれにきれいで、金木犀や落ち葉のこおばしい香りがたくさん漂って、五感のすべてで体感できる季節ですよね。あったかいお茶も一層おいしくなってきました。今もそろそろ二十二時を回ろうかという頃ですが、ガラスポットに緑茶をいれて飲んでいます。お茶おいしいなぁ。だいすきです。

 私事ばかりで数行を消費してしまいましたね。言葉が捗るのもまた秋の効能ということにして。

 本日、「群青」の二話目を更新しました。オリキャラが多いお話なので、読む方を選ぶ中編だなぁと自分では思っております。いわゆるちょいキャラならまだしも、お話の流れに大きく関わってくるオリキャラが多いのですが、実は以前からそんなお話も一度書いてみたいなぁと思っていたのでした。自分の世界観を小出しにしつつ、でも二次創作だよ、くらいのスタンスを目指したいなと考えています。そのバランスが難しいのですがね…もう少し原作の力強さを反映できたらな、というのも今後の課題です。年末までに完結できたら奇跡、くらいのペースでですが、少しずつ進めていけたらなと展望しております。

 

 それと、こちらのメールとピクシブDMのお返事を少しずつ進めさせていただいております。毎度反応が遅くて申し訳ありません。どのお言葉も、有難く拝読しております。少しでも楽しんでいただけたら嬉しいなと、ひっそり思いながらゆっくり進めていきます。

 それと、よく把握していなかったんですが、もうすぐスパークなんですね。去年は急用が入って行けなかったっけな、とぼんやり思い出しております。今年も参加の予定はありませんが、御本を販売されるかたも、お目当ての新刊があるかたも、めいっぱい楽しんできてくださいね^^

 

 

 

組んでいく

せっかく中編を書き始めたので、プロットを使ってお話を書く練習をしています。
普段から、どれだけ長いお話を書いてもプロットは使わない(作っても結局その通りにおさまらない)のですが、今回の中編は登場人物がやや多いことと、彼らの心情をひとつひとつ追っていきたいなとの思いから、プロットを作ってみることにしたのでした。どうしても勢い任せになってしまう傾向があるので、一歩引いたところから出来事を俯瞰するところから始められたらいいなぁと思います。
いざ書き始めてみると、お話の流れを書くだけでも結構大変です。笑  とはいえ手書きをすること自体は好きなので(字は下手くそですがね)、思ったより楽しんで作業をしています。普段から何を書くのにも、音楽を聴きながら進めるのが好きなんですが、最近は今更ハマってしまった米津玄師さんの歌ばかり聴いています…かっこいい…ループとまらない…米津さんまだにじゅうよんさいとか…うそでしょ…ブルブル
とりあえず郁さん目線での流れはまとまりつつあるので、他のキャラの心境も合わせながら、緊張感と勢いのある、それでいて繊細なお話にしてあげたいなと思っております。教官をひたすらソワソワさせたいです。がんばります。笑



そういえば最近、私生活で消しゴムはんこの製作を強いられる場面があったんですが、消しゴムはんこめちゃめちゃお手軽ですね!でも私は、彫刻といえば石だの木だのをひたすら掘り続けたいタイプなので、正直消しゴムじゃものたりなかったです。笑
今度柔らかい石を拾ってきて、何でもいいからガンガン掘りたくなりました。田舎だから木片もそのへんによく転がってるし、浜に降りれば流木もあるかな。
ちなみに彫刻刀は小学生のときのを使っています。持ち手がラバーになっている、ほりおくん、という名前のついた愛刀です。笑



群青

 こんにちは。

 先日のブログにメールをくださった方々へまずはお礼を。お言葉をどうもありがとうございます。正直もうここ誰も覗いてねぇだろ…と割と本気で思っておりましたので、素直に驚きました。その分とてもうれしいです。ありがとうございます。後ほど改めてお返事をさせていただきますね。

 それと本日、中編の一話目として、新しいお話をひとつ更新しました。群青、というタイトルです。東京事変さんの「群青日和」から拝借しています、というのはここだけの話。

 残暑に真冬のお話というのもオツすぎるんですけど、時系列を辿っていくと、この設定を放り込めるのがこの、稲嶺さん勇退後からカミツレデートまでのわずかひと月ほどの間だけだったっていう…私もほんとは夏ないしは秋っぽいお話にしたいなぁとか思ってたんですけど無理でした。笑 アレでしたら年末まで寝かせてからお読みいただければと!笑 いやそれまでに書き終われてるのかっていうそこなんですけど…

 郁さんの、「初恋」のお話です。それまでの郁さんの片思いを軽んじる意味合いはまったくないのですが、それでも個人的に、きっと郁さんの本当の意味での「初恋」の相手って、教官だったんじゃないかなって思うのです。(そうであってほしいからそう思ってしまうのかもしれませんがね。でもなんとなく、そんな気がするのでした。少なくとも我が家の郁さんに限っては)

 それと、今回は極力、文章中の言葉遣いを原作に寄せて書けたらいいなと思って努力だけはしております。有川先生のパワー漲る言葉の力を少しでも勉強したくて、とりあえず文庫の危機を買ってきました。笑 原作は今まで、「明日の街」を書くときどうしても必要だった革命の文庫しか持っていなくて、(昔はハードカバーで揃えていたんですが紛失してしまったのでした)久しぶりに原作の文章に触れたのですがやっぱり公式が最王手ですね…!元々読むのは内乱と危機がツートップで好きだったんですが、改めて痛感しました。もう!だいすき!としょせんだいすき!!最近角川文庫さんのカバーも、ハードカバーの装丁を核にリデザインされたものが出てとても嬉しいので(ハードカバーの表紙大好きなんです)、この機会に残りの四冊もゆっくり集められたらなぁと思います。いい大人なんだから一気に買えよって話なんですが、本をまとめて買うのあまり得意じゃなくて。そのときどうしても読みたいと思ったものをゆっくりお迎えする、くらいのスタンスが一番気分的には落ち着くようです。

 すっかり脱線しましたが、そんなわけで原作は相も変わらず神でした。神でした。※二度

 実写映画は観に行くか少し迷っております。実写二作目自体は楽しみなんですが、耳が少し弱いので映画館の音響が苦手なんですよね。一緒に行けそうな友人に声をかけてみようかな。




ご無沙汰しております

ご無沙汰してております以外の第一声が思いつきませんでした…!ごぶさた!しております!!生きております!!

色々ありまして!

元気だったんですけど!

正直なところ無気力症候群に打ち勝てないまま九ヶ月過ごしました。どれくらい無気力だったかって、今年海行ってないんですよ!この私が!海大好きっ子の私が!徒歩三分で行ける海に!!※知るかよ

パス申請のご連絡もせずに、まずは本当に申し訳ありませんでした。時間をかけて、本当にやっとなんですけど、ここに戻る気力が湧いてきました。笑

昨年末からほとんど文章をパソコンで書くことがなくなっていたので、今これ打つのもミスタイプ多すぎて泣きそうです。そんなてのひらでですが、そろそろ何か書きはじめようかなと最近思い始めました。得意の書く書く詐欺フラグが立ちそうですけどね。もう立ちましたかね。折りに行けたらと思ってはおります。

とりあえずの第一歩として、サイトのPCレイアウトも秋らしくしてみました。ロゴも無料メーカーさんで作ってみましたよ。ヤギかわいいですよね////※自画自賛

で、今更新できるお話が手元に何一つないので、せめてものアレで申し訳ないのですが、先日某snsにて上げておりました「作る予定のない同人誌あらすじ」をここに貼っておきます。大体堂郁です。140字の壁に阻まれて詳しく書けなかった部分を少しですが加筆しておきます。少し長いので、お時間のあるときにでもさらっと流していただければ嬉しいです。




【フォロワーさんにもらったタイトルで同人誌のあらすじ書く】

(1)「やさしい好奇心はうしろむき〜真夜中は修羅場〜」堂郁(上下官期)

創立100年の歴史を持つ高校図書館が良化隊の標的とされた。戦闘開始は一般人のいない夜間となり、図書特殊部隊は深夜の高校に陣営を構える。堂上班は図書館内で二手に分かれて待機、その際郁は堂上が学生時代に愛した本と、彼の思い出話を聞く。


(2)「残響」堂郁(恋人期)

当麻蔵人事件後、笠原郁には異変が起きていた。射撃訓練の際、耳に必ず雨音の幻聴が発生する。恋人となった堂上にも打ち明けられぬまま時が経ったある日、抗争時の火器使用を禁ずる旨の条例案が持ち上がる。銃声にトラウマを抱えてしまった郁の内面の動きを描く。


(3)「夏酔い」堂郁(恋人期)

例年以上の暑さに見舞われたその年の夏、郁は堂上と縁日へと出かける。熱気と浴衣と人ごみに目眩を覚えた郁は、堂上に介抱されて金魚掬いの屋台の裏のベンチで休む。飲み物を買いに行ってくれた堂上をぼんやりと待っていた郁の元に、幼い頃の堂上篤が、金魚の入った袋を携えやってくる。


(4)「猛暑日の堂上班」堂上班と柴崎(堂郁恋人期)

誠信じがたい話ではあるが、特殊部隊事務所の空調は規定により十七時丁度に切られる。それより先の残業は扇風機のみで乗り切らねばならない堂上班に、定時上がりの柴崎がパピコの差し入れを持ってくるのだが…誰と半分こするかで苦悩する堂上笠原手塚の動揺を追う。



【ふぁぼきた数だけまったく作る予定のない同人誌のタイトルとあらすじを書く】

(1)「I.D」堂郁(夫婦期)

春の夜半、些細なことで喧嘩をした堂上夫妻。堂上は家で自棄気味に飲み続け、そろそろ頃合かと十時過ぎに、郁が駆け込んでいるであろう先の柴崎に電話をするが、来ていないとの返答。その頃郁は満天の星空の下、度数4%の缶チューハイを片手にふらついていた。郁のルーツと二人の絆を描く。


(2)「スクエア」堂上班(堂郁上下官期)

雪積もる夜の抗争中、銃弾を避けるため堂上と郁は良化隊の10tトラックのコンテナに飛び込む。そのままトラックは走り出してしまい、二人は荷物に隠れて、無線で小牧たちに現在地の手がかりを報せる。図書隊は二人を回収できるのか、そして冬の寒さに凍える二人の運命やいかに。


(3)「夏が還る、きみは笑う」堂郁(夫婦期)

火器使用に関する法令改正が実現したその年の夏、様々な雑務に追われて気づけば八月も終盤に差し掛かっていた。夏らしいことがしたいと主張する郁を、堂上は向日葵畑に連れていく。出先で贈った麦藁帽子と白いワンピース。堂上の目に瑞々しく映る夏の日の郁の姿を書く。


(4)「追憶」郁と稲嶺

当麻蔵人事件後の休日、稲嶺家へ挨拶にやってきた郁を稲嶺はにこやかに迎え入れる。手入れの行き届いた庭を眺めながら、郁は稲嶺が語り始めた、この家で重ねた在りし日の奥方との思い出に耳を傾ける。出会いの春。小さなけんかと、最後の夜。稲嶺夫妻の壮絶かつ穏やかな過去に迫る。


(5)「鈍の花」堂郁(恋人期/R18)

抗争の片付けが済んだ雨の夜、右太腿に擦り傷を負った郁は女子更衣室で着替えをしていた。そこへ、郁の怪我に気づいていた堂上が顔を出す。浅い傷はしかし、郁に、かつて堂上が同じ箇所に負った傷の記憶を彷彿とさせた。更衣室で互いの存在を確かめ合う二人の営みを描く。


(6)「群青」郁→堂(上下官期)

男の子に生まれたかった。もっと可愛い女の子になりたかった。恋心の最中、笠原郁は苦悩していた。逞しさを求める自己と、乙女で居たがる純情。自身の心の在り方の狭間で揺れる郁に、特殊任務が入る。関西図書隊男子寮で「男」として、ある人物を監視する役目だった。


(7)「マドラス」堂郁(夫婦期/R18)

夏らしいベッドカバーが欲しいと言って、二人で選んだマドラスチェックのカバー。極彩色の交わりの上、横たわる郁の肌は息をのむほど白かった。宵街に見つけた金魚の風鈴。汗をかいたフロートグラス。手に触れる命の確かさと、不確かさ。十四時の夫婦の睦み合いを描く。


(8)「ライトヒア」堂上班と柴崎(堂郁恋人期)

今年で我らが堂上小牧一正が図書隊に配属されて丁度十年になるらしい。郁と手塚と柴崎は、二人に内緒でとあるサプライズを用意する。しかし決行予定日の午後、突如良化隊が図書館に攻め入ってくる。今回標的とされたのは、堂上と小牧にとっても思い入れの深い一冊だった。


(9)「円か」郁→堂(上下官期)

笠原郁はその年の冬、早朝ランニングを日課とすることにした。児童公園や河川敷、誰もいない住宅街。その姿を目にした隊員の話から堂上は郁の日課を知り、ひょんなことから共に走ることに。普段は犬猿の仲の二人が、ジョグの最中の会話と沈黙を繰り返しながら近づいていく様子を追う。


(10)「結び」堂→郁(上下官期)

我が班の山猿部下が、早朝のランニングを日課にしているらしい。郁の日課に同行することになった堂上は、郁の後ろを走り続ける。喧嘩、時々笑い声。そんなとある朝、どうしてランニングを日課にしているのか尋ねた堂上に、郁はこう答えた。「あたし、もっと強くなりたいんです」


(11)「ラストセレナーデ」堂郁(恋人期)

良化法過激派組織に笠原郁が拉致された。犯行声明と共に拘束された郁の姿が添付されたメールは特殊部隊を激震させる。部下であり恋人でもある郁を連れ去られた堂上だが、添付画像の中に郁が残したヒントを見出す。一方郁は朦朧とする意識の中、内側からの脱出を企てていた。




上記のうち少なくとも二つを形にしたいと思っております。無事に書きあがった折には、眺めてやっていただけると嬉しいです。

いつになるかはまだ未定ですが、のんびりお付き合いいただけるとありがたです。それでは本日はこれにて。




おくりつけ申し訳

giftにお話を二本追加しました。普段からお世話になっているお二方への贈り物というか送りつけやがってすみません物というかまあそんなアレですアレアレ
ACOさんへおくりつけさせていただいたものは、もう半年以上前にピクシブにて既出です…いちおうあこさんのお描きになる美しい美しいこの上ないほど美しい堂上さんと郁さんをイメージして書かせていただいた…んですが…やっぱり今読み返しても至らない…あこさんの絵の美しさに…貴様の文章はどう読んでもやはり及ばないよヤギ…!!!
あこさんごめんな!!!!そのうちまた飲もうな!!血涙
もうひとつ、こちらは昨年末にむつはるさんへおくりつけさせていただきました。やはり今改めて読み返してみたんですけど、いつも以上にもやっとした文調だな…もう少し違う作風をめざしていたはずなんですが…早朝のデ◯ーズに居座って三時間ほどかけてどうにか書き上げたのでありました…たのしかったけどやはり作風がry
むっちゃんおたおめ!いつでも!お荷物!待ってますね!!※いい笑顔




すみません…!

  皆さんこんにちはあるいはこんばんは。2015年もいつの間にかはじまっていましたね。今年もよろしくお願いします。
  で、新年早々のブログがお詫びからとか幸先悪いことこの上ないのですが、それでもお詫びから入らなきゃならんのです…
  R18部屋のパスワードの件です…わたわた色んなことに追われていてメールフォーム確認するのすっかり忘れておりました…催促のご連絡を頂いていたお方もいらっしゃって、まずは本当に、申し訳ありませんでした。本日までに頂いたご連絡には先程すべての皆様にお返事をさせていただきました。あれ私来てないぞこらヤギ!というお方がいらっしゃいましたら、再度のご連絡をいただけると有り難いです。

  ここ数ヶ月、PCの前に座る時間がほとんどとれなかったものでして、この記事も出先でこさえたものですから誤字脱字ないか正直かなり不安なんだぜ…!ああでもこれは言い訳ですね。男らしくないのでこれ以上はだまります。※貴様は雌だろうがヤギ
  これから頂くご請求へのお返事も、少し、いやだいぶ、遅くなってしまう可能性があります。そのときには改めて申請ページでお知らせさせていただきますが、場合によってはパス申請を一時的に打ち止めさせていただくかもしれません。身勝手なばかりで申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。






よいどれ

 冷蔵庫を開けた途端郁が泣き出した。何事かと慌ててベッドを飛び降り、備えつけの小さな冷蔵庫にしがみついて泣く丸っこい後頭部へと堂上は手を伸ばす。

「何した郁」

 問いかけるのとほぼ同時に振り向いたショートヘアがキッと堂上を睨みつけた。怯む間も無く酔いどれのアルトがわめく。

「きょうかんのっ、ばかあああああ」

「は?何でだ俺なんかしたか」

「プリン!たべたぁ!あたしの!」

 プリン?堂上は眉を顰める。

「お前の分入ってるだろ、ほら、そこ」

「違うッ!これプレーン!あたしのカボチャだった!期間限定!」

 威嚇の声量が増し始めた恋人に堂上はクワバラクワバラと内心手を合わせる。チェックインする前に人気のケーキ屋で調達してきた二人分のカスタードプリンは確かに先ほど、郁の入浴中に先に頂戴したが、それぞれ種類が別のものであったことさえ堂上は気付いていなかった。

「あー悪かったよ、また買ってやるから」

「無理ですよおおおちょう人気なんだからあああああ今日は運がよかっただけなのそれなのにいいいいいい!」

「普通のじゃダメなのか」

「ちがうううううかぼちゃああああああうわああああああ」

 ああクソめんどくせぇ可愛い。堂上は郁のとなりに屈み込む。度数三パーセントの缶チューハイおよそ半分で出来上がる酔っ払い。なんとも経済的である。

「郁」

 まだ呼ばれ慣れない呼称にひくっと跳ねた肩に堂上は苦笑する。ああ畜舎ほんと可愛い。ずるい。可愛い。お前が悪い。大の男をこんなに酔わせて。次の一瞬には何を思うより先にその細い肩を引いて口付けていた。押し付けるような強引さが我ながら浅ましい。それでも止めたくなくてさらに踏み込む。乾いた唇で郁のなめらかな肉を肌を産毛をなぞる。やがてゆっくりと離れてもなお、逃げられぬよう顎を指先で持ちあげた。まだほんのりと温い湯上がりの肌。その先でほのかに開かれた唇。紅く火照っているのは今、まさに今、吸われたばかりだから。甘くてやわらかくて可愛くて愛しくて堪える間も無く二つめをしっとりと刻む。郁。合間にささやいた声に、ひうっ、と無声音の吐息が混ざる。

「俺が悪かった。何でも一つ言うこと聞く」

 今更入れた詫びはしかしやや放心状態の恋人の耳にも納得の形で届いたらしい。今度から困ったときにはこの言葉使おう。ひっそり心に誓う。

「もっかい」

 何でも一つ。ほとんど考えている間は無かった。我に返った堂上の目前、赤い頰の恋人は、ぽつり呟く。

「キス、もういっかい」

 ああもう。束の間天を仰いだ堂上はやがて正面の凶悪な天使に対峙する。

「一回でいいのか」

「うそ。いっぱい」

 心得た。肯定の代わりに堂上は改めて口付けを贈る。ぱたんと閉ざされた冷蔵庫から離れて、二人は唇から解け合う。揺れるように漂うように、ひとつきりの夜は流れる。



fin.




 *




こんにちは。またしてもご無沙汰しておりました、みおです。

上記のお話は去る11月19日・いいいくの日にアイフォンで三十分くらいでさささっと書いた小話でした。某所で公開したのですが何かと雑な文章だったためすぐに消そうと思っていたらコメントまで頂いてしまって、なんだか普通に愛着が湧いてしまったのでとりあえずこちらにも載せておこうでも短すぎるしブログなら許容範囲かなぁとかもにゃもにゃ。しばらく書けないだろうと思っていたとしょせんですが、こんな小さなお話でも書いてりゃ楽しいものですよね。最近、泣いている相手をキスで泣き止ませる的なシチュエーションが俺の中で話題になっていたのでそんな感じで書きました。これぞまさに俺得。どやぁ


先月の更新の後に、数名のお方から「サイトやめるのか」と尋ねられまして、ううんどうしたらいいのかなぁとぼんやり考えて、とりあえず残せる間は形を変えてでも残しておこうかなと思うようになりました。お声掛けくださった皆様、どうも有り難うございます。

まだ色々と未定ですが、他作品の二次創作とか、お目汚しにならない程度に一次創作とか、置ける部屋を増設できたら、残す価値も(自分の中で)多少は上がるかなって、勝手に考えております。まあ他作品二次書く予定まだ全然無いんですけどね。いや書きたいのはたくさんあるんだ…るろけんとかRDGとか…RDGなんて正に今がうってつけの季節になりつつあるので普通に書きたいですよねみゆみこみゆみこみゆみこ※思うだけならタダ

もう少し時間を大切につかえる人間になりたいなぁ。来年あたりから頑張ろうかないやしかし。

適当な管理人で申し訳ないばかりではありますが、細々と続けていけたらいいなぁと思っております。よろしくお願いしますうへへへへ。




どういくのひ

一週間の連載が本日で終了しました。ますはお読みくださった全ての皆様へ、心から感謝の意を申し上げます。どうも有り難うございました。

書いていて楽しかった、と素直に言えないお話になってしまったのは、書いている数ヶ月の間に私事で色んなことが重なってしまったからでした。でも逆に言えば、そういうつらいことや悲しいことがたくさんあったから「七つの愛」はこういうお話になったし、こういう終わり方になったのかなぁとぼんやり思っております。そういった心情を二次創作に反映させることが良いことなのかどうかはわからないけれど、少なくとも今は、このお話を書くことができたことに素直に満足しております。というか一週間続けて更新することができて、そのことに何よりほっとしております…どうしてもね、今日、完結話を更新したかったのです。だって今日堂郁の日ですよ!?みなさん!!(知っとるがな)

最近ほんとね、笑っちゃうくらい、忙しくてねwwそれこそ座る間もないくらいだったので、毎日更新とか絶対無理って思っていたのにちゃんと続けられたんだからなぁ…無理かもしれないと思ってしまうようなことでも意思次第でどうにかなるものなのかなぁ。すべての事象がそういうものであればいいのに。

えっと、色々脱線しましたが。

ピクシブの更新をお読みいただいたかたはご存知かもしれませんが、そんなわけで色々ありまして、楽しんで二次創作を書くことが出来なくなってしまいました。外から何かされたり言われたりしたというわけではありません。ただただ私のベクトルが今現在、どうしても図書戦へは向かないのです。勿論としょせんは大好きだし、もう何年も追いかけ続けてきた作品だから、思い入れももう他のどんな作品のそれにも及びませんが、それは楽しめる生活がある、という条件が第一前提としてあってのことであり、その前提が崩れてしまうと、残念なくらい、自分の二次創作が薄っぺらいものに思えてしまう。不思議なものです。

ので、しばらく二次創作をお休みすることにしました。今はささやかな隙間時間を利用して、某所でほとんど自分のためだけの一次創作をしております。このサイトもどうしようかな、と今は悩んでいるところです。せめて一年は続けたかったけれど、こうなってしまうともう存続すること自体意味がないのかも。ピクシブアカウント削除してこちらを残すこともできるけれど、どうしようかなぁ…あ、すみません今アルコール入ってましてwwちょっと饒舌が過ぎましたねwww

何はともあれ、本日は堂郁出会いの年の、堂郁の日、です!!たくさんの素敵な素敵な素敵な作品がそこここで更新される日ですね!あと数時間ですが、私もこれからネサフという名の大航海に出ます!笑

みなさまも、どうか素敵な堂郁の日を!最後までお過ごしください!

 

 

 

七つの愛

唐突に連載はじめやがってしかも早三日目ですすみませんこんばんは\(^q^)/
七つの愛  というお話です。どんなお話かをここで話すのは野暮ですので、気が向かれてた折にはさらっと眺めてやっていただけたら嬉しいです。
しかし今諸事情あって、たぶん今までの人生の中である意味一番過酷な時期を生きております…もうめちゃくちゃ必死です。なのでお話をどうにか更新するので手一杯で、結果ブログにお知らせを載せられぬまま三日目に至ってしまいました(^q^)しかも昨日更新分の二話目のリンク貼り忘れてたしね…あはっ…あはははははっ((^q^))
何はともあれ、今年も差し迫ってきた1019の日に合わせて進めていけたらと思っております。叶うことならこのお話で本を作りたかった、くらいの思い入れはある作品です。皆様の忙しない日々の、ちょっとした一息のお時間の力添えができたらいいなと思っております。よろしくお願いします。



きんきょう

元気です生きてますのんきに暮らしてます!

ひとつ前の日記におめでとうメール等をくださった皆様ありがとうございました!まさかそんなお便りをいただけるとは本当に、夢にも思っておりませんでしたので、とても嬉しかったです。お返事はえっと、手元の色んなものが落ち着いたらさせてくださいすみません…!!

というのも、来る十月に、こことピクシブで(もしかしたらピクシブだけになってしまうかもしれませんが)、ひっそりと長めのお話を更新させていただく予定でいるのです…そんでそのために用意をしていたりしていなかったりいなかったりします。笑

つまるところ間に合う気がちっともしません…!これだから本とか出せる気がしないんだよ…せっぱつまらないと何事もやる気にならない一夜漬けタイプのヤギです…!!どーん

それもね、この間、書いてたデータぶちこんでたUSBが唐突にご臨終あそばされましてね…そういうときに限ってバックアップ取り忘れてるっていう、ね…(大遅刻フラグ)

というわけで十月に間に合うかかなり微妙というか半分諦めておりますが、少しでもたのしんでもらえるお話を書きたいなーと思いながら、今も艦これのMAD漁ってますごめんなさいごめんなさいごめんなさい

 

 

 

青々と

ご無沙汰しております!

関東までは梅雨明けをしたみたいですね。こちらも大変夏らしい気温になってまいりましたよ。街中の勤め先はとてもむしむしするのですが、海辺の我が家は基本的にとても涼しいです。だけどさすがに今日は28度くらいまで上がってますね…クーラーは取り付けていないので、おもてからの海風や、せんぷう機のやわらかい風にあたってのんびりする時間が好きです。そしてアイスを食らう。今日はスーパーカップのチョコクッキーのやつ。明日はガリガリ君。備えは万全ですキリィ。

 

ここしばらく新しいお話も書かずにわたわたと過ごしておりました。

私事で恐縮ですが、今月のはじめに挙式をしたのです。つっても結婚したのもう二年近く前な。ようやっと色々環境が整ったので夏の花嫁やらせていただきました。自分が主役という場には慣れていなくてとても恐縮ではありましたがたのしかったなぁ。

まあほかにも、良いことも良くはないこともいろいろありまして、そんな中でも時間は均一に速くて、多少参ったり参らなかったりしました。なんかね、いつでもすっげえマイペースな性格なんですけど、最近どうしてもわたわたしてしまうのです。恐れ多くも現代人だから仕方がないのかなぁ。しかし、歩くのも食べるのも本を読むのも笑われるくらい遅い私が自分のペースを乱しているなどなかなかないことだよ?笑

そんな中での海開きでした。件の震災のあとからは開放される浜も減ってしまったし、来場者もがくんと少なくなってしまいましたが、なんせ私は海がすきなのでとても嬉しいです。かなづちなんで泳いだりはできないんですけど(笑)海にたくさん人がいるってだけでとても幸せなのです。

それに、海にいるとね、やっぱりぼんやりできるんですよ。時間を忘れて、スカートの裾を濡らして、砂の粒子が足元をいったりきたりするのを感じる、それだけのことに一時間以上費やすんです。笑  真正面、どこを見つめても青いだけの視界は本当に、なんというか、ああいつか生き抜いた暁にはここへ還っていきたいと思わされずにいられない。水辺が、海が、とても好きなのです。

ともあれ長くて短い夏のはじまりですね。四季はどれも好きという単純ヤギなので、季節のはじまりにはいつもどきどきうはうはします。みなさまも、お体にはくれぐれも気をつけて、夏をたのしんでくださいね。

 

はっ、久々にブログ書いたら長くなってしまった!

あとどうでもよいお話ですが改名しました。特に意味は無いです。こだわりはありませんので、みおでもりらでもヤギでもお前さんでも、好きなように呼ばわってくださいね♡

 

 

 

\(豚ω饅)人(ヤωギ)/

 

スパコミ翌日のお話。

ツイッターだのピクシブだのでもう一年近く(気が早いか?ええと九ヶ月くらい?ww)仲良く貶め合っております、豚饅ことはらさんに誘われて、おデェトをしてきました♡

はらんちはね、冷えとり女子で、靴下を何枚も重ね履きしていて、イソップ物語に出てきそうなお洋服を着てメガネをかけていたよ♡書けるし描けるしお料理上手という、知る人ぞ知るハイスペックガールなのです。図書戦クラスタさんはみなさまべっぴんさんばかりで、正直初日は自分のアレさ加減に滅びたくなりましたお(^q^)

で、道に迷いながら(笑)、辿り着いたトランザールことマルデナポリさん。初見参だったよ!

とってもきれいなお店で、テラス席にはわんこさまも入れるんですね。ちっちゃいお犬さまがいらっしゃってな、はふはふしておってな、動物好きのおれとしてはもうな////たまらないな//////

続きを読む

「そうか、俺とこいつは友達だったのか」

昨日支部に載せた郁さんと手塚のお話をこちらにも載せときました。

タイトルは、ずっとこういう言葉をタイトルにしてみたいなって思っていて、でもなかなか機会が持てずにいたラフな言葉をつかってみたよ。全体的にラフなお話だよ。ラフって言えば聞こえはいいけど早い話がアホいお話だよ。こういう感じのもっと書いてみたいですです。

某所でも少しだけ主張してきたんですが、郁さんと手塚の関係ってほんとにほんとに可愛いしかっこいいよなあと思うのであります。勿論堂郁も堂上班もプラス柴崎も大好きですけど、なんつうかこの、同じ釜の飯を食らう同期の間に流れる無言の信頼感というか、こういうのがもう。まして最初はいがみ合ってた郁さんと手塚が歳をとって、同じ景色を目にしながら成長していく中で互いにこう、認め合っていくというよりは、単純に認識していく感じというか。なんかな!大好きなんですよ同期組まじで!ちょっと誰か一緒にてしばいく語りません!?ww

というわけで同期二人のお話です。非常に楽しんで書きました。たのしいのがいちばんだよな。うん。

 

あ、サイトのデザインなんとなく変えました。

すずやかにしたかったのよ。すこしは初夏らしくなったかな?

 

 

 

スパコミいってきたお

5月3日にスパコミ参戦しました!

なんというか、会場に、というよりは東京にたどり着くまでが一番きつかったww人身事故で予定時刻より一時間半遅れてしまうという…ほんとなんの罰ゲームですか…

一般参加だったんですが、ほとんどお客さんの退けた時間帯に到着しました。今回はACOさんとごいっしょさせていただいた、というかあこさんに連れてってもらったんですが(笑)、なんというか私は本当に電車一人で乗るの危ういな!と自分でも呆れたよ…自分が駅のどこにいるのかまず説明できないっていう…人ごみ歩けばすぐはぐれそうになるし、立ち乗りすればすぐ転びそうになるし…あこさんほんとすんません…(^q^)

今回は図書戦と艦これ見れたらなぁなんて軽い気持ちで行って、とりあえず普段からオンラインで仲良くしていただいているクラスタさんのブースに行って、わあああほんものだああああと一通りどぎまぎしておりましたwwすみよしさんとまるさんに再会できたのもうれしかった!みなさん、ほんとうに素敵なお姉様ばかりで、田舎者のおれはほんとうにここにいていいんだろうかとだいぶしんぱいになったりなったりなったり…

図書戦と艦これを軽く巡って、偶然オフ友が来ていたことを知ったのでちょっとおしゃべりをしに行ったり(友達は三次元が熱いらしい)、差し入れにたべっ子どうぶつminiを配ったり(いちばんすきなおかしです)、おなかへったからパン食べてたらいろんなクラスタさんがいらっしゃってあわててご挨拶をしたり(りんごジュースものんでた)、だいぶマイペースに過ごさせていただきました。ほんとすんませんwww

 

一応一日目終了まで居座って、そのあと数名のクラスタさんのアフターに混ぜていただきました。名前挙げてもいいかな?ACOさんとてけさんと鳥居さんと皆川さんとはらさんとすみよしさんとまるさん!ずーっとみんな一緒ではなかったけどかなりの大所帯!!そして神様しか居ねえ!!!ただでさえ都会の空気に圧されてぽかーんとしていたヤギは、メンバーの豪華さでさらに始終放心気味でありましたwwだって夢みたいだったんだもの…にしてもほんと電車(というか駅)慣れしてなくてごめんね…特にあこさんと鳥居さん…副班長してくれてありがとう…

新宿紀伊國屋も通過して(向かいにビックロがあって色々腑に落ちたよ)、カラオケと飲みで二十時すぎまで遊んでもた♡ほんとにほんとにたのしかったです。しんじらんないくらい。同じくらい緊張してしまってなかなかうまく話せなかったwwwくっそー今度こそはたくさんおしゃべりしたいなー!!

 

一日目はほんとうにたくさんのかたにお会いできて、中には贈り物をくださったかたもいらっしゃって、おれなんも出してないのにほんとうにすみませんごめんなさい状態で受け取りましたwwおしゃべりしてくださったみなさま、本当にありがとうございました!また今度どこかでご挨拶ができればと思います^^

二日目は武蔵境と吉祥寺でデートをしたので、そちらのお話も次回はさせていただけたらなと思います((ヤωギ))

 

 

 

完成された青をめざして

数日前の夕暮れ時の雨があまりに綺麗だったので、「fLavor.」というタイトルの雨のお話を書きました。つか最近雨の日のお話ばっか書いてんな。「君の名を呼ぶ」も「ワールズエンドガーデン」も雨降ってるやんww
田舎住まいの私は車で通勤をしているのですが、帰り道を包む降りしきる雨と、光を孕んだ青い夕時が本当に美しかったのでした。次の日、晴れ渡った春の朝の、足元に揺れるみずたまりの波紋がまたきれいで、風が真上をとおりすぎるたびにみなもがゆれて、ふりるのように浅瀬へと広がってゆくのが、息をのむくらい美しかった。みなさんも今度ぜひ、雨の日のほのくらい藍色や、みずたまりの何気ない小波を、ちょっとだけ眺めてみてくだされ。ほんとうにきれいです。春は目にうつるすべてが瑞々しくてぴかぴかで、息をしているだけで満たされてしまう。驚くべき季節です。春まじリスペクト。

私の暮らす東北の片隅でもいよいよ桜が咲きはじめました。日当たりのよいところから少しずつ満開になっていく!のに週末になると雨が降るのはなんなのかね!!
次の土日のどちらかには、だんなどのと小さくお花見をする約束なのです。あまからいおいなりさんと、だんなどのいちおしのスパムおにぎり(おれスパムって食ったことない)をこさえて、緑色のシートをしいておはなみを!するのです!てるてるぼうずをつくらねば!!
桜をみると、宇多田ヒカルさんの「SAKURAドロップス」をききたくなります。春の音楽は淡い。この季節にききたい曲が、たくさんたくさんあります。



ブルガリア

ヨーグルトはやっぱりブルガリアだよね。

本日13:30までにパスワードのご申請をいただいたみなさまにお返事をさせていただきました。お返事が遅くてほんとすみません…!!
先日、サーバーの調子が良くなかったのか、頂いたメールを受信できなかったという事例がありました。今のところ弾かせていただいたご申請はありませんので、未だに返事こねえな…というかたがいらっしゃいましたらpixivのメッセージでも大丈夫ですのでご連絡をください。うーん、なんで受け取れなかったんだろう…他にも同じような状態のかたがいらっしゃって不愉快な思いをされていたらと思うとつらい…だったらパスなんか付けんなよっつう話なんですが最低限の努力はしたいのです。私が十八歳になるまえ、同じような対処を、たくさんの憧れのサイトマスターさんたちがしてくださっていたので。

最近、私の大好きな大好きなほんとうに大好きなかき手さんが、ご本人にとって非常に不本意な理由でブログを閉ざされてしまいました。私はそのブログに立ち寄ることをいつもとてもたのしみにしておりましたので、さびしくて無念でなりません。とはいえご本人が清々されたのなら良し。あとでメールするね!(私信)
私がこのサイトのほとんどどこにもコメント欄を設けなかったのは、やっぱりクリエイターさんに対して心があるんだか無いんだかわからん言葉を遣うそういう誰かがいることを知っているからなのです。言うのも言われるのも億劫なんですわ。口喧嘩なら負けない自信がありますが、私はそんなやり合いのために美しいと信じている日本語という言語をつかいたくないのです。つっても日本語以外の言語なんざしゃべれんがなww
ご指摘はもちろん膝を正してうかがいます。でもそういうさー、ひぼーとかちゅーしょーとかはやめようぜーお互い時間の無駄だよ。今のところ私とコンタクトをとる方法はここのDMと支部くらいのもんですが、そんなようなの来たらどっちも全削除しますね。そんな輩かまっていられるほどおれひまじゃないからさ。お話あげる場所なんざぶっちゃけどこでもいいと思っているのでここにも支部にも拘りません。でもね。明らかすぎる案値はむしろ迎え撃つからね。おれそんなのは怖くないからね。
怖いのは書けなくなることだけです。二年間ほど何も書けなかった時期がありました。知っているからそれだけが今も怖いです。
あとのことはどうでもいいんだほんと。たぶん読んでもらえなくても構わないのです。自分が書いてて楽しきゃそれでいいんです。おはなしかくのはほんとにたのしい。

おや、明るくないお話でブログ埋まってしまう…ゆかいにすごしたいよね!春だもの!
にしてもお掃除しなきゃならないなぁならないなぁと思いながらそろそろ二時間経とうとしてるよね。すっげえだらだらしてるからもう立ちたくない…はるのごごはねむたいの…あさもねむたいのぅ…



ご連絡

引き続き、年齢指定部屋へのご申請ありがとうございます。本日までにいただきましたご申請のすべてにご連絡をさせていただいたのですが、お一方だけどう頑張ってもエラーメールで戻ってきてしまうお方がいらっしゃいました。

3月19日 19時24分頃にご請求くださいました伊東さま、ご記入いただいたメールアドレスにパスワードをお送りすることができません。よろしければ再度アドレスをご確認の上メールの送付をいただければと思います。なお、ご本人様に上記が伝わり次第この記事は削除させていただきます。申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

ご感想のメールもありがたく拝読しております。一件一件にお返事をしたいのですがなかなか時間がとれなくておりますので、こちらから皆様へのお礼をさせていただきます。楽しんでいただけて嬉しいです!ご感想ありがとうございます!送ってくださったお言葉は感謝を込めて読ませていただいておりますので、よろしければ今後も時折お聞かせいただけるとありがたい、というか単純にヤギのボルテージが上がりますww

とりあえず先日ピクシブに投稿した年齢指定のあれも載せておきます。やってるだけ!ごめんな!!

 

 

 

0 コメント

はなさくーおかまでーくちぶえーふいーてこー

先日、通院のために勤めを早退させてもらったとき、

久々に少しゆっくりとおもてを歩いたので、川べりで会う約束をするだけの教官と郁さんのお話を書きました。笑

そもそも私は趣味という趣味がほとんどない人間で、

しいて挙げられる趣味が言葉遊びと散歩くらいという、なんとも刺激的じゃないやつなのですね。

それもお散歩だって、膝が悪いから、そんなに長い距離は歩けないし、

歩幅も狭い(たぶん成人女性の平均的な歩幅の半分くらいしか一歩で進んでない)ので、そんなに遠くにも行けないんですね。笑

 

続きを読む

はるのひかり

先ほど、「深邂」の三話目を更新しました。ひ、ひと月以上経っていた…すまんイクさん…

それと、年齢指定部屋へのパスワード申請のメッセージをお送りくださった皆様、ありがとうございます。

現時点(ええと、3月9日の午前10時20分です。じんどーさんブログは時間までは出ないのでいちおう)までに申請をくださったすべての方にお返事をさせていただきました。「あれっ返事来てないっすよ!?」というお方はいらっしゃいましたら、大変申し訳ないのですが今一度ご通知ください。今のところはじかせていただいた方はいらっしゃらないので、メールが届いていないか、単に私の不手際か、どちらかです。自信ないからもうあやまっておこう。ほんとうにごめんなさい。

それと、ご感想もありがとうございます。例によってここでは書きませんが、楽しんでいただけて嬉しいです。

 

三月になるとハチクロいっき読みがしたくなります!

が、今手元にないんだよなぁ…最終巻だけでも買ってこよっかなぁ…

ハチクロ読むと河川敷でおにぎりたべたくなります。たくあんがはいってるやつ。

 

 

 

あある

じゅうはちの部屋を設置しました。詳しくはtextsのページからリンクで飛んでください。giftの下にあります。

十八歳以上対象のお部屋ですが、適切なパス請求をくださったかたにはパスをお教えします。こんなこと言ったらあれですけど、おれがどんなに工夫したってネットの世界じゃ年齢だって性別だって自由自在なわけですから、年齢制限に関しては最低限の努力しかしてません。わたしまだじゅうごさいだけど、みたいなかたがいらっしゃっても私にはその判別がきっとできませんので、まあそのへんは自己責任でよろしくお願いします。ただし不快に思われても責任はとれませんですよ。今載せている年齢指定のお話はなんつうか、やってるやってないよりもこのテーマは絶対に万人受けしないというか、嫌な思いをされるかたのほうが下手をすると多いだろうなという自覚もあるので尚更です。成人済みのかたも条件は同じです。アレなテーマでごめんなさいね。

年齢制限部屋はとりあえず試験的に設置してみます。ただ私は性行為のお話を書くのも、そういうお話を置く部屋を管理するのも初めてなので、もしかしたらあまりよろしくない出来事が起こってしまうかもしれません。そういったことが起こってしまったら削除します。年齢制限部屋だけでなくこのサイト自体を消します。あんまり騒動事は得意でないのでそれがいちばんてっとり早い解決策だと思うからです。

一応上記と同じ文面をパス請求のページに貼っておきます。長くてごめんなさいね。たのしんでもらえたらなぁとは一応思っておりますので、なにとぞよろしくね。

 

私生活があわただしすぎて、そろそろ一人でパソコンの前に座っていることができなくなってきました。

ピクシブアカはほんとうに消すしかなくなるかもしれない…ロム専に移行するときには今と全然ちがう名前にしようと思ってます。なににしようかなぁ、@とかつかいたいよね。「ヤギ@肩こりが治らない」的なアレwwやってみたいwww

最近はツイッターのリプライ機能をつかって、職場の休憩時間にぼちぼちやってることが多いです。一人でおもてに出ていって、勤め先の向かいにある広い公園のベンチに座ってパン食べながらお茶を飲みながら書いています。風がなくて日差しがあればわりとあったかくすごせるよ。安っちいピクニックがだいすきです。笑

 

 

 

最高に

ねむい!!ちょうねむい!!!

オリンピック観戦症候群で寝不足ってことではなくて単純に眠くないときがないのです。でも今日は!!殊更に!!ねむい!!!

 

毎年二月から三月にかけてのこの時期って、個人的な波乱の場面に遭遇する率が高くて、そんで今年もついに来てしまいました…去年は比較的平穏無事に過ごせたというのに…なんなのにがつはやぎのこときらいなの…?少しばかりくじけそうですが今日、幼い頃の自分のアルバム(母が作っていた。七歳くらいのまでで、でっかいアルバム四冊分もある)眺めていたらなんというか、もっと幸せに生きなきゃバチがあたるなって思い知らされたので元気に過ごしていこうかとおもってはおります。愛されていたんだなぁ。ちゃんと解っていなかった。

にしても私は父にも母にもそんなに似ていなくて、なんというか母の弟である叔父に似ているんですけど(笑)、自分が大人になってからよくよく見てみると私は若い頃の母にそっくりでしたね。今まで自分が母に似ているだなんて一度も思ったことなかったというのに。笑った顔なんてそっくりだ。驚きました。

いくつになってもどれだけ心が塞いでも、とにかく両親への感謝の心だけは忘れないように生きていたいです。

 

オリンピック開催してる間にリアタイで何一つ見ないってのはさすがにさびしい気がするので今日はちょっと頑張ってジャンプ見ようかなと思ってるんですけどでも明日もご用あるんだよなー。午前二時…!

前に確か植物図鑑の「依存症」というお話で触れたんですが、私はたぶん元々夜型の人間で(夜間のほうが断然筆が進みます)、特に午前二時というあの時間が妙に好きです。開放感と閉塞感の入り交じってる感覚。最近は起きていられないけど、時折その時間帯に目が覚めることがあると無性に嬉しくて眠りたくなくなってでもすぐ寝てしまいますなww惜しいなぁwww

 

 

 

非常にいきおいのある

雪!吹雪!

湯たんぽ抱えてこんばんは。ツイッターとニコ生の呪縛からようやっと抜け出して、先ほどお話を更新しました。れいなさんへのお誕生日プレゼントとしてお贈りしたジレジレ期堂郁ですが、私は本当に!本当に!!じれじれとからっぶらぶとか書くの苦手だね!!痛感した!!何度も言うけど両片思いは大好きですよ大好物ですよなのになんなんだこの体たらくは…!!

 

普段はとしょせんに(それと最近はるろけんにも)うつつをぬかしておりますが、好きなジャンルはそこそこあって、ボカロも普通に好きで、その延長で歌ってみたも詳しくはないものの好きで、

中でもKKさんという歌い手さんが大好きで大好きでほんとうに大好きで、

そのけけさんをメンバーの一員とするクロウキャットというグループが現在!東北でのツアーを!行っていらしてだな!?

おれが住んでる県にも、おれが住んでるとこから小一時間の県外にもお立ち寄りになるというのにだな!?

どっちの日にもおれはどうしても外せない用があってだなあああああっ!?

この無念を!どう晴らしたらいいのか!どう晴らしたらいいのか!!こんな機会もしかしたらもうしばらくやってこないかもしれないじゃんね!?泣いていいか!?ないていいですか!?

とりあえずみなさま、ボカロ文化に耐性があってもなくても、機会がありましたらぜひけけさんのお歌をきいてみてください…!ほんと惚れるから!最高に素敵ですから…!

ちなみにボカロはどの子もかわいくてだいすきですが、カップリングだったらだんとつでカイメイが好きです。ガチです。カイメイ二次はもう市場にがっつり溢れてるんで自分で書いたことはないですがほんとカイメイ愛しいです。とにかくメイコがひたすらかわいいです。あの子ほんとかわいいですしにそうです。へらっとしれっと男前なカイト兄貴もまあ好きです。でもメイコすきーの兄貴でないとあんまり興味ないですwwカイメイ前提の兄貴がすきです。早い話がカイメイ大好きです。堂郁に劣らない勢いで好きですというかもしかしたら堂郁多少上回ってるかもしれない勢いで好きです大好きですすんませんそろそろ自重しますwww

つかこのブログ、いっそ堂郁語らなすぎて最早わろえないww堂郁への愛はしかしもう言葉では表せない域なのです。そうでもなきゃお話なんて書いたりしてないわ。それにしたって他ジャンルばっかですんませんwww

 

 

 

あわただしい

サイト支部ともにそれぞれお話を更新しました。

「来る未」はこの題名の他にもタイトル候補がたくさんあって、どれにするかしばらく迷いました。「街角」とか「六番線」とか「ターミナル」とか、たしかあとふたつくらいあった気がする。結局いつもどおり、きいてた曲のタイトルをお借りしました。やっぱり私は夫婦期書くの好きだね!夫婦期は一番自分らしく書ける気がします。気のせいかもですが。

あと支部に、ここにはすでに掲載していたとりーさんへの贈り物を載せときました。この、恋人期のきゅんきゅんとか上下官期のじれじれとか書くのはわりと苦手ですww好きなのになぁなんでなのかねwww

 

最近更新頻度が非常に高いですね!なんでかといいますとね!私事でたいへん恐縮なのですが先日転職先が見つかったのですね!でも今までより拘束時間が果てしなく長くなるから、そこではたらくようになったらたぶんほとんどサイトも支部も更新できなくなる気がするんですねえへえへ!!

というわけで現在がピークでこれより後は、早くも完全に倉庫じみてくるのではないかと…一人でいられる時間自体が減るのでたぶん今までみたいに書き進める時間もとれなくなるだろうからなぁ。こまったなぁ…書きたいのは色々あるのに時間と体力が追いついてこないんだお☆誰かこの脳内を完全具現化するボランティアしませんか…?いやなんでもない…

しかしながら今年は一生に一度の堂郁出会いイヤーなのだから、シケた面してないでたのしんでいきたいですね!やぎは!がんばるお!!(ヤωギ)

 

 

 

変わりゆくこと

が苦手なんだなってつくづく思った。

良いものであれ悪いものであれ変化は苦手です。

ぼんやり流れるように生きていたいしその際目に映るぜんぶを、力を抜いて受諾していきたくはあるし実際普段はそうできている気がしないでもないんだが、

時折こうして、唐突に思い知ります。変化は苦手だ。怖いし息がしづらい。

 

先日支部に、本日こちらにも、かてきょパロディの続きを掲載しました。忘れてないですよ!ただ手がのらなかっただけなんだ!

前にツイッターかどっかでも弁明というか言い訳というかをしたんですが、私自身は受験勉強というものを碌々したことがないので正直受験生ってこういう感じで合ってるんだろうか…といつも首を傾げながら書いてます。一生のうちに死ぬ気で勉強する時間があってもいいだろ、みたいなお話を各時代の担任の先生から同じようなテンションでされたけれども、とりあえず私は、死ぬ気で勉強するくらいなら死ぬ気でお話書いていたかったのでした。このまま右手が死んでも悔いはないと思えるくらい毎日書いていたかったのでした(当時はペンで書いてたからね)。授業もろくに受けていませんでした。だからできる教科と赤点どころかほぼ零点の教科にきれーいに分かれるんですよねwwそんな学生時代を、少し後悔しています。勉強、というか学習というものの意義をわかっていなかった。でもこれは社会に出てみないと何を言われても実感できることはなかったんだろうなとも思う。

心を占める少しの後悔を除くその他の感情としましては、私は間違っていなかったというその一点に尽きます。笑 他の人がそうなのかはわからんが、少なくとも私は多分これで良かったんだなと。文筆業で食っていこうだなんて一度も思ったことないのにね。それでも、誰に怒られても、「それでも今しか!十代の今この瞬間にしか書けねぇ言葉があんだよ!!」と強く信じていました。ここに未成年のかたが来てくださっているか私に知る術はありませし、偉そうに無責任な言葉を投げるつもりも勿論ありませんが、なんというか、自分が極力後悔しない選択肢を摘んでくことも処世術のひとつだと思うのです(全部を選ぶことって案外難しいものですからね)。絶対これっぽっちも後悔しない!ってのはなかなかハードだと思うので。ただ、そのとき何が一番大事かを選ぶこともひとつだと思うのです。将来 だったり そのための学習 だったり 音楽だったり 絵だったり スポーツだったり 言葉だったり まあ様々だけれど、何を選んでもきっと納得するし、後悔もする。だからせめて後悔が少なくあれる選択を。難しいけれども。

ちなみに心を占める少しの後悔並びに大きめの肯定、を除くその他の感情としましては、他の教科はともかくとしても歴史はもっと真面目に受けておくべきであった…というのが数パーセントありますよね…オリジナルで歴史のお話を書いているのですが大人になってから改めて本を手にとってもいやはや分からないよ!笑 でもまあそれもまた選択の副作用なんでしょうな。とりあえずTJ文庫買ったよね!読んでもさっぱりだけどね!www

なんだかよくわからない話をしてしまいましたね。とはいえ私もまだまだ発展途上の身ですので、さらっと流していただけると有り難いというかこんなブログなるものまで目をとおしてくださってるかたってどのくらいいらっしゃるのでしょう…長くてごめんなさい…

 

そういえば、拍手やっぱり外しました。ごめんなさい。別のサービス教えていただいたので色々試してみます。上げたり下げたりしばらく落ち着かないと思いますので、アレでしたらスルーしてやってください。

それと、ずっと放置していたスマートフォンの表示設定もなんとなくいじってみたよ…ほんと、見れればよくね?思考ですんません。

 

追記・支部にURL公開して、しまっ、た…

き、来て下さったかたいらっしゃいましたらよろしくお願いしますふふふー

 

 

 

くらっぷ

web拍手をそれぞれのお話に設置してみました。しかしFC2さんの拍手は初めて使うので、状況によってはいきなり外すかもしれません。ご了承ください。いや、ちゃんと作動してくれればずっと置いときます…ちゃんと作動してくれれば…はらはら

トップにカウンター置くかどうか迷ったんですけど、そこまでしなくてもいいかなぁとか思ったのでキリ番とかはやらない方向で。すっげえ過疎地だって自覚があるんでそうそう簡単にカウンター回らない気がするしね…

それと、以前ツイッターで連投させていただいたアナログ小話を再掲載しました。ライブ小説に見せかけただけの、実際まったくライブじゃなかった準備万端アナログ小話でしたwwいやいやライブとかもう少し度胸つかないと無理ですから!しかし画像少しぼやけますね、見づらいようであればこちらも一旦外すようにします。不都合ありましたらお知らせいただけるとありがたいです。

ここ数日、諸事情あってひたすらアナログを書いてます。昨日は五時間くらいペンを握ってました。久しぶりに手書きでけっこうな量を書いたんですが、元々手書きは好きなのでたのしかったです。まあ自分の字があまり好きじゃないので微妙な気分にもなるんですがね…パソコンで書くのも手書きするのもどっちも好きです。楽したくて大抵パソコン頼みになってしまいますがね。でも中学生の頃とか、ひたっすら大学ノートをボールペンで埋めてましたね…万年半端ないペンだこでした。それも当時は本当にお話を書きはじめたばかりなもんだから、ノートの空白さえ惜しくて基本改行がありませんでした。ページのほぼ全スペースに字がびっしりっていうwwこええわwww

あっ、もう午後も二時を回ったのか…いかん今日まだ何もしてないんだ…離脱します。笑

 

 

 

これくらーいのかーんじでー

昨日ピクシブに、間が空きまして先ほどこちらにも「マカロニ」というお話を更新しました。とある企画様への参加作品とさせていただいていたものです。きょうかんと郁さんがデートしてるだけのお話です。うちの郁さんほんとにピュアじゃなくてわろえない。

お話のもとになった「マカロニ」という曲はぱふーむちゃんの楽曲の中ではたぶん一番好きな曲なんですけど、これはただの食材としてのマカロニなのか、はたまた何か別の意味が込められているのか、そんな検証をしているサイトさんがありましてそういった推測の記事も楽しく眺めながら書かせていただいたお話でした。こういう、なんつうことない平凡すぎる、でも決して当たり前ではない日常をぼやっと書くのが好きです。いや、今更言わずとも知れたことか…こんなのばっかでしたね…

それと、数日前になりますがまたしても新しいパロディを書きはじめてしまいましたん…私の家の近くに「研究水族館」って呼ばれてる、カタいんだかゆるいんだかどっちなんだよとツっこみたくなる部類の水族館がりまして(どんなだ)、しかし研究水族館って言葉はなんか含みがあってかっけえななどと考えはじめたらこんなことに…wwwとりあえず勢いだけで一話目書いたので、正直最後まで書ききる予定がないのですが、思いがけずわりと好評だったのでできたら続けてみたいなぁと思っております。その前にかてきょだよね。とりあえず今月中にここで二話目は載せたいと思ってはいる…思ってはいるんだ…

 

ついったで散々別ジャンルを叫んでてまじすんませんwwという状態だったんですが、にしても現在私の中で久々にるろけんが熱い!熱いです!!元々好きな作品で、二年に一回くらい萌えの波が到来するという作品なんですが(笑)、今回はかつてないタイダルウェーブが来てましてついにお話をひとつ書いてしまいました…ww剣薫長いこと好きなわりに今までお話書いたことはなかったんですが…(だってござる口調とか難しいんやもん…あと単純にネタが浮かばなかったし私が書かなくても二次やってる神様のような方はたくさんいらっしゃったので…)もしも二本目が書けたらどちらもピクシブでのみ掲載、しようか…うーん…ちょっと迷ってます。別垢にしよっかなぁとも思ったんですがそれはめんどっちいなぁなどとwwある日ぽつんと二話くらい更新されてても笑わないでやってくださいね…

みんなるろけん読むべきだよ!歴史苦手なわりには幕末から明治あたりのお話好きで困ってしまいます。新撰組とかまじむねあつだよね…いや歴史興味なくてもがっつり楽しめる作品ですので!機会がありましたらぜひ!!(布教活動中)

 

 

 

ぷれぷれ

というわけでおととい無事?にプレオープンしましたーん。みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

支部にお話あげるのやめてこっちで一本化しちゃおうかなとも考えているんですが、支部のお話削除するの億劫に思って結局中途半端に同時進行、みたいな形になるんだろうな…支部あればサイトとか要らないと思ってたんですけど、ピクシブってなんやかんや言ってもやっぱりSNSじゃないですか。おれ…こうみえてけっこう臆病者なんだ…説得力の欠片もないのは自覚してるけどでもやっぱりおっかないと思うときもあるんだ…SNS…すでに懇意のみなさまとお話してるときはとてもたのしいけれど、やっぱり全く知らない人との交流ってたのしいのと同じ分リスキーですよね。もちろんそこからはじまっていった交流があったからこそ今こうやってサイトまで作るに至ったわけではあるんですがああもう何言ってるかわかんなくなってきた。

ともあれ、息の長い場所になったらいいなぁと思ってはいるのでww平に平によろしくお願いしますー。

あと、サイト見てて見づらい部分やリンク先がおかしい部分あったら是非教えてくださいwwコメント機能はあえて外してあるんですが、メアド以外に通信できる手段があったほうが嬉しいとのお声をいただきましたので少し考えてみようかなと思います。拍手小説やるほどの気力はないし、ブログコメントつけてもあんまり意味ないしねぇ…Gmailのアドレス下げてメールフォームくらいはつけてみようかなぁ。非公開のほうが書き込みしやすいですよねきっと。ちょっとかんがえてみまふん。

あとあと!リンク繋いでくださったかたがたありがとうございます!!うれしい!!

とりあえずご連絡いただいたお二人はこちらでも繋がせていただきますねーふんふん♡

 (ついき:メルフォ置いてみましたん。よろしくですです)

 

 

 

にせんじゅうよねん

ことしもよろしくおねがいいたします。

新年早々じんどーさん調子が悪くて萎えるんだぜ…!しかしもうすっかりタグ打ちとか使い方忘れちゃったんだよなぁ。なんだかんだでここがいちばんらくなんだよなぁ。うーん。

昨年はがっつり人間をさぼったので、今年はもう少しまじめに生活してみたいです。あと引っ越ししたいです。しかしながらこのあたりは三年前の大きな自然災害の影響で人口が増えたために、賃貸住宅がめちゃくちゃ不足しています。県内の人口は減る一方だってのにねぇ。いいんだかわるいんだか、とりあえず元からここで暮らしていた人間が隅っこに追いやられるってこの状況はちょっとおかしいとおもうんだがまあ言っててもしょうがないよねー。幸いにして今住んでいるこの部屋はかなり安価なので(かぁなり狭いですがね)、まだましなほうなのかなぁとも思います。

新年早々食ってばっかいます。あとよく寝てます。三月までにはもう少し痩せたい、というか痩せなきゃなんだがなぁ。どうしよどうしよどこまで食っても眠っても満たされん…

あきらめてエンジェルビート見ます。おすすめされたんだが今んとこ面白さがよくわからないでいる。とりあえずヒロイン格の女の子はえすおーえす団の団長に似過ぎててわろた。

 

 

 

暮れですね

暮れですね。
ここ数日は本を読んだりまんがを読んだりなかなかやる気の湧きおこらない大掃除をだらだら数日かけてやったりしておりましたヤギです。掃除は先が見えなくていつも不安になるから苦手です。でも他のことも大抵そう。料理をするのも映画を見るのもお風呂に入るのも、先が見えないのが不安で苦手です。なんでなのかねぇ。
先が見えなくても不安にならないのはお話を書いてるときとおもてを散歩してるときだけです。他のことはみんな不安が先に立つから苦手です。しかし人生はそこそこ楽しんでいます。結局私は書いていられればそれでいいんだよねきっと。
最近はオリジナルばかり書いています。二次は必要なもの数本を書きましたが、やっぱりしばらく間が空くと余計に書けなくなりますね。オリジナルと二次の書き方は結構違うので久しぶりに二次を書くと戸惑います。なんというか、消えたくなります。あまりにあれで消えたくなります。
年末年始もアウさんはお仕事の日の方が多いので、久しぶりにひとりでちょっとだけ大規模なお散歩などして遊んでみようかなぁ。でもだるくて引きこもるかもしれません。さむいしね。
年始よりも年末の空気のほうが好きです。暮れていく空。枯れ野原を揺らす風。終わりの色をはらんだ目に映るもののすべて。毎年思わずにいられないのですが、田舎町の年末はとても美しいです。十六時からの空は本当に、ながめているだけで意味もなく泣いてしまいそうなくらい美しいです。みなさんにも見せてあげたいくらい。
そういえば明日か明後日、久しぶりに支部を更新する予定なのですが、忘れてしまいそうではらはらしています。年末に上げないとほぼ意味のないお話なので。忘れたら一年寝かさなきゃならないなぁ。覚えていられますように。
ここの年内の更新はこれが最後になるかな。まだどなたにもお伝えしていない場所ですがいちおう。皆様よいお年をお迎えください。

 

 

 

くりすますます

イエス様おめでとう。

にしてもじんdーさんのブログちょっとつかいづらすぎやしねぇか?移設とかめんどいのでもうこのままにしちゃいますが。

おなかへりました。アウが帰ってきません。仕事が忙しいみたいです。きのうのうちにクリスマスの会(主に食いまくる)を決行しておいてほんとうによかった。肉がうまかったです。あとキッシュ。私はさっき実家で白菜の漬け物を一丼くらい頂戴してきたというのにすでにおなかへりました。なんなんでしょうね。肥える一方ですね来年のクリスマスにはヤギの丸焼きが食卓に並んじゃういきおいですね。こまったな。

全然関係ない話ですが、ツイッターで昨日と今日に分けて小さいお話を投下しました。ライン と クオリア というお話です。拾えたらよろしくお願いします。思い出したらあとでここにも載せます。思い出したら。

昔オリジナルでクリスマスのお話を書いたことを思い出します。戦争のある世界の黒づくめのサンタさんのお話でした。せかいにさちあれ。

 

 

 

さむいですね

だーれもいない場所で、だーれにも知られずにこういう場所を作るのが好きです。

皆様こんにちは、またはこんばんは。lyreでリラでりらです。はじめましてのおかたは来てくださってありがとうございます。

しばらくぴくしぶで二次創作のお話を載せてきたのですが、色々思うところがありまして奥に引っ込むことにしました。特に深い事情があるわけではないです。単純に、私は人ごみが苦手だったなぁということを唐突に思い出しただけなのです。笑

いつまでつづくかわからない場所ですが、過去作を含めましてぼんやり更新していく予定です。ぱったりいなくなったりとかしょっちゅうですがあまり気にしないでやってください。閉鎖するときは一応事前に申告しますってまだはじめたばっかだってのにこの体たらくだよwww

とはいえまだ今は空っぽなので(とか言いながらテストがてらブログ書いてる人)、もう少ししたらお世話になっている場所にはURL貼らせていただこうかなと思ってます。来年頭くらいまでかけてのんびり準備する予定です。とはいえ私は機械がめっぽう苦手なので基本的には文章ぶっこむだけです。綺麗さとか華やかさとか皆無ですのであらかじめご了承ください。

それでは今日ももう少し工事してきます。

 

 

 

おめでとう、美しいひとよ

 こんばんは。

 このブログ、時間表示設定のオンオフがあったんだなってたった今気づいたみおです。

 こうなったら意地でもつかわない。あえて自分で時間帯を説明するという中途半端なアナログ路線でこれからも邁進します。※いらない宣言

 というわけで、現在10月22日の終わりを迎えつつあるところです。

 あと二分ほどで今日も 今日 がおわってしまう。今日は地元の大きな公園で開催されている陶器市に母と行ってきました。ふたりでお皿を選んだり、母のこさえてくれたおべんと食べたりしました。秋らしい曇り空の下。たまごやきとソーセージと、チーズのはさまったカンパーニュ。わたしと母のふたりだけの思い出になる日。そういう日が増えるたびに、愛しいようなさびしいような気持ちになるのはいつものことで、どうしたらこういう淋しさを抱えすぎずにいられるのかなと、日に何度も考えてしまう。やっかいなものです。

 あ、ちなみに私も母も元気です。笑

 健康すぎるほど健康。言い切れるからこそ思う。しあわせだ。

 

 今日もうっかり要らない前置きから入ってしまった。ブログ書くのいつも少し緊張するんですよ…だからたぶん無闇に冗長になってしまう。いつの間にやら日付も変わってた。すみません。

 さきほど、恋人期のお話をひとつ掲載しました。「ABCのうた」という、タイトルから何一つ察せない系のお話です。笑

 今月上旬より本オープンされました「茨城県産純情培養乙女誕生祭」という企画様に、ご縁あって参加させていただきました。このお話はそちらへの寄稿作品で、そして、当方のいわゆるSSというやつで初めてまさかの一万字超えちまったよ作品でもあります。笑

 ながい。いやでもこれ最初はもっともっと長かったんです。戦闘シーンとか後日談とか含めて二万はあったと思う。削って削って一万五千字まで落としました。いやさすがににまんは、読んでくださるかたも疲れちゃうかなって。気が向いたときに、さらっと楽しんでいただきたいので、短編のにじそーさくは基本的に「できるだけ短く」のスタンスで取り組んでいます。短すぎるのも物足りなさの観点からしてどうかなと思いはするけど。

 活字平気だよってお方は、まあ平気だと思うのですが、字に慣れていらっしゃらないかたに二万は結構重いかなって。というわけで、字数的にはそれほど優しくないお話です。申し訳ない。

 「茨城おとめまつり」との略称をお持ちのこの企画様は、郁さんのお誕生日をお祝いする作品、というテーマを掲げておられます。作品末部にてこちらのサイトのリンクを貼ってくださっているので、もしかしてもしかすると、あちらからいらっしゃったお方もこれを読んでくださっているのではと、今更はたと気づきました。こんな辺鄙なところまでお越しいただきましてありがとうございますと、いるかもわからないどなたかにとりあえずお声かけしておく。

 いつものお話の三倍近く長くなってしまった作品ですが、その分愛情は込められるだけ込めたつもりでおります。お時間のあるときに、のんびり覗いていただけたらありがたいです。よろしくお願いします。

 

 

 

2016.10.04

続きを読む

あぶらかよ

 こんばんは。現在十九時前の涼風の中におります、みおです。

 家の向かいに草むらがあって、鈴虫の声がりんりん楽しい夜です。朝晩は特に、すっかり秋めいてきましたね。みなさま体調等崩されませんようご自愛ください。わたしはすこぶる元気です。

 

 更新のご案内です。R18作品です。未成年のかた、ごめんなさい。近々また別のお話を載せる機会があると思うので、許していただければと思います。

 本日更新した「リセット」というタイトルのお話、なんか私どうしても「リセッタ」に見えてしまって油かよ! ってさっきから自分でツっこんでいます。わあどうでもいいはなし。

 一旦リセットして当時の感覚で、というなんとも伝わりにくいお話です。笑 久しぶりに年齢制限のお話を書いた割にはそこまでがっつりした内容でもないです。ただ教官が普段以上に変態です。ごめん堂上。

 個人的になんとなく、そうしようとしているのかいないのか自覚もないんですが、雄々しい文章のときには改行を少なくしようとする傾向があります(読みづらいですよね、すみません)。で、今回は特に教官がわりと甘え気味なので、女々しさ全開で改行多めにしております。こだわりというほどでもなくて、ただなんとなくそうなってしまうだけなんですがね。しっかりしろ堂上。

 というわけで、教官がなんかお前キモいよ堂上、という雰囲気のお話です。笑っていただけたらもっけの幸い。よろしくお願いします。

 

 今月はぎっくり腰になったり(よくある)、とても簡単に作れるクッキー作りに瞬間風速的にハマったり(基本料理はそれほど好きじゃありません。笑)、あとは二泊三日で長野に行ったりしました! 長野、初めてお邪魔しましたがたのしかったです。これを読んでくださっているかたの中にも、いるのかなぁ。長野のかた。あるいは信州のかた。おじゃましました。笑

 遠いところにいても、好きな作品を介して、顔も知らないどなたかとお話しできるというのは、とてもありがたいことですね。最近切にそう感じます。

 私はプロフィールにもあるように、東北の端っこに暮らしております。ここでは頑張って標準語を書こうとしておりますが、実際のところは浜訛り全開です。とうほぐにー、あそびきてくんちぇー。いやここまでではないか。でもまあ訛ってます。笑

 そんな流れでなぜか思い出したのですが、もうすぐスパークですね! 私は今年も参加できなくて今とてもさびしい気持ちでいっぱいなのですが、行かれるかたはぜひぜひ道中お気をつけて! たのしい思い出がたくさんできますよう、お祈りしておりますね。

 

 

 

思っているだけ

 くがつですね。みなさま夏をいかがお過ごしでしょうか。みおです。

 九月は大好きな月のひとつです。きらいな月がそもそもないんですけど、その中でも好き、という感覚です。たぶん季節の境目が好きなんだと思う。三月も六月も好き。移り変わる四季をいつも、憧れのような気持ちをもって感じています。最近、朝晩はとても涼やかになって、空気がさらりと乾いて、息がしやすいです。夏も秋も好きです。冬も春も。ひかりのいろがそれぞれにちがうから。

 

 最近はなんにも二次創作をしていなくて、人様のめぐんでくださるあれやこれを、文字通り拝みながら拝見しております。しあわせです。二次は基本ロム専なので、やはり見ているほうが好きなんだと思います。神様たくさんいる。ちじょうにおりたったかみがみ。

 そんな暮らしぶりだったのでこちらもすっかり放置してしまっていたのですが、先日お得意の青い鳥SNSにて、「ふぁぼきた数だけまったく作る予定のない同人誌のタイトルとあらすじを書く」というタグで遊ばせていただきました。ちょうど去年の今頃にも同じものをやらせていただいたのですが(ブログ参照)、予想以上に楽しかったのでまたいくつか書かせていただきました。

 で、今回は「私がやってみたかった」ってだけの理由で、ちょいちょい本文抜粋、みたいな遊びを付けたので、別頁作ってリンク貼る仕様にしました。笑 どんだけたのしんでるんだってツっこまれそうですね。基本的にいつでも自分が楽しみたくてやっています。すみません。笑

 というわけなので、内部リンクを貼らせていただきます。

 こちらから!

 どうぞ。1ページ目の終わりから次頁に飛べます。

 実際には全く書く予定のないものばかりです。パロディだのn番煎じだの盛りだくさんです。あえて明言しておりませんがバッドエンドもあります。ご注意ください。

 

 という感じで、私はだらだらのんきに夏を過ごしておりました。笑 あとはお祭り行ったり花火したり、おおなんか青春! みたいなこともしましたよ(年甲斐もない)。それと、セブンイレブンの温州みかんのかき氷にハマっていました。あれすごくおいしいです。まだ売ってるのかな。

 ポケゴもやっていましたが、容量重くなってきたのでそろそろあがりにしようかなと思っております。でもぴかちゅうにはあいたい。そして容量重たがってるわりにはあんスタ入れてしまったり。みんな顔がかわいい。fineが好きです。会長とお近づきになりたいです。笑

 としょせんは今月から、また少しずつ書きはじめようかなと思っております。更新の際にはまた、こちらからアナウンスさせていただければと思います。よろしくおねがいいたします。

 

 

 

冬から夏へとめぐる二人

 みなさん、こんにちは。みおです。

 現在、時刻は十四時を回ったところです。昼間にブログを書くのはずいぶん久しぶりだな、と思いつつ、編集ページを開いております。ブログだけでも、正確な時刻の表示される外部サイトさまにお世話になればいいのかもしれませんが、私はこの、自分で説明しないと時間もわからない不便さが、なぜだか逆に好きです。なんでもかんでもプログラミングに任せちゃうのがもったいないのかもしれません。日記を書いているときの時刻も空の色も、自分でいちいち説明する、この中途半端に不便な感覚が楽しいなと、とりあえず今は思っています。

 

 いつもいつも、前置きが妙に長くなってしまうのですが、今日はさくっと更新のお知らせに入ります。一大ニュースだからです。私にとってもみなさんにとっても、です。

 みなさま、大変です。

 トップの更新情報をご覧いただければ一目瞭然なのですが。現在ピクシブにてご活躍中のこなさんが。あの大人気書き手さまのお一人であるこなさんが。なんと私などのために。お話を。お話を。書いてくださったのです。

 ちょっと、あの、こちらをご覧いただいておりますみなさまの多くのかたも、ご存知かと思います。こなさんです。あのこなさんです。最初に「みおさんへお話を」とのDMをいただいたときには驚いてしばらく呼吸が止まりました。これは本当に本当の話で、ちょうど勤め先でお昼の休憩に入ったときだったのですが、うっかりおべんとばこ落としかけました。ついでにスープボトルも滑り落としかけました。目も当てられないほど動揺しました。それほどに突然のお話で、嬉しさよりも驚愕のほうが上回ったのでした。笑 今回掲載の許可をいただくことができましたので、こちらに置かせていただく運びとなりました。

 こなさんのお話はそれこそ、ピクシブに登録した頃から拝読しているのですが、もう。もう。たまらないですよね。こなさんのお書きになる教官と郁さん、二人とも、かっこいいんです。かっこいいのに可愛いんです。二人とも。大好きなお話がたくさんあって、これがオススメ!と簡単に言えないほどなのですが、なんていうんだろう、生きているんです。本当に二人や他のキャラクターが、そこにいて、生きていて、彼らの戸惑いや悩みを抱えながらも、日々をたのしんで、ちゃんと息をしている気がするのです。

 ああ!足りない!語彙が足りない!よんでくださいってしか言えない!ピクシブに登録されていないかたでも大丈夫ですよ、全年齢のお話であればログインせずとも拝読できますからね!!※謎のピクシブステマ

 そんな、お話に鼓動をもたらすまさに神のような書き手さまであるこなさんが、このちっぽけなヤギに贈ってくださったお話です。いつもそうなんですけど、こなさんのお話に出てくるごはんとかお菓子とか、いつも美味しそうで毎回おなかがへります。今回いただいたお話もね、正直、夜中にお読みになるのはおすすめできませんよ。就寝二時間前の拝読をおすすめしますよ。ほんとにドーナツ屋さんに駆け込みたくなりますからね!笑

 それで、僭越至極とはまさにこのことなのですが、そのすてきなすてきなこなさんのお話に、後日談のような形でお話を贈らせていただきました。私のほうは相変わらずのモヤっと花曇り感がぬぐいきれていなくてお恥ずかしい限りなのですが、せいいっぱいかきました。(真顔)よろしければ、ついでに眺めてやっていただければと思います。

 こなさん、ご覧になっているかどうかはわかりませんが、貼らせていただきましたー!DMでは言い忘れてたんですけど、ヤギはオールドファッションがいちばんすきですーー!ありがとうございますーーーー!!※関西目掛けて声高に

 

 今日は土曜日で、私はオフなんですが、お休みの日って本当にあっという間にすぎますね…大好きな漫画を読み返していたらすっかり午後になってしまっていました。笑

 夜から予定が入っているので、これからあわあわと用を片付けてきます。それでは、本日はこれにて!

 

 

 

夜の真ん中

 こんばんは。

 ただ今、時刻は間もなく夜中の一時を回ろうかという頃です。とても静かな夜です。今音楽を聴きながらこちらを打っているのですが、そういえば車の運転中以外に音楽を聴くのは久しぶりです。運転をしていると、左から入って右に流れ出ていくんです、音楽。やっぱり、お茶を飲みながらゆっくり向き合う音楽はいいなぁ。満たされ方が全然違う。

 それと、夜中にキーボードに触るのもだいぶ久しぶりです。冬の間、特に年始の頃は、この時間くらいから数時間文章を打っていたのですが、いかんせん体力がないものですぐに熱を出して寝込みました。笑 だけど本来、私は真夜中のほうが言葉を繰れる人間なので、この時間のほうがいいんだよなぁとも思います。基本夜型なんです。昼間は空が明るくて好きだけど、自分の中の彼らの心の移り変わりや心象風景と向き合うには眩しすぎるのです。真夜中、二時が、一日の中で一番好きです。言葉と向き合いやすい時間帯。いつさやの「依存症」はちょうど二時頃に書いたお話です。

 

 いつものことながら前置きが長い。更新報告に移ります。笑

 先月末に、「花と嵐」というお話を更新しました。各所にてご感想をくださったかた、どうもありがとうございます。

 青い鳥SNSで仲良くしていただいております、梅ユカリさまからのリクエストというかお題というか、とりあえず「苦手意識」というテーマをいただきまして書いたお話でした。花に嵐、という言葉は、そもそもは「花に風」という諺を元に、小説家・井伏鱒二氏が遺した言葉です。「花に嵐のたとえもあるさ さよならだけが人生だ」というフレーズを、耳にしたことのあるかたも少なくないのではないかと思います。意味は辞書を引いていただければすぐに出てきますが、平たく言うならば「いい場面で入りこむ邪魔のこと」、というニュアンスの言葉です。ちなみに「苦手意識」というこのお題に対して、堂上さん目線のお話を書くことも考えたのですが、時期がちょうど花の綺麗な季節だったので、郁さん目線のこちらのお話を贈らせていただきました。梅さん、リクエストどうもありがとうございました!

 それから、本日更新しました家庭教師パロディ「感傷と数式」の番外編のご報告です。「空の名前」というお話です。0.5、と番号付けされているのは、単に1より前のお話だから。高校生郁さんが、まだ堂上さんとそわそわしないでお話しできていた頃の一幕です。笑 こちらは本来、件の青い鳥SNSで時折やらせていただいている、千字くらいの小話の一つとして載せていたものです。せっかくなのでウェブにも貼っておこうかなと思って、加筆修正したものを更新しました。かてきょパロは基本的に、私の中のJK郁さん18歳と院生堂上22歳(途中から23歳)に対する萌えをただひたすら集めて煮詰めて昇華させたシリーズなので、読んでもらえるだけいいかな、という印象がどうしても拭えません。笑 少しでも楽しんで、そして同意していただけたら嬉しいです。その折には是非DMください。お待ちしております。笑

 いずれも、とても短いお話です。本来短いお話を書くのはそれほど得意ではないのですが、アイフォンで長文はやっぱりきつくて、なんとなく二千字前後で止まってしまいます。少しずつでも長いお話を書けたらいいなぁ。年内に群青終わらせることをひそかな目標としているので、地道に頑張りたいなと思います。笑

 

 ああ、夜中だ。こんな時間に起きていられるのは久しぶりで、嬉しくて眠りたくないのですが、日中は予定があるのでそろそろお布団に入ります。

 命の数だけ、などと大仰なことは言えませんが、こちらを読んでくださっているあなた様の、これから続く日々の夜が、その一夜一夜がどうか優しくありますように。

 では、おやすみなさい。

 

 

 

冬の京

こんばんは。みおです。
先日は簡単なご報告のみの日記になってしまいましたが、そんなわけでささやかながら日頃のご愛顧感謝企画でした。ご感想を寄せてくださったかたもいらっしゃって、とても嬉しいです。どうもありがとうございます。
先日わたわたしながらの日記になってしまったのは、翌日からちょっとした旅を控えていて、その準備が間に合っていなかったからでした。笑  というわけで、京都に行ってきました。学生の頃、部活の演奏会で舞鶴には行ったことがあったのですが、南部の観光は今回が初めてでした。京都、やっぱり素敵なところだなぁ。とてもたのしかったです。京都は、言葉がやわらかいですね。私の住んでいる場所は割と口調が強い土地なので、京都の方々がお話しているのを聞くのはなんというか、とても癒されました。笑  何より、ずっと行ってみたいと思っていた土地だったので、鴨川の流れを見た途端思わず「おおお京都ー!!」と叫んでいました。笑  ずっと以前に仲良くしていただいていたクラスタさんの数名が、京都の方々だったので、あああの神様たちはこの素敵な街に暮らしていたのだなぁと感慨を覚えました…
旅行、ものすごく好き、というわけではないのであまり行かないのですが、今年はもう何箇所か行けたらいいなぁと思っております。

さて、ここからはただの宣伝なのですが、最近某所にて、一次創作の掲載を始めました。ここにURLを貼るのは控えさせていただきますが、関心を持ってくださるかたがもしいらっしゃいましたら、DM等でお声かけいただければと思います。
不特定多数のかたにオリジナルを読んでいただく機会を初めて持ちました。のんびりたのしくやれたらいいなぁと思います。



きすのかくげん

 すっかり日差しは春めいてまいりましたね。みなさん、こんにちは。

 さきほど、企画としてのお話を更新しました。textsの「event」というところにあります。かの有名な格言をお借りしての企画です。たくさんの文章ではないのですが、少しでも楽しんでいただけたらうれしいなと思います。

 できればここで、今まさに沈みゆかんとする日の光を窓の外に眺めつつ、ゆっくり日記を書きたいのですが、ちょっと色々ありまして時間に余裕がなくなってきてしまったので(笑)、惜しいのですが後日また来ます。みなさまどうぞ、素敵な土曜の夜をお過ごしください!

 

 

 

御礼

みなさん、こんばんは。みおです。
間も無く二十時を迎えようかという頃です。おもては雪が降っています。雪などめったに降らない土地なので、時折窓辺から外をのぞいてはそわそわしております。雪は好きだけど、運転が怖いなぁ。ですが昔、雪国に住んでいたことがあって、その頃の雪に比べればはるかに優しい降りかただな、とも思います。はらはら光を帯びながら注ぐ結晶の美しさが、少し嬉しい夜です。

今日は更新のお知らせではなくて、みなさまへのお礼を申し上げたくてブログを書いております。
ひっそりと設置しておりましたR18エリアへのパス申請のご連絡が、なんと、百名様を超えておりました。びっくりです。もっと名の知れたお方の大手サイト様であれば百なんてちっぽけな数なのだと思います。ですが、こんな、日陰にわずかにさした陽だまりみたいに小さなサイトに、こんなにたくさんのお方がいらしてくださって、かつ鍵のかかったお話を読んでみたいと思っていただけたことを、とても嬉しく、ありがたく思います。
申請のメールをくださったかたも、全年齢を大切に読んでくださったかたも、丁寧なご感想をお聞かせくださるかたも。何よりまずこのサイトに訪れてくださったあなた様へ。改めてお礼を申し上げたく思います。いつもお付き合いくださいまして、本当にありがとうございます。こんなに息の長い場所になるとは、正直思っておりませんでした。
そう遠くならないうちに、ひっそりとお礼のお話を更新できたらなと思っております。全年齢になるかRになるかはまだ未定ですが、ここでだけ公開するお話にしたいなと考えています。リクエストとか、受け付けたほうがいいんでしょうけどね。でもなんだかそこまでするのもはずかしいので、私が思いついたいつものダラっとしたお話をダラっと掲載しますね。笑

地域によっては、明日にかけてまだまだ激しい寒さが続くようです。みなさまの心身がともにあたたかくあれますようにと祈りつつ、本日はこれにて失礼いたします。どうぞ、素敵な冬の一幕をお過ごしください。



大丈夫、あなたなら

 こんばんは。

 夏は涼しく冬はあたたかいという、比較的過ごしやすい気候の地域に住んでおりますが、今日は冷え込みが激しい一日となりました。めったに降らない牡丹雪までちらついたので、車通勤の身としてはかなりハラハラしたのですが、小一時間ほどで積もらずに止んでいきました。わあ…冬だ…笑

 そんな本日はもう何度目かのカミツレデート記念日ですね!拙宅におきましても、先ほどひっそりとお話をひとつ更新させていただきました。

 先日、「two become one」のまめこさんへとお贈りしたお話です。「遠くの街で」というタイトルなのですが、これはもうほぼ完全にまめこさん個人へとお贈りしたお話なので、今作はピクシブへの掲載は控えさせていただきますね。そう、今回はサイトでしか読めないお話!です!ふっふう!

 まめこさんとは、おもにピクシブやツイッターで仲良くしていただいております。仲良くさせていただけること自体が奇跡と思っております。まごうことなき本音です。こちらを読んでくださっている皆様の多くのかたも、ご存知でしょう。まめこさんのとしょせん!まめこさんの!どういく!!

 な ん で あ ん な に 萌 え る ん だ よ ! ! ! !

 堂郁書きの神々のお一人として慕っております。もうもうもう!かっこいい!かっこいいんです!教官!篤さん!!どうしてあんなにかっこよく書けるのでしょう。うちの堂上にまめこさん堂上の爪の垢煎じてのませてさしあげたいわ。そして教官の隣に並び立つ郁さんがこれまた少女でありながら女神なのです。キャラクターの個性がほぼほぼ原作そのままに出ていながら、さらに発展した二人と周辺の姿を見せてくださいます。優しくもストイックな文章から滲む躍動感と高揚感。私に無いもの盛りだくさん!もう一度申します。神として慕っております。

 まめこさんがあんなにご丁寧なお言葉でもって拙宅のお話について語ってくださったというのに、ヤギときたらこの体たらくですよ…あの、とにかく、素敵です。というか私が懇切丁寧に説明せずとも、皆様もうご存知のはず。まだまめこさんの堂郁に出会っていないかたがいらっしゃいましたら、上記のリンクからも、なんならこちらのサイトの「Link」ページからも、これからはアクセスすることができますので!※ステマ上等

 まめこさんのブログにも本日、私が不相応にも贈らせていただきました同じお話とリンクを貼っていただいてしまいました。どうしましょう。この上ない恐縮です。恐縮というか不安です。あの素敵な作品の群れの中に不純物として紛れ込んでしまった感半端ないです。とりあえず、気持ちだけはしっかり込めて書きました。まめこさんに伝わっていればもういっかなっていうお話ですが、もしよろしければ、さらりと眺めてやってください。

 まめこさん、このたびは掲載ならびにリンクをどうもありがとうございました!

 

 

 

新春のごあいさつ

 新しい一年がはじまりましたね。こんにちは。またはこんばんは。みおです。

 お正月、というか、新しい一年が来ることを表す日本語がたくさんあって楽しいな、と、最近つくづく思っております。新春と言ってみたり、迎春と言ってみたり。年賀状の書き出しなんか見ていると顕著ですよね。先日届いた親戚からの年賀状には、「敬頌新禧」とありました。はじめてみる日本語だったのでテンション上がりました(などと書くとまるで私が外国の人みたいですね。笑 日本人です)。それと、年賀状の書き出しに句読点を使ってはならないとのお話を初めて聞いて、慄いております。ほんとだ!テンプレートを見ると、改行で読みやすくはしてあっても「、」とか「。」とかつかってない…!理由は聞きそびれてしまったので、これからググってみようと思います。

 日本の、静かでありつつもきちんと新しい年に感謝を表する元旦の過ごしかたがとても好きです。とはいえ、外国の「ハッピーニューイヤー!Hooo!!」も明るくて賑やかで好きですけどね。笑 堂上夫妻はどんなお正月を過ごすのかなぁ。それぞれの実家に帰省して過ごすのでしょうが、おそらく大いに飲まされるのは笠原家の方だろうな…兄貴が三人もいるんですもんね。いいなぁ、笠原家のお正月たのしそう…

 

 昨年は私事にて色々とありまして、明るく楽しい一年だった!とはとても言えない年でしたが、今年はもう少し精力的に毎日を楽しく過ごせたらいいなと思うようになりました。自分から、外へ出れる人間になりたいです。私おうち大好き人間なので、放っておくといつまでも外に出ようとしないのですよ…及び腰になりがちな旅行とか(好きなんですが事前の準備で疲れきってしまうのです笑)、日帰りでもちょっとした遠出とか、今年はもう少し楽しめたらいいなと思っております。どんだけインドアだよヤギ…

 お話を書くという観点においては、もう少しコミカルなお話を書けるようになりたいです。暗いし硬いですよね。わかってんだよなぁ。なんで毎度花曇りの展開になってしまうのか…笑

 私、このサイトに管理画面も含めてカウンターをつけていないので、日々どのくらいのかたがここにお越しいただいているのか本当に知らないんですけど(笑)、今年もこの小さいひだまりみたいな場所で、ぼちぼちだらだら書いていられたらいいなと思っております。

 それでは、お付き合いいただけるみなさま、本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

何もかもが思い通りになんかならないけれど

こんばんは。
すっかり日付が変わってしまって、現在零時を回ったところです。ねむたいです。ねむたいのですが、とりあえず飲んでおります。ふわふわするしねむいです。※寝ろ
昨日になってしまいましたが、新しいお話を掲載しました。「西高東低」というお話です。言葉の響きが綺麗なので、一度お話のタイトルとして使ってみたいなと思っていた言葉です。なんかきれいじゃないですか?せいこうとうてい。
タイトルの由来はさておき、今回は久しぶりに堂上夫妻のお話です。つらくて逃げ出すほどではない、本当に些細な、それでもなんとなく思うようにいかない日々。そんな時間でさえ全力で楽しみに行く郁さんと、郁さんを眩しく見つめながら隣で笑う篤さんが書きたかったのでした。本当はクリスマスのお話を二十五日までに書けたらと思っていたのですが、なんとなく気がのらなくて、いざ聖夜が明けてみたら、急に二十六日の二人を書きたくなったのでした。なんというか、不思議ですね。やはり二次創作、というかお話を書くという行為は、自分の日常が確固たるものであるほどに現実味を帯びてくれるのかな、と思いました。
脱線してしまいましたが、そういうわけで、休日を家の中でダラダラ過ごす堂上夫妻のお話です。ダラダラ書いたので、よろしければのんびりダラダラ読んでみてやってください。少しでも皆さまの息抜きのお手伝いができたら、これ以上嬉しいことはないです。



ぼんやりしている間に、今年も残すところあと数日になってしまいましたね。
個人的には、二次創作はもうやめにしようと思ったり思わなかったり、なんだか人様をたくさん巻き込んでしまったな、と反省したり、他にも色々、総括すれば良い年だったとは言えない一年になってしまいました。来年はもっと、人を大切にしたいです。それと、群青もいい加減進めたいです。笑  頭の中ではもう完結してるのになぁ…笑
でも今年はね、レバー食べれるようになったんですよ!ずっと苦手だったんですが、最近ちょっと好きなくらいです。レバーの焼き鳥おいしいですね…今も頂いております。あと、カフェオレも飲めるようになりました!コーヒーが苦手で、カフェオレもずっとのめなかったのです。飲めるものが増えると、世界の見え方ががらりと変わりますね。笑  お砂糖入れなきゃつらいけど!カフェオレおいしい!でもコーヒーは克服できる気がしないな!!
気づけば私事ばかりで申し訳ありませんが、皆様がどうか良き年末と新年をお過ごしになれますようにと、ヤギはひっそりお祈りしておりますね。年末の、高みへと向かう空気が大好きです。どうか風邪など召されぬよう、そしてその空気の中で皆様の2015年が昇華されますようにと願いつつ、本年の幕とさせていただきます。
それでは皆様、良いお年を!よろしければ、来年もよろしくお願いいたします。




ひとりの心

こんばんは。もうすぐ日付変更線を跨ぐという時刻です。続いた雨のせいか、今日はあったかかったなぁ。
すでに一日前の話になってしまったのですが、新しいお話を掲載しました。「Nowhere gray」という、手塚夫妻のお話です。タイトルは一応ダブルミーニングで、「どこにもいない灰猫」という言葉をどう捉えていただけるかで変わってくるかなと思います。「どこにも(居ることのできない)灰猫」か、「どこにも(もう)いない灰猫」か。テーマにしたわけではないのですが、ウーバーワールドさんの「NOWHERE boy」という曲を聴きながら書きました。寂しげなのに美しいメロディが大好きなナンバーです。
思い出せる限りでは、恐らく初めて手柴のピンを書きました。てしばいくはたまに書いていたのですが、手塚と麻子ちゃんの心情描写って私にとってはとても難易度が高くて、今まで真面目に書いたことがありませんでした。でも最近とても手柴熱が高くてままならなくなって、普段以上に稚拙な文章になってしまうことは百も承知で、それでも愛だけはこめて書きました。笑
手柴!いいです!いいですね!今までも普通に好きだったんですが、実写以降急速に惹かれております。実写のお二人本当に素敵だったもんなぁ…不慣れではありますが、手柴はどうしても書いてみたいお話がもうひとつだけあるので、そのときまたリベンジをはかりたいなと思っております。まだまだ表しきれない部分が多すぎる。うーん、頑張ります。

それはそうと、最近全然堂郁を書いていません…。先日更新した「箱の中」も、前述どおり、以前から書いていたものですし…笑
私事になってしまうのですが、今月の末に学生時代の友人が結婚式をするので、そのための準備やら何やらであわあわしています。私、式の余興って初めてやるんです!笑  べつに踊ったりはしないんですが、とてもたのしみだなぁ。
あと、結婚式のたのしみなところは、日常ではなかなか着ない綺麗なお洋服を着れることですよね^^  お洋服は本当に不思議です。着ているものがちょっと違うだけで、胸がどきどきしてしまいます。
そんなわけで、普段は女不肖している私が、めずらしくファッションだのメイクだのヘアセットだのを研究しております。こうやって、きれいなものを見ている時間は楽しくて大好きです。女子でよかったなって思います。へへへー^^



誰にも言えない

 こんばんは。現在、夕方の六時を回ったところです。お休みの日は過ぎていくのが本当にあっという間で、少しさびしいです。

 本日未明に、R18部屋に新しいお話を掲載しました。「箱の中」というタイトルです。どんなお話かは、敢えて触れずにおきますね。色々アレなお話なんですが、楽しんでいただけたら嬉しいです。少なくとも書いている私は楽しかったです。特にラストが。笑

 最近、ハイペースでお話を書けていて、自分でも少し驚いています。こんなにペース早いの、としょせんの同人始めた数年前以来じゃないかな…

 最近ここに掲載したお話は、どれも愛機のMacではなく、アイフォンで書いたものです。今までは携帯でお話を書くことってそんなになかったんですが、最近はお話を書くのに便利なアプリを入れたり(文字入力アプリです。すごく使いやすくて助かっています。字数カウントもしてくれますしね)、苦手だったフリック入力を練習したりして(友人にラインでがんがん話しかけてもらっています。笑)、環境の向上に努めた結果が出たかなと!笑 なかなかパソコンの前に一人でゆっくり座る時間が取れないので、空いた時間に少しずつ書く練習もしてきました(元々一気に勢いで書くのが好きなので、一旦間が空くと何も書けなくなってしまうことがあったんです)。練習、というか、お話を書くのは私の数少ない、それでいて最大の趣味なので、楽しいことを楽しむためにしてきた特訓なのかもしれませんね。

 R18のお話は、正直書いていると途中で飽きてしまうことが多くて(笑)、これも半年以上前に半分くらい書いたのをずっと寝かせていて、最近ようやく終わらせたものです。私のR18は本数が少ない上、半分がパロディなので、これからは気が向いたときに、夫婦になってからのものや、小毬や手柴も書いてみたいなと思ってはいます。そのときにはまた、さらさらっと眺めてやっていただけたら嬉しいです。




どういくのひ2015

過ぎちゃいましたね!笑
それもどういくのひだったのに、真っ先に小毬更新してるのなんて多分私くらいのもんですな!笑
というわけで、新しいお話を掲載しました。「明日、世界がどしゃぶりの雨でも」というタイトルです。積極的に明るいお話ではないと思います。実はこれを書いているとき風邪で少しだけ寝込んでおりまして、がんがんする頭でぼんやり色んなことを考えながら書いたお話だったのでした。
終わってしまったものが拓く何かもあるといいな、と、たまに考えます。拓かれた何かを、見逃さずに見つけられる人間でありたいな、とも。
というわけで、またしても万人受けからは遥か遠いテンションのお話です。笑  でも、少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです。

そんなわけで、すっかり風邪をひいておりました。皆さんも体調管理にはくれぐれもお気をつけください!まあロボットじゃないのだから、いつでも健康でいられるほうが珍しいと思います。そんなときには少しだけのんびりする時間が、皆さんの手元に訪れますように。
で、そんな中ではありましたが、見てきました。ラストミッション。見てきましたよ。
見てきましたよ…!!!!
これに関しては、また別の機会に感想をきちんとまとめてから、ワンクッションを置いて掲載させていただきますね。私は地元の映画館で、一人で観覧してきました。のどが良くなかったのでマスクをしていったのですが、マスクとても役に立った!!おひとりさま観戦を予定されている方は是非!マスクあったほうがいいです!!色んな意味で使えます!!笑
絶対DVD買っちゃうと思います…ブクメモといっしょに…まさかここまでハマってしまうとは実写!公開している間にもう一回は見に行きたいなぁ!来月忙しいからまだわからないけど!
これから来館を予定されているかたは、是非是非楽しんできてください!もう見たよというかたは、これからもがっつりフォローしていきましょうね!GOGOGOGOGOGOGO‼︎‼︎





こころのかけらをうけとる日々に

本日、「読書感想文」というお話を更新しました。アイフォンからの更新はいつでも緊張します…アプリ落ちるのではないかといつもヒヤヒヤしてしまいます。笑
先日テレビ放映されました、「図書館戦争  ブックオブメモリー」を受けてのお話です。私、原作の頃から恋の障害のお話が大好きなんですけど、まさか実写で小毬を拝める日が来るだなんて…!それも予想をはるかに上回る出来映えだったなんて!あの日の自分に教えてあげたい!もしもタイムマシンがあったら!!
地上波放映された実写一作目も特別ドラマも、録画しておいて後日ゆっくり拝見したのですが、私、正直なところそれほど実写好きじゃなかったはずなのに(きらいなのではありませんよ。いまいち馴染まなかっただけなのです)、久しぶりに実写見たらなんだあれ!なんだあれ!!普通にとしょせんだ!!と悲鳴をあげながら視聴しました。笑    ドラマに至っては号泣しながら見ました。田中教官のかっこよさに悶え泣きしましたし、何よりつちやたおさん演じる毬江ちゃんの健気さと強さにボロ泣き食らいました。本当にお見事。スタートから終わりまで、完全に中澤毬江さんだったと、個人的には思っております。
まだラストミッションは見ていないのですが、体調に問題がなければ、週末におひとりさま映画でソワソワしながら観覧してこようかなと計画しております。映画館なんてずいぶん久しぶりだ!おひとりさま映画なんてさらに久しぶりだ!どきどきします!
俳優さんたちと、製作に携わるスタッフの皆さんの熱意が、これでもかというほど漲る素晴らしいドラマだったと思います。映画を観に行かれた方々の声も聞きましたが、多分ラストミッションも予想以上に凄いのだろうなと、なんとなく思っております。楽しみだなー!はやくこいこい土曜日!
で、そんなバカ高いテンションのまま書いたものですので、伝わりにくい部分もあるかもしれません。静かに絆を育てていく小牧さんと毬江ちゃんの、言葉通りの「読書感想文」です。文調や互いの勧める本の内容、修正や誤字の位置なんかにも、一応意味を込めて書きました。少しでも届いてくれたら、嬉しいです。





「群青」の二話目を更新しました

 こんばんは。

 すっかり秋めいてきましたね。七月から夜眠るときのお布団には夏掛けを使っていたのですが、昨日はさすがに寒さで厚手の掛け布団を出しました…それでもここ数日、私の住んでいるところは気持ちの良いくらいの秋晴れが続いていたので、昨日今日だけで洗濯機八回は回しました。四季はどれも好きですが、秋の好きなところは気候がよくて過ごしやすいところです。空気が澄んで、明るくて、眼に映る多くのものがきらきらして見える季節。花の色も枯葉の色もそれぞれにきれいで、金木犀や落ち葉のこおばしい香りがたくさん漂って、五感のすべてで体感できる季節ですよね。あったかいお茶も一層おいしくなってきました。今もそろそろ二十二時を回ろうかという頃ですが、ガラスポットに緑茶をいれて飲んでいます。お茶おいしいなぁ。だいすきです。

 私事ばかりで数行を消費してしまいましたね。言葉が捗るのもまた秋の効能ということにして。

 本日、「群青」の二話目を更新しました。オリキャラが多いお話なので、読む方を選ぶ中編だなぁと自分では思っております。いわゆるちょいキャラならまだしも、お話の流れに大きく関わってくるオリキャラが多いのですが、実は以前からそんなお話も一度書いてみたいなぁと思っていたのでした。自分の世界観を小出しにしつつ、でも二次創作だよ、くらいのスタンスを目指したいなと考えています。そのバランスが難しいのですがね…もう少し原作の力強さを反映できたらな、というのも今後の課題です。年末までに完結できたら奇跡、くらいのペースでですが、少しずつ進めていけたらなと展望しております。

 

 それと、こちらのメールとピクシブDMのお返事を少しずつ進めさせていただいております。毎度反応が遅くて申し訳ありません。どのお言葉も、有難く拝読しております。少しでも楽しんでいただけたら嬉しいなと、ひっそり思いながらゆっくり進めていきます。

 それと、よく把握していなかったんですが、もうすぐスパークなんですね。去年は急用が入って行けなかったっけな、とぼんやり思い出しております。今年も参加の予定はありませんが、御本を販売されるかたも、お目当ての新刊があるかたも、めいっぱい楽しんできてくださいね^^

 

 

 

組んでいく

せっかく中編を書き始めたので、プロットを使ってお話を書く練習をしています。
普段から、どれだけ長いお話を書いてもプロットは使わない(作っても結局その通りにおさまらない)のですが、今回の中編は登場人物がやや多いことと、彼らの心情をひとつひとつ追っていきたいなとの思いから、プロットを作ってみることにしたのでした。どうしても勢い任せになってしまう傾向があるので、一歩引いたところから出来事を俯瞰するところから始められたらいいなぁと思います。
いざ書き始めてみると、お話の流れを書くだけでも結構大変です。笑  とはいえ手書きをすること自体は好きなので(字は下手くそですがね)、思ったより楽しんで作業をしています。普段から何を書くのにも、音楽を聴きながら進めるのが好きなんですが、最近は今更ハマってしまった米津玄師さんの歌ばかり聴いています…かっこいい…ループとまらない…米津さんまだにじゅうよんさいとか…うそでしょ…ブルブル
とりあえず郁さん目線での流れはまとまりつつあるので、他のキャラの心境も合わせながら、緊張感と勢いのある、それでいて繊細なお話にしてあげたいなと思っております。教官をひたすらソワソワさせたいです。がんばります。笑



そういえば最近、私生活で消しゴムはんこの製作を強いられる場面があったんですが、消しゴムはんこめちゃめちゃお手軽ですね!でも私は、彫刻といえば石だの木だのをひたすら掘り続けたいタイプなので、正直消しゴムじゃものたりなかったです。笑
今度柔らかい石を拾ってきて、何でもいいからガンガン掘りたくなりました。田舎だから木片もそのへんによく転がってるし、浜に降りれば流木もあるかな。
ちなみに彫刻刀は小学生のときのを使っています。持ち手がラバーになっている、ほりおくん、という名前のついた愛刀です。笑



群青

 こんにちは。

 先日のブログにメールをくださった方々へまずはお礼を。お言葉をどうもありがとうございます。正直もうここ誰も覗いてねぇだろ…と割と本気で思っておりましたので、素直に驚きました。その分とてもうれしいです。ありがとうございます。後ほど改めてお返事をさせていただきますね。

 それと本日、中編の一話目として、新しいお話をひとつ更新しました。群青、というタイトルです。東京事変さんの「群青日和」から拝借しています、というのはここだけの話。

 残暑に真冬のお話というのもオツすぎるんですけど、時系列を辿っていくと、この設定を放り込めるのがこの、稲嶺さん勇退後からカミツレデートまでのわずかひと月ほどの間だけだったっていう…私もほんとは夏ないしは秋っぽいお話にしたいなぁとか思ってたんですけど無理でした。笑 アレでしたら年末まで寝かせてからお読みいただければと!笑 いやそれまでに書き終われてるのかっていうそこなんですけど…

 郁さんの、「初恋」のお話です。それまでの郁さんの片思いを軽んじる意味合いはまったくないのですが、それでも個人的に、きっと郁さんの本当の意味での「初恋」の相手って、教官だったんじゃないかなって思うのです。(そうであってほしいからそう思ってしまうのかもしれませんがね。でもなんとなく、そんな気がするのでした。少なくとも我が家の郁さんに限っては)

 それと、今回は極力、文章中の言葉遣いを原作に寄せて書けたらいいなと思って努力だけはしております。有川先生のパワー漲る言葉の力を少しでも勉強したくて、とりあえず文庫の危機を買ってきました。笑 原作は今まで、「明日の街」を書くときどうしても必要だった革命の文庫しか持っていなくて、(昔はハードカバーで揃えていたんですが紛失してしまったのでした)久しぶりに原作の文章に触れたのですがやっぱり公式が最王手ですね…!元々読むのは内乱と危機がツートップで好きだったんですが、改めて痛感しました。もう!だいすき!としょせんだいすき!!最近角川文庫さんのカバーも、ハードカバーの装丁を核にリデザインされたものが出てとても嬉しいので(ハードカバーの表紙大好きなんです)、この機会に残りの四冊もゆっくり集められたらなぁと思います。いい大人なんだから一気に買えよって話なんですが、本をまとめて買うのあまり得意じゃなくて。そのときどうしても読みたいと思ったものをゆっくりお迎えする、くらいのスタンスが一番気分的には落ち着くようです。

 すっかり脱線しましたが、そんなわけで原作は相も変わらず神でした。神でした。※二度

 実写映画は観に行くか少し迷っております。実写二作目自体は楽しみなんですが、耳が少し弱いので映画館の音響が苦手なんですよね。一緒に行けそうな友人に声をかけてみようかな。




ご無沙汰しております

ご無沙汰してております以外の第一声が思いつきませんでした…!ごぶさた!しております!!生きております!!

色々ありまして!

元気だったんですけど!

正直なところ無気力症候群に打ち勝てないまま九ヶ月過ごしました。どれくらい無気力だったかって、今年海行ってないんですよ!この私が!海大好きっ子の私が!徒歩三分で行ける海に!!※知るかよ

パス申請のご連絡もせずに、まずは本当に申し訳ありませんでした。時間をかけて、本当にやっとなんですけど、ここに戻る気力が湧いてきました。笑

昨年末からほとんど文章をパソコンで書くことがなくなっていたので、今これ打つのもミスタイプ多すぎて泣きそうです。そんなてのひらでですが、そろそろ何か書きはじめようかなと最近思い始めました。得意の書く書く詐欺フラグが立ちそうですけどね。もう立ちましたかね。折りに行けたらと思ってはおります。

とりあえずの第一歩として、サイトのPCレイアウトも秋らしくしてみました。ロゴも無料メーカーさんで作ってみましたよ。ヤギかわいいですよね////※自画自賛

で、今更新できるお話が手元に何一つないので、せめてものアレで申し訳ないのですが、先日某snsにて上げておりました「作る予定のない同人誌あらすじ」をここに貼っておきます。大体堂郁です。140字の壁に阻まれて詳しく書けなかった部分を少しですが加筆しておきます。少し長いので、お時間のあるときにでもさらっと流していただければ嬉しいです。




【フォロワーさんにもらったタイトルで同人誌のあらすじ書く】

(1)「やさしい好奇心はうしろむき〜真夜中は修羅場〜」堂郁(上下官期)

創立100年の歴史を持つ高校図書館が良化隊の標的とされた。戦闘開始は一般人のいない夜間となり、図書特殊部隊は深夜の高校に陣営を構える。堂上班は図書館内で二手に分かれて待機、その際郁は堂上が学生時代に愛した本と、彼の思い出話を聞く。


(2)「残響」堂郁(恋人期)

当麻蔵人事件後、笠原郁には異変が起きていた。射撃訓練の際、耳に必ず雨音の幻聴が発生する。恋人となった堂上にも打ち明けられぬまま時が経ったある日、抗争時の火器使用を禁ずる旨の条例案が持ち上がる。銃声にトラウマを抱えてしまった郁の内面の動きを描く。


(3)「夏酔い」堂郁(恋人期)

例年以上の暑さに見舞われたその年の夏、郁は堂上と縁日へと出かける。熱気と浴衣と人ごみに目眩を覚えた郁は、堂上に介抱されて金魚掬いの屋台の裏のベンチで休む。飲み物を買いに行ってくれた堂上をぼんやりと待っていた郁の元に、幼い頃の堂上篤が、金魚の入った袋を携えやってくる。


(4)「猛暑日の堂上班」堂上班と柴崎(堂郁恋人期)

誠信じがたい話ではあるが、特殊部隊事務所の空調は規定により十七時丁度に切られる。それより先の残業は扇風機のみで乗り切らねばならない堂上班に、定時上がりの柴崎がパピコの差し入れを持ってくるのだが…誰と半分こするかで苦悩する堂上笠原手塚の動揺を追う。



【ふぁぼきた数だけまったく作る予定のない同人誌のタイトルとあらすじを書く】

(1)「I.D」堂郁(夫婦期)

春の夜半、些細なことで喧嘩をした堂上夫妻。堂上は家で自棄気味に飲み続け、そろそろ頃合かと十時過ぎに、郁が駆け込んでいるであろう先の柴崎に電話をするが、来ていないとの返答。その頃郁は満天の星空の下、度数4%の缶チューハイを片手にふらついていた。郁のルーツと二人の絆を描く。


(2)「スクエア」堂上班(堂郁上下官期)

雪積もる夜の抗争中、銃弾を避けるため堂上と郁は良化隊の10tトラックのコンテナに飛び込む。そのままトラックは走り出してしまい、二人は荷物に隠れて、無線で小牧たちに現在地の手がかりを報せる。図書隊は二人を回収できるのか、そして冬の寒さに凍える二人の運命やいかに。


(3)「夏が還る、きみは笑う」堂郁(夫婦期)

火器使用に関する法令改正が実現したその年の夏、様々な雑務に追われて気づけば八月も終盤に差し掛かっていた。夏らしいことがしたいと主張する郁を、堂上は向日葵畑に連れていく。出先で贈った麦藁帽子と白いワンピース。堂上の目に瑞々しく映る夏の日の郁の姿を書く。


(4)「追憶」郁と稲嶺

当麻蔵人事件後の休日、稲嶺家へ挨拶にやってきた郁を稲嶺はにこやかに迎え入れる。手入れの行き届いた庭を眺めながら、郁は稲嶺が語り始めた、この家で重ねた在りし日の奥方との思い出に耳を傾ける。出会いの春。小さなけんかと、最後の夜。稲嶺夫妻の壮絶かつ穏やかな過去に迫る。


(5)「鈍の花」堂郁(恋人期/R18)

抗争の片付けが済んだ雨の夜、右太腿に擦り傷を負った郁は女子更衣室で着替えをしていた。そこへ、郁の怪我に気づいていた堂上が顔を出す。浅い傷はしかし、郁に、かつて堂上が同じ箇所に負った傷の記憶を彷彿とさせた。更衣室で互いの存在を確かめ合う二人の営みを描く。


(6)「群青」郁→堂(上下官期)

男の子に生まれたかった。もっと可愛い女の子になりたかった。恋心の最中、笠原郁は苦悩していた。逞しさを求める自己と、乙女で居たがる純情。自身の心の在り方の狭間で揺れる郁に、特殊任務が入る。関西図書隊男子寮で「男」として、ある人物を監視する役目だった。


(7)「マドラス」堂郁(夫婦期/R18)

夏らしいベッドカバーが欲しいと言って、二人で選んだマドラスチェックのカバー。極彩色の交わりの上、横たわる郁の肌は息をのむほど白かった。宵街に見つけた金魚の風鈴。汗をかいたフロートグラス。手に触れる命の確かさと、不確かさ。十四時の夫婦の睦み合いを描く。


(8)「ライトヒア」堂上班と柴崎(堂郁恋人期)

今年で我らが堂上小牧一正が図書隊に配属されて丁度十年になるらしい。郁と手塚と柴崎は、二人に内緒でとあるサプライズを用意する。しかし決行予定日の午後、突如良化隊が図書館に攻め入ってくる。今回標的とされたのは、堂上と小牧にとっても思い入れの深い一冊だった。


(9)「円か」郁→堂(上下官期)

笠原郁はその年の冬、早朝ランニングを日課とすることにした。児童公園や河川敷、誰もいない住宅街。その姿を目にした隊員の話から堂上は郁の日課を知り、ひょんなことから共に走ることに。普段は犬猿の仲の二人が、ジョグの最中の会話と沈黙を繰り返しながら近づいていく様子を追う。


(10)「結び」堂→郁(上下官期)

我が班の山猿部下が、早朝のランニングを日課にしているらしい。郁の日課に同行することになった堂上は、郁の後ろを走り続ける。喧嘩、時々笑い声。そんなとある朝、どうしてランニングを日課にしているのか尋ねた堂上に、郁はこう答えた。「あたし、もっと強くなりたいんです」


(11)「ラストセレナーデ」堂郁(恋人期)

良化法過激派組織に笠原郁が拉致された。犯行声明と共に拘束された郁の姿が添付されたメールは特殊部隊を激震させる。部下であり恋人でもある郁を連れ去られた堂上だが、添付画像の中に郁が残したヒントを見出す。一方郁は朦朧とする意識の中、内側からの脱出を企てていた。




上記のうち少なくとも二つを形にしたいと思っております。無事に書きあがった折には、眺めてやっていただけると嬉しいです。

いつになるかはまだ未定ですが、のんびりお付き合いいただけるとありがたです。それでは本日はこれにて。




おくりつけ申し訳

giftにお話を二本追加しました。普段からお世話になっているお二方への贈り物というか送りつけやがってすみません物というかまあそんなアレですアレアレ
ACOさんへおくりつけさせていただいたものは、もう半年以上前にピクシブにて既出です…いちおうあこさんのお描きになる美しい美しいこの上ないほど美しい堂上さんと郁さんをイメージして書かせていただいた…んですが…やっぱり今読み返しても至らない…あこさんの絵の美しさに…貴様の文章はどう読んでもやはり及ばないよヤギ…!!!
あこさんごめんな!!!!そのうちまた飲もうな!!血涙
もうひとつ、こちらは昨年末にむつはるさんへおくりつけさせていただきました。やはり今改めて読み返してみたんですけど、いつも以上にもやっとした文調だな…もう少し違う作風をめざしていたはずなんですが…早朝のデ◯ーズに居座って三時間ほどかけてどうにか書き上げたのでありました…たのしかったけどやはり作風がry
むっちゃんおたおめ!いつでも!お荷物!待ってますね!!※いい笑顔




すみません…!

  皆さんこんにちはあるいはこんばんは。2015年もいつの間にかはじまっていましたね。今年もよろしくお願いします。
  で、新年早々のブログがお詫びからとか幸先悪いことこの上ないのですが、それでもお詫びから入らなきゃならんのです…
  R18部屋のパスワードの件です…わたわた色んなことに追われていてメールフォーム確認するのすっかり忘れておりました…催促のご連絡を頂いていたお方もいらっしゃって、まずは本当に、申し訳ありませんでした。本日までに頂いたご連絡には先程すべての皆様にお返事をさせていただきました。あれ私来てないぞこらヤギ!というお方がいらっしゃいましたら、再度のご連絡をいただけると有り難いです。

  ここ数ヶ月、PCの前に座る時間がほとんどとれなかったものでして、この記事も出先でこさえたものですから誤字脱字ないか正直かなり不安なんだぜ…!ああでもこれは言い訳ですね。男らしくないのでこれ以上はだまります。※貴様は雌だろうがヤギ
  これから頂くご請求へのお返事も、少し、いやだいぶ、遅くなってしまう可能性があります。そのときには改めて申請ページでお知らせさせていただきますが、場合によってはパス申請を一時的に打ち止めさせていただくかもしれません。身勝手なばかりで申し訳ありませんが、何卒よろしくお願いいたします。






よいどれ

 冷蔵庫を開けた途端郁が泣き出した。何事かと慌ててベッドを飛び降り、備えつけの小さな冷蔵庫にしがみついて泣く丸っこい後頭部へと堂上は手を伸ばす。

「何した郁」

 問いかけるのとほぼ同時に振り向いたショートヘアがキッと堂上を睨みつけた。怯む間も無く酔いどれのアルトがわめく。

「きょうかんのっ、ばかあああああ」

「は?何でだ俺なんかしたか」

「プリン!たべたぁ!あたしの!」

 プリン?堂上は眉を顰める。

「お前の分入ってるだろ、ほら、そこ」

「違うッ!これプレーン!あたしのカボチャだった!期間限定!」

 威嚇の声量が増し始めた恋人に堂上はクワバラクワバラと内心手を合わせる。チェックインする前に人気のケーキ屋で調達してきた二人分のカスタードプリンは確かに先ほど、郁の入浴中に先に頂戴したが、それぞれ種類が別のものであったことさえ堂上は気付いていなかった。

「あー悪かったよ、また買ってやるから」

「無理ですよおおおちょう人気なんだからあああああ今日は運がよかっただけなのそれなのにいいいいいい!」

「普通のじゃダメなのか」

「ちがうううううかぼちゃああああああうわああああああ」

 ああクソめんどくせぇ可愛い。堂上は郁のとなりに屈み込む。度数三パーセントの缶チューハイおよそ半分で出来上がる酔っ払い。なんとも経済的である。

「郁」

 まだ呼ばれ慣れない呼称にひくっと跳ねた肩に堂上は苦笑する。ああ畜舎ほんと可愛い。ずるい。可愛い。お前が悪い。大の男をこんなに酔わせて。次の一瞬には何を思うより先にその細い肩を引いて口付けていた。押し付けるような強引さが我ながら浅ましい。それでも止めたくなくてさらに踏み込む。乾いた唇で郁のなめらかな肉を肌を産毛をなぞる。やがてゆっくりと離れてもなお、逃げられぬよう顎を指先で持ちあげた。まだほんのりと温い湯上がりの肌。その先でほのかに開かれた唇。紅く火照っているのは今、まさに今、吸われたばかりだから。甘くてやわらかくて可愛くて愛しくて堪える間も無く二つめをしっとりと刻む。郁。合間にささやいた声に、ひうっ、と無声音の吐息が混ざる。

「俺が悪かった。何でも一つ言うこと聞く」

 今更入れた詫びはしかしやや放心状態の恋人の耳にも納得の形で届いたらしい。今度から困ったときにはこの言葉使おう。ひっそり心に誓う。

「もっかい」

 何でも一つ。ほとんど考えている間は無かった。我に返った堂上の目前、赤い頰の恋人は、ぽつり呟く。

「キス、もういっかい」

 ああもう。束の間天を仰いだ堂上はやがて正面の凶悪な天使に対峙する。

「一回でいいのか」

「うそ。いっぱい」

 心得た。肯定の代わりに堂上は改めて口付けを贈る。ぱたんと閉ざされた冷蔵庫から離れて、二人は唇から解け合う。揺れるように漂うように、ひとつきりの夜は流れる。



fin.




 *




こんにちは。またしてもご無沙汰しておりました、みおです。

上記のお話は去る11月19日・いいいくの日にアイフォンで三十分くらいでさささっと書いた小話でした。某所で公開したのですが何かと雑な文章だったためすぐに消そうと思っていたらコメントまで頂いてしまって、なんだか普通に愛着が湧いてしまったのでとりあえずこちらにも載せておこうでも短すぎるしブログなら許容範囲かなぁとかもにゃもにゃ。しばらく書けないだろうと思っていたとしょせんですが、こんな小さなお話でも書いてりゃ楽しいものですよね。最近、泣いている相手をキスで泣き止ませる的なシチュエーションが俺の中で話題になっていたのでそんな感じで書きました。これぞまさに俺得。どやぁ


先月の更新の後に、数名のお方から「サイトやめるのか」と尋ねられまして、ううんどうしたらいいのかなぁとぼんやり考えて、とりあえず残せる間は形を変えてでも残しておこうかなと思うようになりました。お声掛けくださった皆様、どうも有り難うございます。

まだ色々と未定ですが、他作品の二次創作とか、お目汚しにならない程度に一次創作とか、置ける部屋を増設できたら、残す価値も(自分の中で)多少は上がるかなって、勝手に考えております。まあ他作品二次書く予定まだ全然無いんですけどね。いや書きたいのはたくさんあるんだ…るろけんとかRDGとか…RDGなんて正に今がうってつけの季節になりつつあるので普通に書きたいですよねみゆみこみゆみこみゆみこ※思うだけならタダ

もう少し時間を大切につかえる人間になりたいなぁ。来年あたりから頑張ろうかないやしかし。

適当な管理人で申し訳ないばかりではありますが、細々と続けていけたらいいなぁと思っております。よろしくお願いしますうへへへへ。




どういくのひ

一週間の連載が本日で終了しました。ますはお読みくださった全ての皆様へ、心から感謝の意を申し上げます。どうも有り難うございました。

書いていて楽しかった、と素直に言えないお話になってしまったのは、書いている数ヶ月の間に私事で色んなことが重なってしまったからでした。でも逆に言えば、そういうつらいことや悲しいことがたくさんあったから「七つの愛」はこういうお話になったし、こういう終わり方になったのかなぁとぼんやり思っております。そういった心情を二次創作に反映させることが良いことなのかどうかはわからないけれど、少なくとも今は、このお話を書くことができたことに素直に満足しております。というか一週間続けて更新することができて、そのことに何よりほっとしております…どうしてもね、今日、完結話を更新したかったのです。だって今日堂郁の日ですよ!?みなさん!!(知っとるがな)

最近ほんとね、笑っちゃうくらい、忙しくてねwwそれこそ座る間もないくらいだったので、毎日更新とか絶対無理って思っていたのにちゃんと続けられたんだからなぁ…無理かもしれないと思ってしまうようなことでも意思次第でどうにかなるものなのかなぁ。すべての事象がそういうものであればいいのに。

えっと、色々脱線しましたが。

ピクシブの更新をお読みいただいたかたはご存知かもしれませんが、そんなわけで色々ありまして、楽しんで二次創作を書くことが出来なくなってしまいました。外から何かされたり言われたりしたというわけではありません。ただただ私のベクトルが今現在、どうしても図書戦へは向かないのです。勿論としょせんは大好きだし、もう何年も追いかけ続けてきた作品だから、思い入れももう他のどんな作品のそれにも及びませんが、それは楽しめる生活がある、という条件が第一前提としてあってのことであり、その前提が崩れてしまうと、残念なくらい、自分の二次創作が薄っぺらいものに思えてしまう。不思議なものです。

ので、しばらく二次創作をお休みすることにしました。今はささやかな隙間時間を利用して、某所でほとんど自分のためだけの一次創作をしております。このサイトもどうしようかな、と今は悩んでいるところです。せめて一年は続けたかったけれど、こうなってしまうともう存続すること自体意味がないのかも。ピクシブアカウント削除してこちらを残すこともできるけれど、どうしようかなぁ…あ、すみません今アルコール入ってましてwwちょっと饒舌が過ぎましたねwww

何はともあれ、本日は堂郁出会いの年の、堂郁の日、です!!たくさんの素敵な素敵な素敵な作品がそこここで更新される日ですね!あと数時間ですが、私もこれからネサフという名の大航海に出ます!笑

みなさまも、どうか素敵な堂郁の日を!最後までお過ごしください!

 

 

 

七つの愛

唐突に連載はじめやがってしかも早三日目ですすみませんこんばんは\(^q^)/
七つの愛  というお話です。どんなお話かをここで話すのは野暮ですので、気が向かれてた折にはさらっと眺めてやっていただけたら嬉しいです。
しかし今諸事情あって、たぶん今までの人生の中である意味一番過酷な時期を生きております…もうめちゃくちゃ必死です。なのでお話をどうにか更新するので手一杯で、結果ブログにお知らせを載せられぬまま三日目に至ってしまいました(^q^)しかも昨日更新分の二話目のリンク貼り忘れてたしね…あはっ…あはははははっ((^q^))
何はともあれ、今年も差し迫ってきた1019の日に合わせて進めていけたらと思っております。叶うことならこのお話で本を作りたかった、くらいの思い入れはある作品です。皆様の忙しない日々の、ちょっとした一息のお時間の力添えができたらいいなと思っております。よろしくお願いします。



きんきょう

元気です生きてますのんきに暮らしてます!

ひとつ前の日記におめでとうメール等をくださった皆様ありがとうございました!まさかそんなお便りをいただけるとは本当に、夢にも思っておりませんでしたので、とても嬉しかったです。お返事はえっと、手元の色んなものが落ち着いたらさせてくださいすみません…!!

というのも、来る十月に、こことピクシブで(もしかしたらピクシブだけになってしまうかもしれませんが)、ひっそりと長めのお話を更新させていただく予定でいるのです…そんでそのために用意をしていたりしていなかったりいなかったりします。笑

つまるところ間に合う気がちっともしません…!これだから本とか出せる気がしないんだよ…せっぱつまらないと何事もやる気にならない一夜漬けタイプのヤギです…!!どーん

それもね、この間、書いてたデータぶちこんでたUSBが唐突にご臨終あそばされましてね…そういうときに限ってバックアップ取り忘れてるっていう、ね…(大遅刻フラグ)

というわけで十月に間に合うかかなり微妙というか半分諦めておりますが、少しでもたのしんでもらえるお話を書きたいなーと思いながら、今も艦これのMAD漁ってますごめんなさいごめんなさいごめんなさい

 

 

 

青々と

ご無沙汰しております!

関東までは梅雨明けをしたみたいですね。こちらも大変夏らしい気温になってまいりましたよ。街中の勤め先はとてもむしむしするのですが、海辺の我が家は基本的にとても涼しいです。だけどさすがに今日は28度くらいまで上がってますね…クーラーは取り付けていないので、おもてからの海風や、せんぷう機のやわらかい風にあたってのんびりする時間が好きです。そしてアイスを食らう。今日はスーパーカップのチョコクッキーのやつ。明日はガリガリ君。備えは万全ですキリィ。

 

ここしばらく新しいお話も書かずにわたわたと過ごしておりました。

私事で恐縮ですが、今月のはじめに挙式をしたのです。つっても結婚したのもう二年近く前な。ようやっと色々環境が整ったので夏の花嫁やらせていただきました。自分が主役という場には慣れていなくてとても恐縮ではありましたがたのしかったなぁ。

まあほかにも、良いことも良くはないこともいろいろありまして、そんな中でも時間は均一に速くて、多少参ったり参らなかったりしました。なんかね、いつでもすっげえマイペースな性格なんですけど、最近どうしてもわたわたしてしまうのです。恐れ多くも現代人だから仕方がないのかなぁ。しかし、歩くのも食べるのも本を読むのも笑われるくらい遅い私が自分のペースを乱しているなどなかなかないことだよ?笑

そんな中での海開きでした。件の震災のあとからは開放される浜も減ってしまったし、来場者もがくんと少なくなってしまいましたが、なんせ私は海がすきなのでとても嬉しいです。かなづちなんで泳いだりはできないんですけど(笑)海にたくさん人がいるってだけでとても幸せなのです。

それに、海にいるとね、やっぱりぼんやりできるんですよ。時間を忘れて、スカートの裾を濡らして、砂の粒子が足元をいったりきたりするのを感じる、それだけのことに一時間以上費やすんです。笑  真正面、どこを見つめても青いだけの視界は本当に、なんというか、ああいつか生き抜いた暁にはここへ還っていきたいと思わされずにいられない。水辺が、海が、とても好きなのです。

ともあれ長くて短い夏のはじまりですね。四季はどれも好きという単純ヤギなので、季節のはじまりにはいつもどきどきうはうはします。みなさまも、お体にはくれぐれも気をつけて、夏をたのしんでくださいね。

 

はっ、久々にブログ書いたら長くなってしまった!

あとどうでもよいお話ですが改名しました。特に意味は無いです。こだわりはありませんので、みおでもりらでもヤギでもお前さんでも、好きなように呼ばわってくださいね♡

 

 

 

\(豚ω饅)人(ヤωギ)/

 

スパコミ翌日のお話。

ツイッターだのピクシブだのでもう一年近く(気が早いか?ええと九ヶ月くらい?ww)仲良く貶め合っております、豚饅ことはらさんに誘われて、おデェトをしてきました♡

はらんちはね、冷えとり女子で、靴下を何枚も重ね履きしていて、イソップ物語に出てきそうなお洋服を着てメガネをかけていたよ♡書けるし描けるしお料理上手という、知る人ぞ知るハイスペックガールなのです。図書戦クラスタさんはみなさまべっぴんさんばかりで、正直初日は自分のアレさ加減に滅びたくなりましたお(^q^)

で、道に迷いながら(笑)、辿り着いたトランザールことマルデナポリさん。初見参だったよ!

とってもきれいなお店で、テラス席にはわんこさまも入れるんですね。ちっちゃいお犬さまがいらっしゃってな、はふはふしておってな、動物好きのおれとしてはもうな////たまらないな//////

続きを読む

「そうか、俺とこいつは友達だったのか」

昨日支部に載せた郁さんと手塚のお話をこちらにも載せときました。

タイトルは、ずっとこういう言葉をタイトルにしてみたいなって思っていて、でもなかなか機会が持てずにいたラフな言葉をつかってみたよ。全体的にラフなお話だよ。ラフって言えば聞こえはいいけど早い話がアホいお話だよ。こういう感じのもっと書いてみたいですです。

某所でも少しだけ主張してきたんですが、郁さんと手塚の関係ってほんとにほんとに可愛いしかっこいいよなあと思うのであります。勿論堂郁も堂上班もプラス柴崎も大好きですけど、なんつうかこの、同じ釜の飯を食らう同期の間に流れる無言の信頼感というか、こういうのがもう。まして最初はいがみ合ってた郁さんと手塚が歳をとって、同じ景色を目にしながら成長していく中で互いにこう、認め合っていくというよりは、単純に認識していく感じというか。なんかな!大好きなんですよ同期組まじで!ちょっと誰か一緒にてしばいく語りません!?ww

というわけで同期二人のお話です。非常に楽しんで書きました。たのしいのがいちばんだよな。うん。

 

あ、サイトのデザインなんとなく変えました。

すずやかにしたかったのよ。すこしは初夏らしくなったかな?

 

 

 

スパコミいってきたお

5月3日にスパコミ参戦しました!

なんというか、会場に、というよりは東京にたどり着くまでが一番きつかったww人身事故で予定時刻より一時間半遅れてしまうという…ほんとなんの罰ゲームですか…

一般参加だったんですが、ほとんどお客さんの退けた時間帯に到着しました。今回はACOさんとごいっしょさせていただいた、というかあこさんに連れてってもらったんですが(笑)、なんというか私は本当に電車一人で乗るの危ういな!と自分でも呆れたよ…自分が駅のどこにいるのかまず説明できないっていう…人ごみ歩けばすぐはぐれそうになるし、立ち乗りすればすぐ転びそうになるし…あこさんほんとすんません…(^q^)

今回は図書戦と艦これ見れたらなぁなんて軽い気持ちで行って、とりあえず普段からオンラインで仲良くしていただいているクラスタさんのブースに行って、わあああほんものだああああと一通りどぎまぎしておりましたwwすみよしさんとまるさんに再会できたのもうれしかった!みなさん、ほんとうに素敵なお姉様ばかりで、田舎者のおれはほんとうにここにいていいんだろうかとだいぶしんぱいになったりなったりなったり…

図書戦と艦これを軽く巡って、偶然オフ友が来ていたことを知ったのでちょっとおしゃべりをしに行ったり(友達は三次元が熱いらしい)、差し入れにたべっ子どうぶつminiを配ったり(いちばんすきなおかしです)、おなかへったからパン食べてたらいろんなクラスタさんがいらっしゃってあわててご挨拶をしたり(りんごジュースものんでた)、だいぶマイペースに過ごさせていただきました。ほんとすんませんwww

 

一応一日目終了まで居座って、そのあと数名のクラスタさんのアフターに混ぜていただきました。名前挙げてもいいかな?ACOさんとてけさんと鳥居さんと皆川さんとはらさんとすみよしさんとまるさん!ずーっとみんな一緒ではなかったけどかなりの大所帯!!そして神様しか居ねえ!!!ただでさえ都会の空気に圧されてぽかーんとしていたヤギは、メンバーの豪華さでさらに始終放心気味でありましたwwだって夢みたいだったんだもの…にしてもほんと電車(というか駅)慣れしてなくてごめんね…特にあこさんと鳥居さん…副班長してくれてありがとう…

新宿紀伊國屋も通過して(向かいにビックロがあって色々腑に落ちたよ)、カラオケと飲みで二十時すぎまで遊んでもた♡ほんとにほんとにたのしかったです。しんじらんないくらい。同じくらい緊張してしまってなかなかうまく話せなかったwwwくっそー今度こそはたくさんおしゃべりしたいなー!!

 

一日目はほんとうにたくさんのかたにお会いできて、中には贈り物をくださったかたもいらっしゃって、おれなんも出してないのにほんとうにすみませんごめんなさい状態で受け取りましたwwおしゃべりしてくださったみなさま、本当にありがとうございました!また今度どこかでご挨拶ができればと思います^^

二日目は武蔵境と吉祥寺でデートをしたので、そちらのお話も次回はさせていただけたらなと思います((ヤωギ))

 

 

 

完成された青をめざして

数日前の夕暮れ時の雨があまりに綺麗だったので、「fLavor.」というタイトルの雨のお話を書きました。つか最近雨の日のお話ばっか書いてんな。「君の名を呼ぶ」も「ワールズエンドガーデン」も雨降ってるやんww
田舎住まいの私は車で通勤をしているのですが、帰り道を包む降りしきる雨と、光を孕んだ青い夕時が本当に美しかったのでした。次の日、晴れ渡った春の朝の、足元に揺れるみずたまりの波紋がまたきれいで、風が真上をとおりすぎるたびにみなもがゆれて、ふりるのように浅瀬へと広がってゆくのが、息をのむくらい美しかった。みなさんも今度ぜひ、雨の日のほのくらい藍色や、みずたまりの何気ない小波を、ちょっとだけ眺めてみてくだされ。ほんとうにきれいです。春は目にうつるすべてが瑞々しくてぴかぴかで、息をしているだけで満たされてしまう。驚くべき季節です。春まじリスペクト。

私の暮らす東北の片隅でもいよいよ桜が咲きはじめました。日当たりのよいところから少しずつ満開になっていく!のに週末になると雨が降るのはなんなのかね!!
次の土日のどちらかには、だんなどのと小さくお花見をする約束なのです。あまからいおいなりさんと、だんなどのいちおしのスパムおにぎり(おれスパムって食ったことない)をこさえて、緑色のシートをしいておはなみを!するのです!てるてるぼうずをつくらねば!!
桜をみると、宇多田ヒカルさんの「SAKURAドロップス」をききたくなります。春の音楽は淡い。この季節にききたい曲が、たくさんたくさんあります。



ブルガリア

ヨーグルトはやっぱりブルガリアだよね。

本日13:30までにパスワードのご申請をいただいたみなさまにお返事をさせていただきました。お返事が遅くてほんとすみません…!!
先日、サーバーの調子が良くなかったのか、頂いたメールを受信できなかったという事例がありました。今のところ弾かせていただいたご申請はありませんので、未だに返事こねえな…というかたがいらっしゃいましたらpixivのメッセージでも大丈夫ですのでご連絡をください。うーん、なんで受け取れなかったんだろう…他にも同じような状態のかたがいらっしゃって不愉快な思いをされていたらと思うとつらい…だったらパスなんか付けんなよっつう話なんですが最低限の努力はしたいのです。私が十八歳になるまえ、同じような対処を、たくさんの憧れのサイトマスターさんたちがしてくださっていたので。

最近、私の大好きな大好きなほんとうに大好きなかき手さんが、ご本人にとって非常に不本意な理由でブログを閉ざされてしまいました。私はそのブログに立ち寄ることをいつもとてもたのしみにしておりましたので、さびしくて無念でなりません。とはいえご本人が清々されたのなら良し。あとでメールするね!(私信)
私がこのサイトのほとんどどこにもコメント欄を設けなかったのは、やっぱりクリエイターさんに対して心があるんだか無いんだかわからん言葉を遣うそういう誰かがいることを知っているからなのです。言うのも言われるのも億劫なんですわ。口喧嘩なら負けない自信がありますが、私はそんなやり合いのために美しいと信じている日本語という言語をつかいたくないのです。つっても日本語以外の言語なんざしゃべれんがなww
ご指摘はもちろん膝を正してうかがいます。でもそういうさー、ひぼーとかちゅーしょーとかはやめようぜーお互い時間の無駄だよ。今のところ私とコンタクトをとる方法はここのDMと支部くらいのもんですが、そんなようなの来たらどっちも全削除しますね。そんな輩かまっていられるほどおれひまじゃないからさ。お話あげる場所なんざぶっちゃけどこでもいいと思っているのでここにも支部にも拘りません。でもね。明らかすぎる案値はむしろ迎え撃つからね。おれそんなのは怖くないからね。
怖いのは書けなくなることだけです。二年間ほど何も書けなかった時期がありました。知っているからそれだけが今も怖いです。
あとのことはどうでもいいんだほんと。たぶん読んでもらえなくても構わないのです。自分が書いてて楽しきゃそれでいいんです。おはなしかくのはほんとにたのしい。

おや、明るくないお話でブログ埋まってしまう…ゆかいにすごしたいよね!春だもの!
にしてもお掃除しなきゃならないなぁならないなぁと思いながらそろそろ二時間経とうとしてるよね。すっげえだらだらしてるからもう立ちたくない…はるのごごはねむたいの…あさもねむたいのぅ…



ご連絡

引き続き、年齢指定部屋へのご申請ありがとうございます。本日までにいただきましたご申請のすべてにご連絡をさせていただいたのですが、お一方だけどう頑張ってもエラーメールで戻ってきてしまうお方がいらっしゃいました。

3月19日 19時24分頃にご請求くださいました伊東さま、ご記入いただいたメールアドレスにパスワードをお送りすることができません。よろしければ再度アドレスをご確認の上メールの送付をいただければと思います。なお、ご本人様に上記が伝わり次第この記事は削除させていただきます。申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

ご感想のメールもありがたく拝読しております。一件一件にお返事をしたいのですがなかなか時間がとれなくておりますので、こちらから皆様へのお礼をさせていただきます。楽しんでいただけて嬉しいです!ご感想ありがとうございます!送ってくださったお言葉は感謝を込めて読ませていただいておりますので、よろしければ今後も時折お聞かせいただけるとありがたい、というか単純にヤギのボルテージが上がりますww

とりあえず先日ピクシブに投稿した年齢指定のあれも載せておきます。やってるだけ!ごめんな!!

 

 

 

0 コメント

はなさくーおかまでーくちぶえーふいーてこー

先日、通院のために勤めを早退させてもらったとき、

久々に少しゆっくりとおもてを歩いたので、川べりで会う約束をするだけの教官と郁さんのお話を書きました。笑

そもそも私は趣味という趣味がほとんどない人間で、

しいて挙げられる趣味が言葉遊びと散歩くらいという、なんとも刺激的じゃないやつなのですね。

それもお散歩だって、膝が悪いから、そんなに長い距離は歩けないし、

歩幅も狭い(たぶん成人女性の平均的な歩幅の半分くらいしか一歩で進んでない)ので、そんなに遠くにも行けないんですね。笑

 

続きを読む

はるのひかり

先ほど、「深邂」の三話目を更新しました。ひ、ひと月以上経っていた…すまんイクさん…

それと、年齢指定部屋へのパスワード申請のメッセージをお送りくださった皆様、ありがとうございます。

現時点(ええと、3月9日の午前10時20分です。じんどーさんブログは時間までは出ないのでいちおう)までに申請をくださったすべての方にお返事をさせていただきました。「あれっ返事来てないっすよ!?」というお方はいらっしゃいましたら、大変申し訳ないのですが今一度ご通知ください。今のところはじかせていただいた方はいらっしゃらないので、メールが届いていないか、単に私の不手際か、どちらかです。自信ないからもうあやまっておこう。ほんとうにごめんなさい。

それと、ご感想もありがとうございます。例によってここでは書きませんが、楽しんでいただけて嬉しいです。

 

三月になるとハチクロいっき読みがしたくなります!

が、今手元にないんだよなぁ…最終巻だけでも買ってこよっかなぁ…

ハチクロ読むと河川敷でおにぎりたべたくなります。たくあんがはいってるやつ。

 

 

 

あある

じゅうはちの部屋を設置しました。詳しくはtextsのページからリンクで飛んでください。giftの下にあります。

十八歳以上対象のお部屋ですが、適切なパス請求をくださったかたにはパスをお教えします。こんなこと言ったらあれですけど、おれがどんなに工夫したってネットの世界じゃ年齢だって性別だって自由自在なわけですから、年齢制限に関しては最低限の努力しかしてません。わたしまだじゅうごさいだけど、みたいなかたがいらっしゃっても私にはその判別がきっとできませんので、まあそのへんは自己責任でよろしくお願いします。ただし不快に思われても責任はとれませんですよ。今載せている年齢指定のお話はなんつうか、やってるやってないよりもこのテーマは絶対に万人受けしないというか、嫌な思いをされるかたのほうが下手をすると多いだろうなという自覚もあるので尚更です。成人済みのかたも条件は同じです。アレなテーマでごめんなさいね。

年齢制限部屋はとりあえず試験的に設置してみます。ただ私は性行為のお話を書くのも、そういうお話を置く部屋を管理するのも初めてなので、もしかしたらあまりよろしくない出来事が起こってしまうかもしれません。そういったことが起こってしまったら削除します。年齢制限部屋だけでなくこのサイト自体を消します。あんまり騒動事は得意でないのでそれがいちばんてっとり早い解決策だと思うからです。

一応上記と同じ文面をパス請求のページに貼っておきます。長くてごめんなさいね。たのしんでもらえたらなぁとは一応思っておりますので、なにとぞよろしくね。

 

私生活があわただしすぎて、そろそろ一人でパソコンの前に座っていることができなくなってきました。

ピクシブアカはほんとうに消すしかなくなるかもしれない…ロム専に移行するときには今と全然ちがう名前にしようと思ってます。なににしようかなぁ、@とかつかいたいよね。「ヤギ@肩こりが治らない」的なアレwwやってみたいwww

最近はツイッターのリプライ機能をつかって、職場の休憩時間にぼちぼちやってることが多いです。一人でおもてに出ていって、勤め先の向かいにある広い公園のベンチに座ってパン食べながらお茶を飲みながら書いています。風がなくて日差しがあればわりとあったかくすごせるよ。安っちいピクニックがだいすきです。笑

 

 

 

最高に

ねむい!!ちょうねむい!!!

オリンピック観戦症候群で寝不足ってことではなくて単純に眠くないときがないのです。でも今日は!!殊更に!!ねむい!!!

 

毎年二月から三月にかけてのこの時期って、個人的な波乱の場面に遭遇する率が高くて、そんで今年もついに来てしまいました…去年は比較的平穏無事に過ごせたというのに…なんなのにがつはやぎのこときらいなの…?少しばかりくじけそうですが今日、幼い頃の自分のアルバム(母が作っていた。七歳くらいのまでで、でっかいアルバム四冊分もある)眺めていたらなんというか、もっと幸せに生きなきゃバチがあたるなって思い知らされたので元気に過ごしていこうかとおもってはおります。愛されていたんだなぁ。ちゃんと解っていなかった。

にしても私は父にも母にもそんなに似ていなくて、なんというか母の弟である叔父に似ているんですけど(笑)、自分が大人になってからよくよく見てみると私は若い頃の母にそっくりでしたね。今まで自分が母に似ているだなんて一度も思ったことなかったというのに。笑った顔なんてそっくりだ。驚きました。

いくつになってもどれだけ心が塞いでも、とにかく両親への感謝の心だけは忘れないように生きていたいです。

 

オリンピック開催してる間にリアタイで何一つ見ないってのはさすがにさびしい気がするので今日はちょっと頑張ってジャンプ見ようかなと思ってるんですけどでも明日もご用あるんだよなー。午前二時…!

前に確か植物図鑑の「依存症」というお話で触れたんですが、私はたぶん元々夜型の人間で(夜間のほうが断然筆が進みます)、特に午前二時というあの時間が妙に好きです。開放感と閉塞感の入り交じってる感覚。最近は起きていられないけど、時折その時間帯に目が覚めることがあると無性に嬉しくて眠りたくなくなってでもすぐ寝てしまいますなww惜しいなぁwww

 

 

 

非常にいきおいのある

雪!吹雪!

湯たんぽ抱えてこんばんは。ツイッターとニコ生の呪縛からようやっと抜け出して、先ほどお話を更新しました。れいなさんへのお誕生日プレゼントとしてお贈りしたジレジレ期堂郁ですが、私は本当に!本当に!!じれじれとからっぶらぶとか書くの苦手だね!!痛感した!!何度も言うけど両片思いは大好きですよ大好物ですよなのになんなんだこの体たらくは…!!

 

普段はとしょせんに(それと最近はるろけんにも)うつつをぬかしておりますが、好きなジャンルはそこそこあって、ボカロも普通に好きで、その延長で歌ってみたも詳しくはないものの好きで、

中でもKKさんという歌い手さんが大好きで大好きでほんとうに大好きで、

そのけけさんをメンバーの一員とするクロウキャットというグループが現在!東北でのツアーを!行っていらしてだな!?

おれが住んでる県にも、おれが住んでるとこから小一時間の県外にもお立ち寄りになるというのにだな!?

どっちの日にもおれはどうしても外せない用があってだなあああああっ!?

この無念を!どう晴らしたらいいのか!どう晴らしたらいいのか!!こんな機会もしかしたらもうしばらくやってこないかもしれないじゃんね!?泣いていいか!?ないていいですか!?

とりあえずみなさま、ボカロ文化に耐性があってもなくても、機会がありましたらぜひけけさんのお歌をきいてみてください…!ほんと惚れるから!最高に素敵ですから…!

ちなみにボカロはどの子もかわいくてだいすきですが、カップリングだったらだんとつでカイメイが好きです。ガチです。カイメイ二次はもう市場にがっつり溢れてるんで自分で書いたことはないですがほんとカイメイ愛しいです。とにかくメイコがひたすらかわいいです。あの子ほんとかわいいですしにそうです。へらっとしれっと男前なカイト兄貴もまあ好きです。でもメイコすきーの兄貴でないとあんまり興味ないですwwカイメイ前提の兄貴がすきです。早い話がカイメイ大好きです。堂郁に劣らない勢いで好きですというかもしかしたら堂郁多少上回ってるかもしれない勢いで好きです大好きですすんませんそろそろ自重しますwww

つかこのブログ、いっそ堂郁語らなすぎて最早わろえないww堂郁への愛はしかしもう言葉では表せない域なのです。そうでもなきゃお話なんて書いたりしてないわ。それにしたって他ジャンルばっかですんませんwww

 

 

 

あわただしい

サイト支部ともにそれぞれお話を更新しました。

「来る未」はこの題名の他にもタイトル候補がたくさんあって、どれにするかしばらく迷いました。「街角」とか「六番線」とか「ターミナル」とか、たしかあとふたつくらいあった気がする。結局いつもどおり、きいてた曲のタイトルをお借りしました。やっぱり私は夫婦期書くの好きだね!夫婦期は一番自分らしく書ける気がします。気のせいかもですが。

あと支部に、ここにはすでに掲載していたとりーさんへの贈り物を載せときました。この、恋人期のきゅんきゅんとか上下官期のじれじれとか書くのはわりと苦手ですww好きなのになぁなんでなのかねwww

 

最近更新頻度が非常に高いですね!なんでかといいますとね!私事でたいへん恐縮なのですが先日転職先が見つかったのですね!でも今までより拘束時間が果てしなく長くなるから、そこではたらくようになったらたぶんほとんどサイトも支部も更新できなくなる気がするんですねえへえへ!!

というわけで現在がピークでこれより後は、早くも完全に倉庫じみてくるのではないかと…一人でいられる時間自体が減るのでたぶん今までみたいに書き進める時間もとれなくなるだろうからなぁ。こまったなぁ…書きたいのは色々あるのに時間と体力が追いついてこないんだお☆誰かこの脳内を完全具現化するボランティアしませんか…?いやなんでもない…

しかしながら今年は一生に一度の堂郁出会いイヤーなのだから、シケた面してないでたのしんでいきたいですね!やぎは!がんばるお!!(ヤωギ)

 

 

 

変わりゆくこと

が苦手なんだなってつくづく思った。

良いものであれ悪いものであれ変化は苦手です。

ぼんやり流れるように生きていたいしその際目に映るぜんぶを、力を抜いて受諾していきたくはあるし実際普段はそうできている気がしないでもないんだが、

時折こうして、唐突に思い知ります。変化は苦手だ。怖いし息がしづらい。

 

先日支部に、本日こちらにも、かてきょパロディの続きを掲載しました。忘れてないですよ!ただ手がのらなかっただけなんだ!

前にツイッターかどっかでも弁明というか言い訳というかをしたんですが、私自身は受験勉強というものを碌々したことがないので正直受験生ってこういう感じで合ってるんだろうか…といつも首を傾げながら書いてます。一生のうちに死ぬ気で勉強する時間があってもいいだろ、みたいなお話を各時代の担任の先生から同じようなテンションでされたけれども、とりあえず私は、死ぬ気で勉強するくらいなら死ぬ気でお話書いていたかったのでした。このまま右手が死んでも悔いはないと思えるくらい毎日書いていたかったのでした(当時はペンで書いてたからね)。授業もろくに受けていませんでした。だからできる教科と赤点どころかほぼ零点の教科にきれーいに分かれるんですよねwwそんな学生時代を、少し後悔しています。勉強、というか学習というものの意義をわかっていなかった。でもこれは社会に出てみないと何を言われても実感できることはなかったんだろうなとも思う。

心を占める少しの後悔を除くその他の感情としましては、私は間違っていなかったというその一点に尽きます。笑 他の人がそうなのかはわからんが、少なくとも私は多分これで良かったんだなと。文筆業で食っていこうだなんて一度も思ったことないのにね。それでも、誰に怒られても、「それでも今しか!十代の今この瞬間にしか書けねぇ言葉があんだよ!!」と強く信じていました。ここに未成年のかたが来てくださっているか私に知る術はありませし、偉そうに無責任な言葉を投げるつもりも勿論ありませんが、なんというか、自分が極力後悔しない選択肢を摘んでくことも処世術のひとつだと思うのです(全部を選ぶことって案外難しいものですからね)。絶対これっぽっちも後悔しない!ってのはなかなかハードだと思うので。ただ、そのとき何が一番大事かを選ぶこともひとつだと思うのです。将来 だったり そのための学習 だったり 音楽だったり 絵だったり スポーツだったり 言葉だったり まあ様々だけれど、何を選んでもきっと納得するし、後悔もする。だからせめて後悔が少なくあれる選択を。難しいけれども。

ちなみに心を占める少しの後悔並びに大きめの肯定、を除くその他の感情としましては、他の教科はともかくとしても歴史はもっと真面目に受けておくべきであった…というのが数パーセントありますよね…オリジナルで歴史のお話を書いているのですが大人になってから改めて本を手にとってもいやはや分からないよ!笑 でもまあそれもまた選択の副作用なんでしょうな。とりあえずTJ文庫買ったよね!読んでもさっぱりだけどね!www

なんだかよくわからない話をしてしまいましたね。とはいえ私もまだまだ発展途上の身ですので、さらっと流していただけると有り難いというかこんなブログなるものまで目をとおしてくださってるかたってどのくらいいらっしゃるのでしょう…長くてごめんなさい…

 

そういえば、拍手やっぱり外しました。ごめんなさい。別のサービス教えていただいたので色々試してみます。上げたり下げたりしばらく落ち着かないと思いますので、アレでしたらスルーしてやってください。

それと、ずっと放置していたスマートフォンの表示設定もなんとなくいじってみたよ…ほんと、見れればよくね?思考ですんません。

 

追記・支部にURL公開して、しまっ、た…

き、来て下さったかたいらっしゃいましたらよろしくお願いしますふふふー

 

 

 

くらっぷ

web拍手をそれぞれのお話に設置してみました。しかしFC2さんの拍手は初めて使うので、状況によってはいきなり外すかもしれません。ご了承ください。いや、ちゃんと作動してくれればずっと置いときます…ちゃんと作動してくれれば…はらはら

トップにカウンター置くかどうか迷ったんですけど、そこまでしなくてもいいかなぁとか思ったのでキリ番とかはやらない方向で。すっげえ過疎地だって自覚があるんでそうそう簡単にカウンター回らない気がするしね…

それと、以前ツイッターで連投させていただいたアナログ小話を再掲載しました。ライブ小説に見せかけただけの、実際まったくライブじゃなかった準備万端アナログ小話でしたwwいやいやライブとかもう少し度胸つかないと無理ですから!しかし画像少しぼやけますね、見づらいようであればこちらも一旦外すようにします。不都合ありましたらお知らせいただけるとありがたいです。

ここ数日、諸事情あってひたすらアナログを書いてます。昨日は五時間くらいペンを握ってました。久しぶりに手書きでけっこうな量を書いたんですが、元々手書きは好きなのでたのしかったです。まあ自分の字があまり好きじゃないので微妙な気分にもなるんですがね…パソコンで書くのも手書きするのもどっちも好きです。楽したくて大抵パソコン頼みになってしまいますがね。でも中学生の頃とか、ひたっすら大学ノートをボールペンで埋めてましたね…万年半端ないペンだこでした。それも当時は本当にお話を書きはじめたばかりなもんだから、ノートの空白さえ惜しくて基本改行がありませんでした。ページのほぼ全スペースに字がびっしりっていうwwこええわwww

あっ、もう午後も二時を回ったのか…いかん今日まだ何もしてないんだ…離脱します。笑

 

 

 

これくらーいのかーんじでー

昨日ピクシブに、間が空きまして先ほどこちらにも「マカロニ」というお話を更新しました。とある企画様への参加作品とさせていただいていたものです。きょうかんと郁さんがデートしてるだけのお話です。うちの郁さんほんとにピュアじゃなくてわろえない。

お話のもとになった「マカロニ」という曲はぱふーむちゃんの楽曲の中ではたぶん一番好きな曲なんですけど、これはただの食材としてのマカロニなのか、はたまた何か別の意味が込められているのか、そんな検証をしているサイトさんがありましてそういった推測の記事も楽しく眺めながら書かせていただいたお話でした。こういう、なんつうことない平凡すぎる、でも決して当たり前ではない日常をぼやっと書くのが好きです。いや、今更言わずとも知れたことか…こんなのばっかでしたね…

それと、数日前になりますがまたしても新しいパロディを書きはじめてしまいましたん…私の家の近くに「研究水族館」って呼ばれてる、カタいんだかゆるいんだかどっちなんだよとツっこみたくなる部類の水族館がりまして(どんなだ)、しかし研究水族館って言葉はなんか含みがあってかっけえななどと考えはじめたらこんなことに…wwwとりあえず勢いだけで一話目書いたので、正直最後まで書ききる予定がないのですが、思いがけずわりと好評だったのでできたら続けてみたいなぁと思っております。その前にかてきょだよね。とりあえず今月中にここで二話目は載せたいと思ってはいる…思ってはいるんだ…

 

ついったで散々別ジャンルを叫んでてまじすんませんwwという状態だったんですが、にしても現在私の中で久々にるろけんが熱い!熱いです!!元々好きな作品で、二年に一回くらい萌えの波が到来するという作品なんですが(笑)、今回はかつてないタイダルウェーブが来てましてついにお話をひとつ書いてしまいました…ww剣薫長いこと好きなわりに今までお話書いたことはなかったんですが…(だってござる口調とか難しいんやもん…あと単純にネタが浮かばなかったし私が書かなくても二次やってる神様のような方はたくさんいらっしゃったので…)もしも二本目が書けたらどちらもピクシブでのみ掲載、しようか…うーん…ちょっと迷ってます。別垢にしよっかなぁとも思ったんですがそれはめんどっちいなぁなどとwwある日ぽつんと二話くらい更新されてても笑わないでやってくださいね…

みんなるろけん読むべきだよ!歴史苦手なわりには幕末から明治あたりのお話好きで困ってしまいます。新撰組とかまじむねあつだよね…いや歴史興味なくてもがっつり楽しめる作品ですので!機会がありましたらぜひ!!(布教活動中)

 

 

 

ぷれぷれ

というわけでおととい無事?にプレオープンしましたーん。みなさまどうぞよろしくお願いいたします。

支部にお話あげるのやめてこっちで一本化しちゃおうかなとも考えているんですが、支部のお話削除するの億劫に思って結局中途半端に同時進行、みたいな形になるんだろうな…支部あればサイトとか要らないと思ってたんですけど、ピクシブってなんやかんや言ってもやっぱりSNSじゃないですか。おれ…こうみえてけっこう臆病者なんだ…説得力の欠片もないのは自覚してるけどでもやっぱりおっかないと思うときもあるんだ…SNS…すでに懇意のみなさまとお話してるときはとてもたのしいけれど、やっぱり全く知らない人との交流ってたのしいのと同じ分リスキーですよね。もちろんそこからはじまっていった交流があったからこそ今こうやってサイトまで作るに至ったわけではあるんですがああもう何言ってるかわかんなくなってきた。

ともあれ、息の長い場所になったらいいなぁと思ってはいるのでww平に平によろしくお願いしますー。

あと、サイト見てて見づらい部分やリンク先がおかしい部分あったら是非教えてくださいwwコメント機能はあえて外してあるんですが、メアド以外に通信できる手段があったほうが嬉しいとのお声をいただきましたので少し考えてみようかなと思います。拍手小説やるほどの気力はないし、ブログコメントつけてもあんまり意味ないしねぇ…Gmailのアドレス下げてメールフォームくらいはつけてみようかなぁ。非公開のほうが書き込みしやすいですよねきっと。ちょっとかんがえてみまふん。

あとあと!リンク繋いでくださったかたがたありがとうございます!!うれしい!!

とりあえずご連絡いただいたお二人はこちらでも繋がせていただきますねーふんふん♡

 (ついき:メルフォ置いてみましたん。よろしくですです)

 

 

 

にせんじゅうよねん

ことしもよろしくおねがいいたします。

新年早々じんどーさん調子が悪くて萎えるんだぜ…!しかしもうすっかりタグ打ちとか使い方忘れちゃったんだよなぁ。なんだかんだでここがいちばんらくなんだよなぁ。うーん。

昨年はがっつり人間をさぼったので、今年はもう少しまじめに生活してみたいです。あと引っ越ししたいです。しかしながらこのあたりは三年前の大きな自然災害の影響で人口が増えたために、賃貸住宅がめちゃくちゃ不足しています。県内の人口は減る一方だってのにねぇ。いいんだかわるいんだか、とりあえず元からここで暮らしていた人間が隅っこに追いやられるってこの状況はちょっとおかしいとおもうんだがまあ言っててもしょうがないよねー。幸いにして今住んでいるこの部屋はかなり安価なので(かぁなり狭いですがね)、まだましなほうなのかなぁとも思います。

新年早々食ってばっかいます。あとよく寝てます。三月までにはもう少し痩せたい、というか痩せなきゃなんだがなぁ。どうしよどうしよどこまで食っても眠っても満たされん…

あきらめてエンジェルビート見ます。おすすめされたんだが今んとこ面白さがよくわからないでいる。とりあえずヒロイン格の女の子はえすおーえす団の団長に似過ぎててわろた。

 

 

 

暮れですね

暮れですね。
ここ数日は本を読んだりまんがを読んだりなかなかやる気の湧きおこらない大掃除をだらだら数日かけてやったりしておりましたヤギです。掃除は先が見えなくていつも不安になるから苦手です。でも他のことも大抵そう。料理をするのも映画を見るのもお風呂に入るのも、先が見えないのが不安で苦手です。なんでなのかねぇ。
先が見えなくても不安にならないのはお話を書いてるときとおもてを散歩してるときだけです。他のことはみんな不安が先に立つから苦手です。しかし人生はそこそこ楽しんでいます。結局私は書いていられればそれでいいんだよねきっと。
最近はオリジナルばかり書いています。二次は必要なもの数本を書きましたが、やっぱりしばらく間が空くと余計に書けなくなりますね。オリジナルと二次の書き方は結構違うので久しぶりに二次を書くと戸惑います。なんというか、消えたくなります。あまりにあれで消えたくなります。
年末年始もアウさんはお仕事の日の方が多いので、久しぶりにひとりでちょっとだけ大規模なお散歩などして遊んでみようかなぁ。でもだるくて引きこもるかもしれません。さむいしね。
年始よりも年末の空気のほうが好きです。暮れていく空。枯れ野原を揺らす風。終わりの色をはらんだ目に映るもののすべて。毎年思わずにいられないのですが、田舎町の年末はとても美しいです。十六時からの空は本当に、ながめているだけで意味もなく泣いてしまいそうなくらい美しいです。みなさんにも見せてあげたいくらい。
そういえば明日か明後日、久しぶりに支部を更新する予定なのですが、忘れてしまいそうではらはらしています。年末に上げないとほぼ意味のないお話なので。忘れたら一年寝かさなきゃならないなぁ。覚えていられますように。
ここの年内の更新はこれが最後になるかな。まだどなたにもお伝えしていない場所ですがいちおう。皆様よいお年をお迎えください。

 

 

 

くりすますます

イエス様おめでとう。

にしてもじんdーさんのブログちょっとつかいづらすぎやしねぇか?移設とかめんどいのでもうこのままにしちゃいますが。

おなかへりました。アウが帰ってきません。仕事が忙しいみたいです。きのうのうちにクリスマスの会(主に食いまくる)を決行しておいてほんとうによかった。肉がうまかったです。あとキッシュ。私はさっき実家で白菜の漬け物を一丼くらい頂戴してきたというのにすでにおなかへりました。なんなんでしょうね。肥える一方ですね来年のクリスマスにはヤギの丸焼きが食卓に並んじゃういきおいですね。こまったな。

全然関係ない話ですが、ツイッターで昨日と今日に分けて小さいお話を投下しました。ライン と クオリア というお話です。拾えたらよろしくお願いします。思い出したらあとでここにも載せます。思い出したら。

昔オリジナルでクリスマスのお話を書いたことを思い出します。戦争のある世界の黒づくめのサンタさんのお話でした。せかいにさちあれ。

 

 

 

さむいですね

だーれもいない場所で、だーれにも知られずにこういう場所を作るのが好きです。

皆様こんにちは、またはこんばんは。lyreでリラでりらです。はじめましてのおかたは来てくださってありがとうございます。

しばらくぴくしぶで二次創作のお話を載せてきたのですが、色々思うところがありまして奥に引っ込むことにしました。特に深い事情があるわけではないです。単純に、私は人ごみが苦手だったなぁということを唐突に思い出しただけなのです。笑

いつまでつづくかわからない場所ですが、過去作を含めましてぼんやり更新していく予定です。ぱったりいなくなったりとかしょっちゅうですがあまり気にしないでやってください。閉鎖するときは一応事前に申告しますってまだはじめたばっかだってのにこの体たらくだよwww

とはいえまだ今は空っぽなので(とか言いながらテストがてらブログ書いてる人)、もう少ししたらお世話になっている場所にはURL貼らせていただこうかなと思ってます。来年頭くらいまでかけてのんびり準備する予定です。とはいえ私は機械がめっぽう苦手なので基本的には文章ぶっこむだけです。綺麗さとか華やかさとか皆無ですのであらかじめご了承ください。

それでは今日ももう少し工事してきます。