暮れですね

暮れですね。
ここ数日は本を読んだりまんがを読んだりなかなかやる気の湧きおこらない大掃除をだらだら数日かけてやったりしておりましたヤギです。掃除は先が見えなくていつも不安になるから苦手です。でも他のことも大抵そう。料理をするのも映画を見るのもお風呂に入るのも、先が見えないのが不安で苦手です。なんでなのかねぇ。
先が見えなくても不安にならないのはお話を書いてるときとおもてを散歩してるときだけです。他のことはみんな不安が先に立つから苦手です。しかし人生はそこそこ楽しんでいます。結局私は書いていられればそれでいいんだよねきっと。
最近はオリジナルばかり書いています。二次は必要なもの数本を書きましたが、やっぱりしばらく間が空くと余計に書けなくなりますね。オリジナルと二次の書き方は結構違うので久しぶりに二次を書くと戸惑います。なんというか、消えたくなります。あまりにあれで消えたくなります。
年末年始もアウさんはお仕事の日の方が多いので、久しぶりにひとりでちょっとだけ大規模なお散歩などして遊んでみようかなぁ。でもだるくて引きこもるかもしれません。さむいしね。
年始よりも年末の空気のほうが好きです。暮れていく空。枯れ野原を揺らす風。終わりの色をはらんだ目に映るもののすべて。毎年思わずにいられないのですが、田舎町の年末はとても美しいです。十六時からの空は本当に、ながめているだけで意味もなく泣いてしまいそうなくらい美しいです。みなさんにも見せてあげたいくらい。
そういえば明日か明後日、久しぶりに支部を更新する予定なのですが、忘れてしまいそうではらはらしています。年末に上げないとほぼ意味のないお話なので。忘れたら一年寝かさなきゃならないなぁ。覚えていられますように。
ここの年内の更新はこれが最後になるかな。まだどなたにもお伝えしていない場所ですがいちおう。皆様よいお年をお迎えください。